ポルシェオーナーになる満足感!プライスレス!!ポルシェ911の系譜を継ぐ正統なる後継者「ポルシェ997ターボ」

ポルシェの中でも垂涎の1台がAncarに登場!

997 ターボ ポルシェ 2010年式 Pinusさんの車両の査定結果 | Ancar[アンカー]www.ancar.jp

誰もが憧れるポルシェ。

かの松任谷正隆氏(車好き、それが高じて今や自動車評論家としても有名な方です)も「カーグラフィックTVでポルシェ愛を語っていたのをみた記憶があります。

そこで、改めて松任谷正隆氏の車歴を調べてみると、ポルシェ911シリーズの何台かを乗り継がれていたようです。

こうした厳しい目を持つ人間でさえも魅了してしまうのがポルシェというクルマなのでしょう。

そんな不動の人気を誇るポルシェですが、スポーツカーメーカーとして栄光に彩られたポルシェもやはり他のメーカーと変わらず惑う時期があり、自らの絶対的なアイデンティティーとも言える「丸目&フラット6」と距離を取っていた時期もありました。

しかしファンの要請も強かったのでしょう。

懐古主義的な後ろ向きな動機ではなく、911シリーズをポルシェの主力商品として維持し続ける明確な意思をポルシェ社には感じます。

本当に最新が最善なのか?

先日のジュネーブモーターショーで公開された「718ボクスター」

「ポルシェ、お前もか?」との感じも否めない4気筒ダウンサイジングターボ搭載。

ポルシェの最新テクノロジーにケチを付けるつもりは毛頭ありませんが、カージャーナリズム界でも賛否が分かれているようです。

個人的に感じるポルシェらしさとか好みの問題なのかもしれませんが、やはりポルシェ然としたあの丸目への憧憬と個性豊かなフラット6に対するこだわりを持ち続ける人も多いようです。

ポルシェ社自身もそんなファン心理を知ってか知らずか、新型ボクスターと時を同じくして限定モデル「911R」も発表しています。

車両価格は現在のポルシェ911モデルでは過去最高額となる2,629万円(消費税込み)とのことです。

ポルシェ997というクルマ

ポルシェ、正式にはポルシェ911 タイプ997。


 ーこれまでよりも高く売却できる方法ー

「90万円」高い売却に成功! K様



コメント:
愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。 330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。
改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています。

高く売却できる『おまかせ出品』

価格の交渉ができるかも!?

詳細&査定はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら

手洗い洗車のサブスクリプションサービス「RACCOON」!



月額5,980円(税抜)で手洗い洗車を利用し放題! コイン洗車やセルフ洗車に比べて高価なプロの手洗い洗車をより気軽に利用してもらうために、サブスクとしてサービスを開始しました。

全ての人に手洗い洗車を

申し込み・予約はこちら