どのくらいの時間置けばいい?飲酒運転を避けるために知っておきたいこと

飲み会などでうっかり次の日運転する用事があることを忘れて飲み過ぎてしまい、ふとした瞬間に「あっ、明日運転しなきゃなんだった…」と思い出す。そんな経験をしたことがある方は割と多くいるのではないでしょうか。その飲み会が夜遅くまで続いていたのならば特にアルコールが体から抜けるまでにかかる時間が気になります。一体飲んでからどのくらいの時間を置けば飲酒運転にはならないのでしょうか。ここではアルコールが分解される時間や飲酒運転を避けるために気をつけるべきことについてお話していきます。

警察がアルコールを検査する飲酒検問

まずは、飲酒運転について警察がアルコールを調べる方法と法律で定められている基準について説明します。

警察が測るのは呼気中のアルコール量

夜中の道路で行われていることの多い飲酒検問ですが、その際警察が測るのは基本的に呼気中のアルコール量になります。ただ、もちろん通る人全てに呼気検査を行うわけではなく息を吐いてもらってお酒の匂いがすると警察官が判断した場合や簡単なアルコールチェッカーを用いて酒気帯び運転の恐れがある場合のみ正確なアルコール検査を行います。

皆さんも機器に向かって「はあ〜」と息を吐くシーンをテレビや実際に見たことがあると思います。警察が息を吐いてくださいと言う場合の検査は拒否することができますがアルコールチェッカーに息を吐いてくださいという場合は拒否するとそれだけで検挙されてしまいますので注意しましょう。

酒気帯び運転となる基準は?

アルコールの量により飲酒運転は軽い方が酒気帯び運転、重い方が酒酔い運転とに分かれますが、では酒気帯び運転となってしまうアルコールの量とは一体どのくらいなのでしょう。

道路交通法によりますと呼気1L中に含まれるアルコール量が0.15ml以上となると飲酒運転となり、酒気帯び運転として検挙されていまいます。これは一体飲酒量にするとどのくらいになるかと言いますと、体重が70kgの人がビール一杯でアウトとなるくらいの量です。当然、アルコールというものの耐性には体重などの個人差がありますのであくまで参考としてご覧ください。

アルコールが分解されるまでの時間

では、飲酒運転を避けるためには飲酒した後一体どのくらいの時間をあければ良いのでしょうか。

基本的に人が一時間に分解できる純アルコールの量は「自分の体重×0.1」gとされています。体重が70kgの人であればおよそ7gです。アルコール7gがビールに換算するとどれくらいの量になるのか知るには、「アルコール量÷(お酒の度数×0.8)」を計算することにより知ることができます。

実際に計算してみますと、ビールの量は度数を5%とした場合に175mlとなります。しかし、体重の量だけがアルコールの分解時間に影響してくるかというとそうでもありません。人はアルコールの分解にALDH2という酵素とALDH1という二つの酵素を使うのですが、この二つの酵素の活性によってアルコールの分解時間は変わってきます。簡単に言いますとALDH2が活性型の人はアルコールを分解しやすいです。なので一概に計算してみたらこの時間だからその通りにしようではなく、あくまで基準としてそこからは自分で判断するべきでしょう。

寝ると分解が遅くなる?

最近は飲酒検査が夜だけではなく朝にも行うことが多くなってきました。その理由は寝ればアルコールが抜けると思い、朝アルコールが体内に残ったまま車を運転し、事故を起こしてしまうというケースが非常に多くなってきているからです。おそらく、多くの人が寝たらアルコールの分解が早くなると思っていると思います。しかし、実際は寝ている時の肝臓のはたらきは起きている時の半分程度と言われています。


 ーこれまでよりも高く売却できる方法ー

「90万円」高い売却に成功! K様



コメント:
愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。 330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。
改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています。

高く売却できる『おまかせ出品』

価格の交渉ができるかも!?

詳細&査定はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら