クラシックな初代【三菱 デボネア】歴史と中古車価格について

三菱デボネアをご存知ですか?1964年から1999年まで製造・販売していた初代モデルは、22年間も同じ姿で生産され続けたことから「走るシーラカンス」とまで呼ばれていました。今回は三菱デボネアの歴史とともに中古車価格等をまとめて紹介します。


「三菱 デボネアの特徴」

三菱 デボネアの特徴①

1964年に登場した三菱 デボネアは、顧客の奪い合いが激化していた高級乗用車の部門に参戦していった車です。当時はTOYOTAのクラウンが絶対的な人気を誇り、次いで日産の高級乗用車などが存在しました。三菱自動車のフラッグシップカーということもあり、重役を乗せるための公用車などに多く使われていました。初代のモデルは高級車といえばフェンダーミラーが常識の時代だったので、ドアミラーではなく、フェンダーミラー仕様になっています。

三菱 デボネアの特徴②

初代のモデルの外観は50年以上が経過した今見てみるとレトロで、どこか懐かしさを感じるデザインです。ヴィンテージカーファン、クラシックカーファンの間では、この初代のモデルの人気が高く、程度が良いものだと非常に高価で取引されています。2代目のデザインは当時売れていたクラウンのような雰囲気があり、角ばったスタイルに四角いヘッドライト、四角いテールランプという王道のセダンスタイルです。この2代目のモデルからは中古車でも人気が落ち込み、残念ながら不人気という扱いを受けます。3代目も同様のことが言えて、販売期間中はデザインが時代遅れといわれ、中古車となった今でも中途半端なデザインのせいで人気は低いです。

三菱 デボネアの特徴③

三菱 デボネアは高級車であり、三菱自動車のフラッグシップカーということもあってか、当時としては最高級の装備を搭載しています。今では主流ですが、当時としてはまだ珍しいレーダーカメラと、エンジンブレーキによる車間距離自動制御システムや、GPSとセンサーによるカーナビゲーションシステム、バックカメラなど、装備はかなり充実しています。インテリアデザインはオシャレとは言い難いですが、落ち着きのある応接間のような雰囲気になっています。

「三菱 デボネアの歴代モデル」

三菱 デボネアの歴代モデル①


 ーこれまでよりも高く売却できる方法ー

「90万円」高い売却に成功! K様



コメント:
愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。 330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。
改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています。

高く売却できる『おまかせ出品』

価格の交渉ができるかも!?

詳細&査定はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら

手洗い洗車のサブスクリプションサービス「RACCOON」!



月額5,980円(税抜)で手洗い洗車を利用し放題! コイン洗車やセルフ洗車に比べて高価なプロの手洗い洗車をより気軽に利用してもらうために、サブスクとしてサービスを開始しました。

全ての人に手洗い洗車を

申し込み・予約はこちら