いまさら聞けない「テスラ」とは?今後テスラは成長していけるのか?

テスラの自動車

テスラは今後さらなるシェアを占めるメーカーになっていくかもしれません。テスラの2018年の新車販売台数は24万5240台で、過去最高を記録しました。これは前年比の2倍以上の売り上げであり、記録的な販売台数となりました。また、テスラの本拠地であるカリフォルニア州では、2019年上半期の新規登録販売台数が6番目に多いメーカーになりました。(トヨタ、ホンダ、フォード、シボレー、日産に次ぐ順位)

カリフォルニア州内の結果ではあるものの、テスラは新しいメーカーでありながらヒュンダイ、BMW、マツダといったメーカーを追い抜いています。今後はその他の国や地域でも高いシェアを上げていくことが期待されています。

高い注目度

テスラはイーロン・マスクがCEOを務めている上、革新的な商品を造り出していることにより、大きな注目を集めています。これによりブランド力がますます高まっています。2019年の11月には、近未来的なデザインの「サイバートラック」を公開して話題となりました。

テスラが乗り越えていくべき課題とは?

テスラの抱える赤字問題

テスラは新しい革新的な商品やサービスを開発するために大きなコストをかけています。2019年の第1四半期は7億200万ドル(786億円)の赤字となりました。このように、テスラは予想を超える大きな赤字を抱えてしまうことがあり、そのたびに懸念の声が上がっています。

結局、自動車の売り上げの改善などにより、2019年の第3四半期には予想に反して黒字となりました。多くの人にとって予想を大きく超えたように見えた赤字も、テスラにとっては想定内だったのかもしれません。

テスラは発展途上の革新的な企業であり、開発に大きなコストをかけなくてはならないかもしれません。革新的なサービスを造り続けていく企業であるために、利益をいかにして上げ続けていくかが重要となっていくでしょう。

グローバルな物流体制

テスラの工場

テスラはこれから世界市場でシェアを高めていくためにも、グローバルな物流体制を構築していく必要があるといえます。これまではアメリカ国内の工場を中心として生産を行ってきました。しかし、生産力の向上や輸送にかかる費用を抑えるためにも、物流計画に工夫を凝らす必要がありました。そこで、中国・上海の工場でもテスラの生産をしていくことになりました。また、中国では10%の取得税を免除されることになりました。今後は、中国の工場のケースのように、アメリカだけでなく、世界中の物流体制を整えていく必要があるでしょう。

まとめ

  • テスラは電気自動車関連商品等に特化したアメリカの自動車メーカー
  • 2003年に設立された新しい企業
  • テスラのCEOは「PayPal」の創業者でもあるイーロン・マスク
  • EVなどの電気自動車の市場は拡大しており、テスラは今後さらなるシェアを占める企業となるかもしれない

テスラは新しい企業ですが、電気自動車等に特化しており、クリーンな社会を実現しようとしています。テスラが成長していくことは地球の環境問題の観点から見ると望ましいといえます。自動車業界には歴史のあるたくさんの企業が存在しますが、今後はテスラが他の大手メーカーに環境面で良い影響を与える存在になっていくかもしれません。


 ーこれまでよりも高く売却できる方法ー

「90万円」高い売却に成功! K様



コメント:
愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。 330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。
改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています。

高く売却できる『おまかせ出品』

価格の交渉ができるかも!?

詳細&査定はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら
テスラの自動車