日本での売り上げが10倍に?軍用車として誕生したジープの歴史!

ジープ

「ジープ」という自動車ブランドを知っていますか?

ほとんどの方が「Jeep」と書かれたワイルドな外見の車を見たことがあるのではないでしょうか。「ジープ」についてワイルドでかっこいいというイメージを持っている方も多いと思います。言わずと知れた有名なメーカーですが、実は軍用車両として開発されたことがはじまりでした。そんな軍用車として開発された「ジープ」がどのような歴史を歩んできたか気になりますよね。「ジープ」は日本市場で最も成果を上げているアメリカの自動車ブランドです。

今回は、自動車の人気ブランドである「ジープ」について紹介していきます。

ジープってどんなメーカー?

ジープとは?

ジープはアメリカのFCA US LLC(フィアット・クライスラー・オートモービル)傘下の自動車メーカーです。

ジープというブランド名の由来

ジープのロゴ

社名の由来についてはさまざまな説がありますが、最も有力な説はアメリカ軍の車両であった「ジェネラル・パーパス」の頭文字である「GP」を早口で発音でしたことから「ジープ」という名前になったというものです。

ジープの歴史

ジープは米軍のために作られた

軍用車両として開発されたジープ

ジープは1941年に米軍兵士のために「ウィリス・オーバーランド社」によって開発されたのがはじまりでした。初代の車両である「ウィリス・クアッド」は「アメリカン・バンダム」、「ウィリス・オーバーランド」、「フォード」の3社によって開発されました。

「ウィリス・クアッド」は第二次世界大戦で使用され、優れた耐久性と走行性能が兵士たちから高い評価を得ました。物資の運搬から戦闘まで、多様な目的に使われていたそうです。

第二次世界大戦後には「ウィリス・クアッド」の次なるモデルである「ウィリス MA」や「ウィリス MB」などが開発され、朝鮮戦争やベトナム戦争などのさまざまな戦争にも使われました。

民間にも使われるように

「ジープ」という名称は第二次世界大戦後に「ウィリス・オーバーランド」によって商標登録されました。軍用車両として開発されましたが、大戦後をきっかけにレクリエーション用やプライベート用などにも使われるようになっていきました。

1960年代には乗用車のような外見の「ジープ・ワゴニア」が誕生します。軍用車両としてはじまった「ジープ」でしたが、このころから民間向けに快適性や利便性を備えた乗用車の「ジープ」が作り出されるようになりました。また、この「ジープ・ワゴニア」がクルマの人気ジャンルであるSUVの元祖だといわれています。「初代ジープ・ワゴニア」の販売以来、「ジープ」は一般の方にも利用される人気の自働車ブランドとなりました。

三菱が日本でジープを販売

戦後には日本にもジープが登場しました。三菱がライセンスを取得し、ノックダウン生産(部品を輸入し、現地で組み立て・販売)によって三菱・ジープが販売されるようになりました。


 ーこれまでよりも高く売却できる方法ー

「90万円」高い売却に成功! K様



コメント:
愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。 330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。
改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています。

高く売却できる『おまかせ出品』

価格の交渉ができるかも!?

詳細&査定はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら

手洗い洗車のサブスクリプションサービス「RACCOON」!



2019年11月グランドオープン!

申し込み・予約はこちら
ジープ