いすゞ自動車は日本最古の自動車メーカーだった!その歴史に迫る

いすゞ・117クーペは流麗なデザインの2ドアクーペです。その完成度の高さから1970年代を代表する車の一つとして数えられており、長期にわたり生産されいすゞのフラッグシップを務めました。日本で初めて電子制御燃料噴射装置を搭載しているなどの特性を持っている車で4人乗りクーペとしてのカテゴリを確立した車です。またいすゞ・117クーペは発売以降10年の間廃車が一台も出なかったという記録を持っています。当時のいすゞは経営状況が良くなく設備投資ができませんでした。また、小規模生産体制で手作業の工程が数多くあり、いすゞ・117クーペの月生産台数が予想よりも少なく価格が高価になってしまいました。いすゞ・117クーペは現在でも旧車業界では人気の高い車です。

いすゞ・ピアッツァ

https://www.isuzu.co.jp/company/aboutus/history.html

いすゞ・ピアッツァは1981年に生産終了となった117クーペの後継モデルです。デザインはイタリアのデザイナーであるジョルジェット・ジウジアーロによってデザインカーのアッソ・デ・フィオーリが考案されました。その考案されたデザインを元にリファインなど手を加え商品化されたのがいすゞ・ピアッツァです。市販化を前提にデザインされた自動車でしたが、生産に至るまでにさまざまな変更が行われ、オリジナルのイメージを保ったまま販売されたので当時は驚かれました。2代目のモデルも開発販売されましたが僅か91年から93年という短い期間で、いすゞの乗用車自主生産撤退によりいすゞ最後の乗用車となりました。

いすゞの魅力ってどんなところ?

いすゞは世界を代表する自動車メーカーですがなぜここまで世界的に人気のある自動車メーカーに成長してきたのでしょうか。ディーゼルエンジンの技術力や開発力に優れているいすゞですが、その人気の裏には何か魅力があるからこそ支持されているのかもしれません。

高性能なディーゼルエンジン

https://www.isuzu.co.jp/company/aboutus/history.html

ディーゼルエンジンは燃費性能が良くCO₂の排出量が少ないために地球温暖化防止に貢献するエンジンです。いすゞのエンジンは小排気量で高過給化を目指し、排気量あたりの最大トルクを高めることを実現しています。また軽量化にも成功しており燃費や総重量にも貢献しています。

トラックなどの商業車の精度の高さ

いすゞの販売する自動車に搭載されているディーゼルエンジンは高性能で振動も少なく高い評価を得ていますがそれだけではありません。いすゞの販売するトラックなどの商業車は他の商業車メーカーと比べて安価である点が評価されています。いすゞの販売する製品の信頼性の高さと購入する際の初期費用の低さが高い評価を得ています。


 ーこれまでよりも高く売却できる方法ー

「90万円」高い売却に成功! K様



コメント:
愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。 330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。
改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています。

高く売却できる『おまかせ出品』

価格の交渉ができるかも!?

詳細&査定はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら

手洗い洗車のサブスクリプションサービス「RACCOON」!



2019年11月グランドオープン!

申し込み・予約はこちら