日産 キューブ シフトレバーが動かない時の対処、修理方法|ベテラン整備士が教える

日産 キューブのシフトレバー

キューブは、コラム式のシフトレバーになります。コラム式とは、ハンドルの後ろから伸びているタイプのことを指します。昔のタクシーなどでよく見かけましたね。
走行時にシフトを変える際、手元から近いので非常に運転しやすいのが特徴です。

このキューブのシフトレバーは運転しやすいという反面、壊れやすいという難点を持っています。故障時の症状や対処法、修理方法をご紹介します。

シフトレバーの故障の関して

故障時の症状

シフトレバーが動かない、ミッションが入らない。 発進する時にシフトがパーキング(P)からバック(R)やドライブ(D)に入らなくなる症状。ブレーキを踏んでいるのに、パーキングから動かない。そのような症状が出てしまったら故障のサインです。

もし信号待ちで青に変わった時にミッションが変わらなくなってしまったら焦ってしまいますよね。ですがその場合は落ち着いてレッカーを呼び、整備工場に入庫させましょう。

故障時の対処方法

ハンドルの裏側、シフトレバーの付け根に赤いボタンがあります。そちらがシフトロック解除ボタンです。 少しでも異変を感じたら慌てずに、この赤いボタンを押してレバーを引いて動くか確認しましょう。この操作で動いた場合はシフトレバーを動かす部品の故障が考えられます。

実際の故障の修理事例

これからお話するのは日産のキューブのシフトレバーが動かない・シフトが入らない。という症状でご入庫してきた時の事例です。シフトレバーに関する故障はキューブの定番故障の1つです。

もちろんキューブ車種以外のシフトが入りづらい、シフトロック解除しないとシフトチェンジできないといった症状での入庫もあります。

シフトロックの構造は、ブレーキペダルの後ろにスイッチが付いており、ブレーキを踏むとブレーキランプを付けるセンサーとシフトロックを解除するセンサーに信号が行くようになっています。シフトレバーの下についているシフトロック解除ボタンとブレーキペダルが、安全のため連動しているのです。 基本的にはブレーキペダルを踏まないとエンジンをかけたり、シフトをドライブ(D)やバック(R)に入れる事はできません。

シフトロックを解除するボタンの構造は簡単で、シフトレバーを固定しておく赤いバーのような物が付いていて、ブレーキペダルを踏みセンサーが働くとバーがカチッと動いてロック解除、という単純な物です。バーの先にシフトロック解除ボタンが付いているのです。このバーが左右に動き、ボタンが押したり解除されたりという動きになっています。 その本体部分を『シフトロックソレノイド』と言い、センサーの様な物が『パークスイッチ』と言います。このシフトロックソレノイドのバーの様な部品が折れてしまったりする事も多々あります。 パークスイッチの配線はとても短く、突っ張った状態で固定されている事が多いのでこの配線の断線などが故障の原因の場合もあります。

今回の事例はパークスイッチの配線の接触不良が原因のものです。 ブレーキペダルを踏んだまま配線を上下左右に動かしてみると、シフトロックソレノイドのバーの部分がたまにカチカチと動き出していました。ロックがかかったり解除されたり、配線の接触がよくなかったようです。

詳しく調べたところ、この部品は5回ほどマイナーチェンジされていました。やはり故障が多かったようですね。部品の形状も少し変更されていましたが、シフトロックソレノイドにパークスイッチが付いている状態(アッセンブリー)での部品供給でしたのでそのまま交換して修理は完了しました。

部品の場所ですが、ハンドルの下のカバーを外すとすぐに見えます。部品の固定もビス1本なのでとても簡単です が、やはり配線が短く作られているので少しだけ手間がかかりました。

まとめ

今回は、日産 キューブのシフトレバーの故障についてのお話をしました。キューブ以外でもコラムシフトの車種で絞ればよく起こるものだと思います。

少し余談ですが、たまにお年寄りや女性からの問い合わせで「エンジンがかからないのですぐに来てほしい」 「シフトがドライブ(D)に入らなくなったので走れないから来てほしい」という依頼のお電話があります。

筆者はこのように言われたとき、まず最初に「ブレーキペダルを踏んでいますか?」と聞きます。意外とブレーキペダルを踏み忘れて、エンシンがかからない、シフトが動かない、と焦ってしまう人がいるのです。体に染み込んでいる動作なので常に自然と踏んでいたのでしょう。たまに忘れても気付かないことがあるようです。このように故障と勘違いしてしまっている場合もあります。皆さんも気を付けましょう。

シフトレバーが動かない原因は、今回ご紹介したシフトロックソレノイド等の部品の故障だけではなく、オートマチックトランスミッション本体の故障やミッションオイル漏れなどが原因の場合も考えられます。
もしシフトレバーが動かない症状が出た場合は速やかに整備工場で点検してもらうことをおすすめします。


〜今までよりもクルマを高く売却できる新しい方法〜 


「90万円」高く売却に成功! K様



K様のコメント:
 
「愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。」

「改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています!」

高く売却できる『おまかせ出品』

『おまかせ出品』で、びっくりするくらいクルマが高く売れるかも!?

『おまかせ出品』の詳細はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら
CTA画像
クルマがお店より高く売れる個人間売買のマーケット『Ancar』

無料でカンタン査定!まずは試しに査定してみよう!

『Ancar』で、びっくりするくらいクルマが安く購入できるかも!?

出品中のクルマ一覧はこちら

【TGR TRADE】 レースに使う競技車両の売買も!



トヨタ(トヨタ・ガズー・レーシング)と提携し、競技用(レース)車両の個人間売買サービスプラットフォーム「TGR TRADE」を開始しました!

「自分が大切に乗ってきた車両を手放したいが、どこで売ればいいのか分からない」「レースやラリーに興味があるので、中古車で手軽に参加してみたいが、どこで買えるのか分からない」という、個人の売りたいお客様、買いたいお客様それぞれのニーズや困りごとがあります。

『TGR TRADE』はそのような双方の思いを結びつけるためのプラットフォームとなり、中古車の競技用車両が流通する市場を作ることで、モータースポーツへの参加のハードルを下げ、クルマファンの裾野拡大につなげることにお役に立ちたい、という思いから開始するサービスです。

売りたいお客様はスマホで簡単に出品ができ、かつ価値を理解してくれる人に直接引き継ぐことが出来る、買いたいお客様はレース経験者と直接のコミュニケーションをサイト内で取ることができるなど、個人間売買である特性を生かしつつ、お客様のニーズに寄り添ったサービスを展開していきます。
『TGR TRADE』の詳細はこちら

 【ショールーム撮影会】



愛車をショールームで撮影してもらえる『ショールーム撮影会』を開始しました!

愛車の撮影をしてくれて、売りたい時に、そのままサービスが利用できる画期的でスマートなサービス「ショールーム撮影会」!!

是非、興味がある人は利用してみては??

※毎週日曜日、完全予約制にて、下記のショールームにて開催されています。
〒151-0071
東京都渋谷区本町1-17-12リッツ初台ビル 1F
営業時間 10:00-19:00 (定休日:火曜・水曜)
TEL 03-6300-9141
Email apl@ancar.jp
HP https://lounge.ancar.jp

 【クルマの相談所】



クルマに特化したQ&Aサービス「クルマの相談所」β版の提供を開始しました!

本サービスは、クルマに関するあらゆる悩みや質問を投稿、回答することが可能です。

故障やメンテナンスについてわからないことはクルマの相談所で質問しましょう! 質問と回答はこちら