強化ガラスが割れて株価暴落、テスラのサイバートラックはなぜネタにされるのか

テスラから発表されたサイバートラックは先進的すぎるデザインや発表会での強化ガラス事件など、いい意味でも悪い意味でも有名になってしまいましたが、サイバートラックはなぜネタにされているのでしょうか。車としてのスペックはとても高くエンジンを搭載している車では出せないような馬力を生み出して今まで不可能であった重さのものを運んだり牽引できる可能性を持っています。デザイン面では歴史は繰り返されると言わんばかりの角ばったデザインをしており、かつて販売されていたデロリアンの面影が見えるような気がします。今回は未来からやってきたテスラのサイバートラックについて紹介していきたいと思います。

テスラのサイバートラックとは?

テスラの発表したサイバートラックは一体どのような電気自動車なのでしょうか。細かいスペックやどのような可能性があるのか紹介していきたいと思います。

テスラ・サイバートラックのスペック

サイバートラックはテスラの販売するトラックですがスペックがとても高くトラックとは思えないような性能を持っています。More performance than a sports carという日本語でスポーツカーよりもパフォーマンスがあるというキャッチフレーズを掲げているだけあり、大きな車体から想像もできないような性能を発揮します。サイバートラックの最上位グレードである TRI MOTOR AWDは約0-97km/hの加速が2.9秒以下と言われています。このスペックはポルシェタイカンの持っている2.8秒という記録と同等の結果であり、スポーツカーと同等もしくはそれ以上の性能を持っていることがわかります。

電気自動車としての性能も高く、詳しい情報はまだテスラから発表されていません。しかし発表されている一度充電してから容量が無くなるまでに走れる距離が一番下のモデルで400kmから一番最上モデルで800kmと現在販売されている電気自動車の中でもずば抜けています。もし日本でサイバートラックを利用した場合、東京から名古屋までの間を一度の充電だけで往復してもまだ十分に走るだけの電力が余っています。バッテリー性能だけ見てもガソリン車では超えられなかった壁をようやく電気自動車が超えてきたように感じます。

テスラ・サイバートラックの未来的なデザイン

テスラ・サイバートラックのデザインは他の自動車メーカーでは企画段階で却下されそうなデザインをしています。もちろんいい意味で野心的なデザインで、まるでSF映画のブレードランナーに登場しそうなデザインをしており、かつて思い描いていた未来の車が登場してくれたと感じます。また、テスラ・サイバートラックのデザインは角ばったデザインをしており、かつて丸みを帯びた車からハコスカのような角ばったデザインの車が流行ったように歴史は繰り返すものであると感じさせられます。超硬30X冷間圧延ステンレス鋼を使用したテスラ・サイバートラックはバック・トゥ・ザ・フューチャーで有名になったデロリアンのデザインを彷彿とさせるデザインとなっています。このテスラ・サイバートラックのデザインは筆者の大好きなHaloシリーズに登場する国連宇宙軍の軍用車両であるワードホグにインスパイアされたものであり、筆者の心は鷲掴みされています。欲しい…。

サイバートラックはネットでネタの嵐

サイバートラックの発表会もある意味ネタにされていますが、時代の先を行きすぎたデザインやコラージュ画像の作りやすさからかなりいじられています。筆者ははじめ見たときPS1のゲームに出てくる車のようなデザインをしていて、なんだか合成のように感じ違和感を感じていました。あながちその感覚は間違っていないようで様々な人が写真をアップしています。そんな中からサイバートラックの少しだけ紹介していきたいと思います。


LEGOはサイバートラックを少ないパーツで再現し話題となりました。少ないパーツながらサイバートラックとわかるような加工の仕方がうまいですね。踏んだらめちゃくちゃ痛そうです。


 ーこれまでよりも高く売却できる方法ー

「90万円」高い売却に成功! K様



コメント:
愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。 330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。
改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています。

高く売却できる『おまかせ出品』

価格の交渉ができるかも!?

詳細&査定はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら

手洗い洗車のサブスクリプションサービス「RACCOON」!



2019年11月グランドオープン!

申し込み・予約はこちら