センスの良い車のCM5選!なぜホンダのCMは心を打つのか。

車の新車販売や企業の新たな取り組みを宣伝するためのCM。テレビを見ていて車のCMを見ないことはまずないと思うほど最近は多くの車メーカーがCMを流し始めました。そんな車のCMが増えていく中、なかにはCMをという枠を超えるほどの作品も出てきて、車に興味のない人でもそのCMを知っていることが多くなりました。例えばホンダのCMなどはその典型です。車についてあまり知らなくてもホンダのCMに心を打たれたという人は多いのではないでしょうか。その背景にはホンダがCMに使う曲にセンスが大きく影響していて、ONE OK ROCKやSuchmosなど非常にセンスの溢れる選曲をしています。どの時代にもその年代を代表する、印象に残るCMや大流行したCMは必ず存在してきました。最近では車のCMがその存在の一つになろうとしています。ここではそんな時代を代表するものになれるセンスの溢れる車のCMを5つ紹介します。そしてなぜホンダのCMは心を打つのかについても考えていきます。

そもそもCMをやる意義とは?

センスの良い車のCMについて語る前に、そもそもCMをやる意義とは何でしょうか?CMは映画やドラマとは違います。ただ感動するものを、面白いものを作れば良いというわけではありません。まずはCMを作る目的についてお話していきます。

企業や商品の知名度アップ

CMを作る最終的な目的は宣伝している商品を買ってもらったりサービスを利用してもらうことなのですが、度々これなんのCM?と思うようなCMを見かけることがないでしょうか。なぜそのようなCMを作るのかといいますと、CMを作るに当たって優先すべき目的が企業や商品の知名度のアップだからです。知名度をあげるということは結果的に商品の売り上げにも大きく影響してきます。例えば、あるトイレットペーパーを作る会社があるとします。会社はCMを流しているのですが、全然自社の商品の良いところや特徴を紹介せずにただ自社の会社名と何の会社なのかを叫び続けるCMです。このCMは一体何のためのCMなのかとみなさんは思うでしょう。ですが、その意味のわからなさや変なCMという印象でみなさんの記憶の中にこのトイレットペーパーの会社名は残ります。すると自分がいざトイレットペーパーを買う時になって、そういえばトイレットペーパーといえばこの会社があったなと思い出すことで、一回買って見ようかなと自社の製品に対しての購買い意欲を高めることができるのです。

多くのCMはそのために知名度をあげ、名前を知ってもらうために作られています。

センスの良い車のCM5選!

それではここからはセンスが溢れる車のCMを5つ紹介します!

Honda  負けるもんか。

https://flic.kr/p/dmv8YF

二輪バイクから始まりホンダの歴代の名車が並ぶ2013年頃に放送されていたホンダのCMですが、最初のナレーションから何か他のCMとは違うグッと引き込まれるものがあります。このナレーションの語る言葉は写真のように掲示板に掲げる広告にも文字起こしされて使われていて、その掲示板の方の広告も他の広告とは一味違う、一目みて惹きつけられるものになっています。そしてこのCMは何と言っても最後の「負けるもんか。」この一言に全ての想いが込められています。このCMはホンダの開発における企業理念を表しているのですが、何か新しいものを作るのにどれだけ失敗しても、この負けるもんかという想いを胸にまた改良する。そんな背景を考えさせられ、言ってしまえばたかがCMなのですが、見ていてもCM以上のなにか、じんとくるものがあります。また、この企業理念を表すCMはもう一つありまして「試す人になろう。」編も同じくらい、研究している人たちの熱い想いに感動させられます。

Honda  ONE OK ROCK×HondaJet 「Go, Vantage Point.」

Go, Vantage Point.「見晴らしの良い場所へ行く」というフレーズでおなじみのこのCMはおそらくこの記事を見てくださっている大半の人が知っているのではないでしょうか。それくらいこのCMは多くの人から素晴らしいと言われていますし、実際Youtubeの再生回数はCMながらなんと2000万回を超えています。ホンダはこのCMも含め複数のCMでONE OK ROCKとコラボしているのですが、そのどれもがONE OK ROCKと絶妙にマッチしていて、もちろん曲も素晴らしいのでCMであれどまた見たくなってしまいます。また、ナレーションもONE OK ROCKのボーカルのTakaさんが担当していてCMの構成も丁寧に考えられているなあと関心させられます。

Honda  VEZEL

またホンダかという感じかもしれませんがそれくらいホンダのCMは素晴らしいので仕方ありません。今度はこのVEZELのCM。VEZELの登場した当初はCMは明るい雰囲気の曲が使われていたのですが、2016年にSuchmosのSTAY TUNEが起用されその時のCMが非常に大きな反響を呼びました。筆者もそこからSuchmosというバンドを知った一人です。そこからVEZELのCMはかっこよさに磨きがかかり、ここに載せた最近のCMでもSIRUPのDo Wellという曲が使われ話題になっています。このCMの都市という雰囲気とSIRUPの曲が非常に相性良く、VEZELも当初のCMに比べ高級感やかっこよさが非常に際立って見えます。

