クラシックな初代【三菱 デボネア】歴史と中古車価格について

三菱デボネアをご存知ですか?1964年から1999年まで製造・販売していた初代モデルは、22年間も同じ姿で生産され続けたことから「走るシーラカンス」とまで呼ばれていました。今回は三菱デボネアの歴史とともに中古車価格等をまとめて紹介します。


「三菱 デボネアの特徴」

三菱 デボネアの特徴①

1964年に登場した三菱 デボネアは、顧客の奪い合いが激化していた高級乗用車の部門に参戦していった車です。当時はTOYOTAのクラウンが絶対的な人気を誇り、次いで日産の高級乗用車などが存在しました。三菱自動車のフラッグシップカーということもあり、重役を乗せるための公用車などに多く使われていました。初代のモデルは高級車といえばフェンダーミラーが常識の時代だったので、ドアミラーではなく、フェンダーミラー仕様になっています。

三菱 デボネアの特徴②

初代のモデルの外観は50年以上が経過した今見てみるとレトロで、どこか懐かしさを感じるデザインです。ヴィンテージカーファン、クラシックカーファンの間では、この初代のモデルの人気が高く、程度が良いものだと非常に高価で取引されています。2代目のデザインは当時売れていたクラウンのような雰囲気があり、角ばったスタイルに四角いヘッドライト、四角いテールランプという王道のセダンスタイルです。この2代目のモデルからは中古車でも人気が落ち込み、残念ながら不人気という扱いを受けます。3代目も同様のことが言えて、販売期間中はデザインが時代遅れといわれ、中古車となった今でも中途半端なデザインのせいで人気は低いです。

三菱 デボネアの特徴③

三菱 デボネアは高級車であり、三菱自動車のフラッグシップカーということもあってか、当時としては最高級の装備を搭載しています。今では主流ですが、当時としてはまだ珍しいレーダーカメラと、エンジンブレーキによる車間距離自動制御システムや、GPSとセンサーによるカーナビゲーションシステム、バックカメラなど、装備はかなり充実しています。インテリアデザインはオシャレとは言い難いですが、落ち着きのある応接間のような雰囲気になっています。

「三菱 デボネアの歴代モデル」

三菱 デボネアの歴代モデル①

デボネアは細かいマイナーチェンジを除くと、3世代に分かれている車です。初代のモデルはA30型、A31型、A32型、A33型と呼ばれていて、中古車で人気があるモデルです。ローダウンをしたり、メッキパーツを使うことでクラシック感が高まり、カッコいいです。今はなかなか程度が良い初代デボネアは見つからないので、非常に貴重な車になっています。

三菱 デボネアの歴代モデル②

2代目、3代目は販売当時はクラウンなどの絶対王者の陰に隠れてしまい、中古車になった今では中途半端なデザインのせいで人気がないです。あまり良いところが見つからないのですが、希少車という意味では一定のファンは存在しています。

「中古車価格について」

三菱 デボネアの歴代モデル①

初代デボネアは希少車で台数も少ないので、中古車価格の相場を導き出すが非常に難しいです。程度が良くないものは現状販売で、保証なしというものが多く、価格も数十万程度です。しかし、保管状態が良かったり、前のオーナーがしっかりとメンテナンスをしていたものは100万を超えてしまいます。場合によっては価格は相談という形を取っているショップも多いです。状態が良く、なおかつカスタマイズにお金を掛けている初代デボネアは200万以上するものも珍しくないです。

三菱 デボネアの歴代モデル②

2代目と3代目は人気が高い初代とは正反対で、中古車価格はかなり安いです。10万円台から~50万円台のものがほとんどで、それでもあまり売れていないというのが現状です。高級車なので、装備は充実しているのですが、カーナビなどは古くて使い物になりません。結局社外のカーナビを購入することになるので、お得感がないです。

「初代のモデルがおすすめ!」

おすすめモデルの燃費

購入するなら断然初代のモデルでしょう。自分好みのデボネアを見つけ出すのはかなり大変で、中古車ショップでは見つからないことも多いです。そういったときに利用するのが個人売買です。この手の車は愛着があって大事にしている人がほとんどなので、大事に乗ってくれる人にしか売りたくないという人も多いです。なので、個人売買は程度の良い車両に出会える確率が高いです。デボネアは今の車にはないレトロな雰囲気や、昔の車にしか出せない個性が素晴らしいと思います。気になる人が多い燃費ですが、大体リッター5~6くらいです。今の車と比較すると、かなり燃費は悪いです。

