あなたも恩赦の対象に?天皇陛下即位で交通違反が免除されるかも

今年、2019年は天皇陛下が御退位し新たな天皇陛下が御即位する節目の年となりました。年号も平成から令和へと変わりましたがその新たな天皇陛下の即位に合わせて「恩赦」が行われることとなりました。昭和になった時も平成になった時も行われていた恩赦ですが皆さんは恩赦についてどのくらい知っていますでしょうか。おそらく、刑を軽くしたり無くしたりするということは多くの方がご存知だと思います。では、その刑というのは交通違反などの比較的軽い罪でも適用されるのでしょうか。大きな罪を犯してしまった人はいなくてもうっかり軽い交通違反を犯して違反切符を切られてしまったという人は多くいることと思います。そこで今回は令和に行われる恩赦について交通違反にも適用されるのかをお話していきたいと思います。

そもそも恩赦はなんのために行う?

https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/c/ce/Enthronement_Ceremony.jpg

まず恩赦について、そもそもなぜ恩赦は行われるのでしょう。刑を軽くしたり無くしたりするのはなんのために行われるのかについてここでは説明していきます。

反省した犯罪者が社会に戻るのを促進するため

恩赦が行われる理由としてタイトルの通り反省した犯罪者が社会に戻るのを促進するためというものがあります。恩赦は犯罪者を世に出すものではありません。反省した者を社会へと戻すのを促進するものなのです。そのため対象者についても社会の反応や被害者のことを考慮した上で慎重に決められます。しかし、年々恩赦に対して社会のあたりが強くなってきているため、恩赦の対象者やどこまで刑を緩くするのかといういわゆる恩赦の規模は小さくなっていく傾向にあります。

もちろん反対意見も


そんな恩赦ですがこのようにもちろん反対意見も存在します。恩赦を行うことに関しては真面目に生きている人には何も恩恵がないのに刑を受けている人だけが恩恵を受けるということに納得できない人も多いようです。確かに昔、天皇陛下の権力が強かった頃は恩赦を行うことにより天皇に忠誠を誓うことで社会に貢献しやすくなったとういこともあったかもしれません。しかし、現代の天皇陛下、政府、裁判所の三権分立の時代においては恩赦は通用するのかというところは疑問に思います。

恩赦の適用範囲

今回の恩赦においてはどの範囲の人たちに適用されるのでしょうか。

被害者のいない軽微な罪

今回政府が閣議決定した内容では「恩赦は被害者のいない軽微な罪に限る。」としています。軽微な罪とは懲役になるほどの罪ではなく罰金刑のみが課される罪に限られます。また、その効果についても罰金がなくなるということはなく、罰金を払った人は国家資格などの資格を受けることができる権利を回復するという「復権」というものです。ここまで規模が縮小した背景としては社会の風当たりだけではなく、天皇陛下が譲位によって新たな天皇陛下が御即位したという事実も踏まえられているようです。

恩赦は刑事処分を受けた人のみ

 クルマの相談所



クルマに特化したQ&Aサービス「クルマの相談所」β版の提供を開始しました!

本サービスは、クルマに関するあらゆる悩みや質問を投稿、回答することが可能です。

故障やメンテナンスについてわからないことはクルマの相談所で質問しましょう! 質問と回答はこちら

 ーこれまでよりも高く売却できる方法ー

「90万円」高い売却に成功! K様



コメント:
愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。 330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。
改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています。

高く売却できる『おまかせ出品』

価格の交渉ができるかも!?

詳細&査定はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら