日本で環状交差点の数が増加中?環状交差点のメリット・デメリットとこれから

環状交差点(ラインドアバウト)

日本ではあまり見かけない環状交差点(ラウンドアバウト)ですが、ヨーロッパなどでは一般的な交差点になっています。環状交差点はまだまだ日本では少ないです。しかし、2014年に本格的に導入が開始されて以来、環状交差点の数は徐々に増加しています。環状交差点にはメリット・デメリットがあります。例えば、環状交差点の導入は「事故を減らす」、「交通をスムーズにする」などのメリットをもたらすかもしれません。しかし、日本の都市等で導入するにはデメリットが多いといわれています。

そこで今回は、環状交差点のメリット・デメリットや、日本で環状交差点をあまり見かけない理由についてお伝えしていきます。

環状交差点について

環状交差点とは?

環状交差点(ラインドアバウト)

環状交差点(ラウンドアバウト)とは、交差点の一種であり、車両の通行する部分が円形(ドーナツ)状になっている交差点のことです。

環状交差点の基本ルール

環状交差点では、基本的に以下のルールを守る必要があります。

  • ・環状交差点は右回り(時計回り)です。
  • ・環状交差点内の通行が優先されます。
  • ・環状交差点を出るときは必ず合図をしなければなりません。環状交差点から退出時は、左ウインカーを出すのを忘れないように注意が必要です。

環状交差点のメリット

事故を減らす

交差点での衝突事故

環状交差点(ラウンドアバウト)の導入により、「事故防止」が期待されます。日本の一般的な交差点では、スピードを落とさずに交差点に進入することが可能なため事故率が高いです。そのため、日本の一般的な交差点では右折事故が多いですよね。しかし、環状交差点の場合、速度を落として徐行で進入することが必要になるため、事故(特に死亡事故等の重大事故)の起きる確率が低くなります。

交通をスムーズにする

信号なしの環状交差点を導入すれば、よりスムーズに交差点を通行できるようになります。信号のある交差点では他の車や歩行者がいなくても、赤信号の場合は止まらなければいけませんよね。運転をしたことがある人であれば「運が悪くて信号に何度も引っかかってしまった」という経験があるのではないでしょうか。しかし、信号いらずの環状交差点であれば、周囲の車の状況に応じて交差点を通過できるため、よりスムーズに走行することができるようになります。

 クルマの相談所



クルマに特化したQ&Aサービス「クルマの相談所」β版の提供を開始しました!

本サービスは、クルマに関するあらゆる悩みや質問を投稿、回答することが可能です。

故障やメンテナンスについてわからないことはクルマの相談所で質問しましょう! 質問と回答はこちら

 ーこれまでよりも高く売却できる方法ー

「90万円」高い売却に成功! K様



コメント:
愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。 330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。
改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています。

高く売却できる『おまかせ出品』

価格の交渉ができるかも!?

詳細&査定はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら
環状交差点(ラインドアバウト)