おすすめモデルの維持費

維持費は車が古い分、余計な出費が掛かります。部品はすぐには手に入らないですし、エンジンの作りも今ほど完成度が高くありません。多少の故障、トラブルは自分で解決できる知識と技術を身につけておく必要があります。

「初代のモデルについていてほしいオプション3選」

オススメオプション①

時代を感じますが、やはり高級車らしいフェンダーミラーです。当時のままの状態で残っているとなお良いと思います。フェンダーミラーは、ドアミラーに慣れた人からすると運転しにくいというイメージを持たれがちですが、実はそんなことはありません。顔の向きを変えずに安全確認ができる優れものです。

オススメオプション②

ベンチシート、コラムシフトです。これも時代を感じますが、当時の車を運転しているという気分に浸ることが出来るので嬉しい機能です。リアのシートは非常に座り心地がよく、長時間座っていてもストレスを感じません。

オススメオプション③

当時のままのホイールが付いていると嬉しいです。社外のメッキホイールや、アルミホイールでもカッコいいのですが、ノーマル車の雰囲気を味わいたい場合は、やはり純正のホイールを装着していて欲しいです。

「まとめ」

三菱 デボネアは、TOYOTAのクラウンの影で生産され続けてきた目立たない存在の高級車です。初代のモデルは、独特なクラシックな雰囲気が受けて、中古車になって人気が出ましたが、販売期間中は人気者になることは出来ませんでした。この物悲しさがデボネアの特徴の一つでもあると思います。万人受けはしなくても良い。分かる人に分かってもらえれば良いという控えめな姿勢が、デボネアファンの心を掴んで離さない要因の一つかもしれません。


〜今までよりもクルマを高く売却できる新しい方法〜 


「90万円」高く売却に成功! K様



K様のコメント:
 
「愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。」

「改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています!」

高く売却できる『おまかせ出品』

『おまかせ出品』で、びっくりするくらいクルマが高く売れるかも!?

『おまかせ出品』の詳細はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら
CTA画像
クルマがお店より高く売れる個人間売買のマーケット『Ancar』

無料でカンタン査定!まずは試しに査定してみよう!

『Ancar』で、びっくりするくらいクルマが安く購入できるかも!?

出品中のクルマ一覧はこちら

【TGR TRADE】 レースに使う競技車両の売買も!



トヨタ(トヨタ・ガズー・レーシング)と提携し、競技用(レース)車両の個人間売買サービスプラットフォーム「TGR TRADE」を開始しました!

「自分が大切に乗ってきた車両を手放したいが、どこで売ればいいのか分からない」「レースやラリーに興味があるので、中古車で手軽に参加してみたいが、どこで買えるのか分からない」という、個人の売りたいお客様、買いたいお客様それぞれのニーズや困りごとがあります。

『TGR TRADE』はそのような双方の思いを結びつけるためのプラットフォームとなり、中古車の競技用車両が流通する市場を作ることで、モータースポーツへの参加のハードルを下げ、クルマファンの裾野拡大につなげることにお役に立ちたい、という思いから開始するサービスです。

売りたいお客様はスマホで簡単に出品ができ、かつ価値を理解してくれる人に直接引き継ぐことが出来る、買いたいお客様はレース経験者と直接のコミュニケーションをサイト内で取ることができるなど、個人間売買である特性を生かしつつ、お客様のニーズに寄り添ったサービスを展開していきます。
『TGR TRADE』の詳細はこちら

 【ショールーム撮影会】



愛車をショールームで撮影してもらえる『ショールーム撮影会』を開始しました!

愛車の撮影をしてくれて、売りたい時に、そのままサービスが利用できる画期的でスマートなサービス「ショールーム撮影会」!!

是非、興味がある人は利用してみては??

※毎週日曜日、完全予約制にて、下記のショールームにて開催されています。
〒151-0071
東京都渋谷区本町1-17-12リッツ初台ビル 1F
営業時間 10:00-19:00 (定休日:火曜・水曜)
TEL 03-6300-9141
Email apl@ancar.jp
HP https://lounge.ancar.jp

 【クルマの相談所】



クルマに特化したQ&Aサービス「クルマの相談所」β版の提供を開始しました!

本サービスは、クルマに関するあらゆる悩みや質問を投稿、回答することが可能です。

故障やメンテナンスについてわからないことはクルマの相談所で質問しましょう! 質問と回答はこちら