スバル  「Your Story With」シリーズ

このスバルの映像はCMというには少々長いですが、テレビで特定の番組のCMとして放送されていました。このCMのキャッチフレーズは「Your Story With」。あなたと車、どんな物語がありますか?という語りで始まります。映像は車と一緒に歩んできた家族や友人、恋人との歴史を写しています。車と共に成長する、車は常に自分を見てきたものという風に表現するスタンスとその物語一つ一つに感動しますし、スバルの車に対する考え方もこの映像からは見て取れます。

mazda  CX-5  Be a driver

zoom zoomというナレーションで始まるマツダのCM。このzoom zoomというのは日本語で言うところの「ブーブー」という子供がよく使う車の走行音だそうで、子供の頃の感動やワクワクをマツダの車に乗ることでもう一度感じて欲しいというマツダのコンセプトです。マツダのCMや会社のコンセプト全てに共通することなのですが、マツダは車をただ移動するだけの道具として見ないということを大きく掲げています。今回紹介する2015年に放送されていたCX-5のCMではCX-5に乗っている男女二人の物語が描かれていますが、その傍には常にCX-5があります。車は道具ではなく一種のパートナーであると考えているのです。また、マツダ全てのCMの最後に入るBe a driverには人生の選択を自分の意志で道を選ぶ人になる、人生のドライバーになって欲しいという願いと、マツダが運転することが楽しいと思ってもらえる車を作るという二つの意味が込められています。ぜひ見てみてください。

なぜホンダのCMはセンスが良いと言われるのか

ここまで5つ紹介しましたが、やはりホンダのCMは素晴らしいものが多いですね。ではなぜホンダのCMはここまで多くの人にセンスが良いと言われるのでしょうか。

楽曲のセンスが差をつけている

CMにおいて映像と同じくらい欠かせないのが楽曲です。ホンダの場合その楽曲のセンスが非常に素晴らしく、ただ有名な曲を使うわけではなくあまり多くの人が知らないような楽曲でもその曲が良いとなれば平気で使います。多くのメーカーではできないことです。また、ターゲット層も車を買いやすい40代以降を意識するのではなく米津玄師など若い人にも人気があるアーティストを意識しているのかなという選曲で結果それが功を奏しています。

映像と曲のバランスも良くて他のCMに比べ曲の配分がとても大きくなっています。というか映像による音はほとんどありませんね、まるで曲のMVのようにも思えてきます。でもまたそこが良い曲なので心に響くのでしょう。

CMに使われた神曲たち

CMに音楽は欠かせないものとお話しましたが、最後に今回紹介したCMを中心に今までCMに使われてきた神曲たちを紹介したいと思います。


ここまで紹介した曲すべてホンダのCMに使われた曲。ほんとにどれも名曲ばかりです。

こちらはマツダのCMに使われた曲、マツダのCM向けに奥田民生さんが曲を作成し、その英語バージョンがCMで使われています。本家の奥田民生さんの方のMVもマツダとコラボしていて感動的なMVなのでぜひ見てみてください。


〜今までよりもクルマを高く売却できる新しい方法〜 


「90万円」高く売却に成功! K様



K様のコメント:
 
「愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。」

「改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています!」

高く売却できる『おまかせ出品』

『おまかせ出品』で、びっくりするくらいクルマが高く売れるかも!?

『おまかせ出品』の詳細はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら
CTA画像
クルマがお店より高く売れる個人間売買のマーケット『Ancar』

無料でカンタン査定!まずは試しに査定してみよう!

『Ancar』で、びっくりするくらいクルマが安く購入できるかも!?

出品中のクルマ一覧はこちら

【TGR TRADE】 レースに使う競技車両の売買も!



トヨタ(トヨタ・ガズー・レーシング)と提携し、競技用(レース)車両の個人間売買サービスプラットフォーム「TGR TRADE」を開始しました!

「自分が大切に乗ってきた車両を手放したいが、どこで売ればいいのか分からない」「レースやラリーに興味があるので、中古車で手軽に参加してみたいが、どこで買えるのか分からない」という、個人の売りたいお客様、買いたいお客様それぞれのニーズや困りごとがあります。

『TGR TRADE』はそのような双方の思いを結びつけるためのプラットフォームとなり、中古車の競技用車両が流通する市場を作ることで、モータースポーツへの参加のハードルを下げ、クルマファンの裾野拡大につなげることにお役に立ちたい、という思いから開始するサービスです。

売りたいお客様はスマホで簡単に出品ができ、かつ価値を理解してくれる人に直接引き継ぐことが出来る、買いたいお客様はレース経験者と直接のコミュニケーションをサイト内で取ることができるなど、個人間売買である特性を生かしつつ、お客様のニーズに寄り添ったサービスを展開していきます。
『TGR TRADE』の詳細はこちら

 【ショールーム撮影会】



愛車をショールームで撮影してもらえる『ショールーム撮影会』を開始しました!

愛車の撮影をしてくれて、売りたい時に、そのままサービスが利用できる画期的でスマートなサービス「ショールーム撮影会」!!

是非、興味がある人は利用してみては??

※毎週日曜日、完全予約制にて、下記のショールームにて開催されています。
〒151-0071
東京都渋谷区本町1-17-12リッツ初台ビル 1F
営業時間 10:00-19:00 (定休日:火曜・水曜)
TEL 03-6300-9141
Email apl@ancar.jp
HP https://lounge.ancar.jp

 【クルマの相談所】



クルマに特化したQ&Aサービス「クルマの相談所」β版の提供を開始しました!

本サービスは、クルマに関するあらゆる悩みや質問を投稿、回答することが可能です。

故障やメンテナンスについてわからないことはクルマの相談所で質問しましょう! 質問と回答はこちら