アメリカンマッスルな車!フォード クラウンビクトリア ポリスインターセプター

クラウンビクトリアが出たら銃撃戦の予感?!

アメリカ映画、ことに刑事モノやそれに限らず警察の関わるような作品なら、警察のカラーリングに塗られたフォード クラウンビクトリアの群れが続々登場すると「キター!」と喜ぶ方もいるのではないでしょうか? そこから始まるシーンといえばカーチェイスあり銃撃戦あり、犯人の撃った拳銃弾を弾き返して火花を散らすクラウンビクトリアのドアの陰から、反撃の発砲を行う警察官や刑事! 別な場面では、犯人のドライビングテクニックに追従しきれず、対向車やら交差点やら、果てはクラウンビクトリア同士で衝突しては廃車の山を築くなんて場面も。 日本ならそういう場面は「西部警察」で旧型セドリックやグロリアの墓場だったりしますが、アメリカ映画の場合はそこでワイルドにクラウンビクトリアがその巨体を躍らせるわけです。 まさにアメリカ映画には欠かせない存在でしたね!

元は1992年デビューのフルサイズセダン

そのクラウンビクトリアですが、元をたどれば1950年代に登場した2ドアクーペでしたが、一度断絶した後1992年に大復活! それも他のアメリカメーカーがオイルショック以降おとなしくなり、FF化して小さいセダン(アメ車としてはですが)に移行していく中、旧態依然のハシゴフレームに重たく頑丈なボディを載せたフルサイズアメリカンセダンとして登場したのでした。 頑丈で重いけどでかいので検挙した犯人を乗せるのも最適!まさにパトカーになるために生まれたような車ですね! なお、もちろんエンジンはアメリカンフルサイズセダンらしくV8。 4.6リッターの排気量はもうちょっと頑張ってほしいところですが、この際ドラッグレースをやるわけではないので我慢しましょう。

クラウンビクトリアのポリス専用車両が登場!

そのフォードビクトリアが大々的にパトカーとして採用されたのは1998年デビューの2代目。 その名も「ポリスインターセプター」という専用グレードが設けられました。 後輪駆動ですからスクリーンの中で派手にスピンするのに便利…なのは映画の話ですが、その影響か元々そうなのか、アメリカの警察はFRの大型セダンを好むそうです。 しかもクラウンビクトリアはシャシー別体ボディですから改造が容易で、重量増加に対抗したサスペンションやエンジンを強化した上で、装甲バージョンも製作可能! アメリカ映画でクラウンビクトリアのドアの陰に警察官が隠れ、そのドアに犯人がピストルだけでなくショットガンやライフルをガンガン撃ち込んできても頭を下げてれば兵器なのはそのおかげなのですね。 何しろピストルの弾はおろか、ショットガンの散弾、さらに大口径で貫徹力は強い物の、強すぎる反動や携行できる弾が少ないもので、軍用ライフル弾としては今じゃ数を減らしてる、7.62mmNATO弾すら食い止めます。 普通、7.62mmのライフルにかかればちょっとした壁や鋼板くらいは紙みたいなもんですから、まさに装甲車並の防弾を持てるわけです。 ちなみに装甲ドアのオプション価格は運転席のみ1,200ドル、助手席まで入れても2,400ドルで割引はありませんが、相棒が大事なポリスメンはきっちり助手席も交換しておきましょう。 他にも燃料タイヤに被弾・引火した場合は自動消火装置が作動するらしいですが、そのスイッチは衝撃センサーらしいので、映画「ポリスアカデミー」のように、最初にガソリンをしっかりまかれてから放火されると、爆発するまで作動しないようなのが残念。

なんと警察払い下げは日本にも輸入!

ちなみにこのポリスインターセプター仕様のクラウンビクトリア、日本の警察とは違ってお役御免となると民間に払い下げになるらしいです。 さすがに警察のカラーリングやマーキング類は外され、無線機など警察用装備も撤去はされますが、装甲ドアはそのままなこともあるとか。 もちろん輸出に関して制限があるわけでも無いそうなので、日本でもクラウンビクトリアなどアメリカンパトカーの輸入業者があり、ちゃんとアメリカ警察仕様に(日本の法に触れない範囲で)カスタマイズしてから納車してくれます。 トランプ大統領も、「日本はアメ車を何で買わないんだ!」と怒る前に、こういうアメリカ文化あふれる車なら人気が出るんじゃないかな?というのはいかがでしょう。 皆さんも「危険が危ない地域に出かける時のため?」クラウンビクトリア・ポリスインターセプターを1台いかがですか?

Ancar | Ancar(アンカー) – 中古車の個人間売買


〜今までよりもクルマを高く売却できる新しい方法〜 


「90万円」高く売却に成功! K様



K様のコメント:
 
「愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。」

「改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています!」

高く売却できる『おまかせ出品』

『おまかせ出品』で、びっくりするくらいクルマが高く売れるかも!?

『おまかせ出品』の詳細はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら
CTA画像
クルマがお店より高く売れる個人間売買のマーケット『Ancar』

無料でカンタン査定!まずは試しに査定してみよう!

『Ancar』で、びっくりするくらいクルマが安く購入できるかも!?

出品中のクルマ一覧はこちら

【TGR TRADE】 レースに使う競技車両の売買も!



トヨタ(トヨタ・ガズー・レーシング)と提携し、競技用(レース)車両の個人間売買サービスプラットフォーム「TGR TRADE」を開始しました!

「自分が大切に乗ってきた車両を手放したいが、どこで売ればいいのか分からない」「レースやラリーに興味があるので、中古車で手軽に参加してみたいが、どこで買えるのか分からない」という、個人の売りたいお客様、買いたいお客様それぞれのニーズや困りごとがあります。

『TGR TRADE』はそのような双方の思いを結びつけるためのプラットフォームとなり、中古車の競技用車両が流通する市場を作ることで、モータースポーツへの参加のハードルを下げ、クルマファンの裾野拡大につなげることにお役に立ちたい、という思いから開始するサービスです。

売りたいお客様はスマホで簡単に出品ができ、かつ価値を理解してくれる人に直接引き継ぐことが出来る、買いたいお客様はレース経験者と直接のコミュニケーションをサイト内で取ることができるなど、個人間売買である特性を生かしつつ、お客様のニーズに寄り添ったサービスを展開していきます。
『TGR TRADE』の詳細はこちら

 【ショールーム撮影会】



愛車をショールームで撮影してもらえる『ショールーム撮影会』を開始しました!

愛車の撮影をしてくれて、売りたい時に、そのままサービスが利用できる画期的でスマートなサービス「ショールーム撮影会」!!

是非、興味がある人は利用してみては??

※毎週日曜日、完全予約制にて、下記のショールームにて開催されています。
〒151-0071
東京都渋谷区本町1-17-12リッツ初台ビル 1F
営業時間 10:00-19:00 (定休日:火曜・水曜)
TEL 03-6300-9141
Email apl@ancar.jp
HP https://lounge.ancar.jp

 【クルマの相談所】



クルマに特化したQ&Aサービス「クルマの相談所」β版の提供を開始しました!

本サービスは、クルマに関するあらゆる悩みや質問を投稿、回答することが可能です。

故障やメンテナンスについてわからないことはクルマの相談所で質問しましょう! 質問と回答はこちら