アメリカンマッスルな車!フォード クラウンビクトリア ポリスインターセプター

クラウンビクトリアが出たら銃撃戦の予感?!

アメリカ映画、ことに刑事モノやそれに限らず警察の関わるような作品なら、警察のカラーリングに塗られたフォード クラウンビクトリアの群れが続々登場すると「キター!」と喜ぶ方もいるのではないでしょうか? そこから始まるシーンといえばカーチェイスあり銃撃戦あり、犯人の撃った拳銃弾を弾き返して火花を散らすクラウンビクトリアのドアの陰から、反撃の発砲を行う警察官や刑事! 別な場面では、犯人のドライビングテクニックに追従しきれず、対向車やら交差点やら、果てはクラウンビクトリア同士で衝突しては廃車の山を築くなんて場面も。 日本ならそういう場面は「西部警察」で旧型セドリックやグロリアの墓場だったりしますが、アメリカ映画の場合はそこでワイルドにクラウンビクトリアがその巨体を躍らせるわけです。 まさにアメリカ映画には欠かせない存在でしたね!

元は1992年デビューのフルサイズセダン

そのクラウンビクトリアですが、元をたどれば1950年代に登場した2ドアクーペでしたが、一度断絶した後1992年に大復活! それも他のアメリカメーカーがオイルショック以降おとなしくなり、FF化して小さいセダン(アメ車としてはですが)に移行していく中、旧態依然のハシゴフレームに重たく頑丈なボディを載せたフルサイズアメリカンセダンとして登場したのでした。 頑丈で重いけどでかいので検挙した犯人を乗せるのも最適!まさにパトカーになるために生まれたような車ですね! なお、もちろんエンジンはアメリカンフルサイズセダンらしくV8。 4.6リッターの排気量はもうちょっと頑張ってほしいところですが、この際ドラッグレースをやるわけではないので我慢しましょう。

クラウンビクトリアのポリス専用車両が登場!


 ーこれまでよりも高く売却できる方法ー

「90万円」高い売却に成功! K様



コメント:
愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。 330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。
改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています。

高く売却できる『おまかせ出品』

価格の交渉ができるかも!?

詳細&査定はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら

手洗い洗車のサブスクリプションサービス「RACCOON」!



月額5,980円(税抜)で手洗い洗車を利用し放題! コイン洗車やセルフ洗車に比べて高価なプロの手洗い洗車をより気軽に利用してもらうために、サブスクとしてサービスを開始しました。

全ての人に手洗い洗車を

申し込み・予約はこちら