第82回モーニングクルーズ | アバルトオーナーが語るアバルトの魅力とは 〜1979年までのアバルト〜

代官山 蔦屋書店では毎月第2日曜日に車オフ会「モーニングクルーズ」を開催している。月に一度、本屋の駐車場に名だたる車たちが集結するという、なんとも刺激的なイベントだ。[代官山蔦屋書店 クルマ・バイクコーナー

11月10日(日)のテーマは「1979年までのアバルト」。かなり限定的、挑戦的なテーマにも思えるが、早朝にもかかわらず多くのアバルトファンが集まった。オーナーの皆さんから自慢のアバルト車への出会いや想いを伺った。

アバルト創立70周年を記念して

 

前日11月9日(土)には「ABARTH DAYS 2019」が富士スピードウェイにて開催されたばかりだが、今年はアバルトが創立されてから70周年。今回のモーニングクルーズでは創設者カルロ・アバルト氏が亡くなった1979年までのアバルトでテーマを設定した。

モーニングクルーズはその名の通り午前7時から9時。午前6時半頃から続々と車が集まって来たが、それはテーマ車に限らない。1980年以降のアバルトはもちろん、フィアット、フェラーリ、アルファロメオといった同じイタリア車から日本車まで様々であった。

オーナーの皆さんが語るアバルトの魅力は?

当日集まった1979年までのアバルト車は9台。その中から4名のオーナーの方に自身の愛車についてお話を伺うことができた。

フィアット・アバルト 750 ザガート

最初にご紹介するのはフィアット・アバルト 750 ザガート。1956年からアバルトはフィアットをベースにレース車を作り始める。59年までザガートでボディを手掛けたが、このクーペがまさに59年式のザガート車である。

オーナーの高瀨さんはその魅力を「色々なことが一つに詰まっているところ」だという。アバルト、ザガート、サイズ感と「ダブルバブル」と称される特徴的なデザイン…レースで勝ち続けたアバルトが一躍有名になった時代を象徴する車だといえる。

こだわりはハンドルで、購入後ウッドステアリングに変えた。これにより長時間の運転をしているとしっくりくるのだとか。ちなみに「車オフ会は初めてですが、他のオーナーのメンテナンスを見られるのが良いですね」と話してくれた。

そのとなりには白の750ザガートが並んでいたが、驚くことがあった。なんとそのオーナーの後藤さんは今回のテーマ「1979年までのアバルト」を決めた張本人の一人だったのだ。

今年2019年はアバルト創業70周年でもあるが、ザガート創業100周年でもある。後藤さんはそれを記念したイタリア・ミラノで行われたオーナーズクラブのミーティングにアジアから唯一参加したそうだ。筋金入りのアバルト、ザガート好きだとわかるが、その出会いを伺った。

「購入したのは今から10年ほど前ですが、アバルトとザガートの組み合わせは大学生の頃からの憧れだったんです。ミッレミリアの写真集や復刻版ビデオを見る中で段々と好きになりました」

好きなところは高瀨さんと同じくそのデザイン。他にもダブルバブルの車はあるが750ザガートが一番似合うという。そのままが好きなため交換はしていない。オリジナルのホイールも気に入っているそうだ。

高瀨さんと後藤さんは両者とも750ザガートを「CORGY’S」(東京・練馬)にて購入し、メンテナンスを行っている。そのためお互いに以前から顔見知りの仲だった。車オフ会はそうした仲間たちが一堂に会するイベントでもあるようだ。

フィアット・アバルト 1000 ビアルベーロ

 クルマの相談所



クルマに特化したQ&Aサービス「クルマの相談所」β版の提供を開始しました!

本サービスは、クルマに関するあらゆる悩みや質問を投稿、回答することが可能です。

故障やメンテナンスについてわからないことはクルマの相談所で質問しましょう! 質問と回答はこちら

 ーこれまでよりも高く売却できる方法ー

「90万円」高い売却に成功! K様



コメント:
愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。 330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。
改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています。

高く売却できる『おまかせ出品』

価格の交渉ができるかも!?

詳細&査定はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら