居住空間と安全性を重視したホンダ フリードは中古でも人気

ホンダフリードはコンパクトミニバンでありながらも広々とした空間を備え様々なユーザーから人気を得ています。中古車って実際どうなの?とお悩みの人のために、今回はホンダフリードの中古車情報をまとめましたのでご紹介します。


ホンダ フリードの特徴

ホンダ フリードの特徴①

ホンダ フリードは、ミニバンスタイルの小型車です。 このモデルの最も特徴的なことは、高い居住性と機能性を優先したことにあります。レイアウトの変更や全長を50mm拡大することでより低床化を実現しており、居住性アップに貢献しています。 具体的には、上位モデルであるステップワゴンに匹敵する2列シートスライドを120mmも拡大、1列目と3列目のヒップポイントの距離も90mm拡大することで足を伸ばして座りやすくなり、家族世帯が余裕を持って座れるようになりました。

ホンダ フリードの特徴②

ハイブリッドモデルも登場しているため、数あるミニバンの中でもトップレベルの極めて高い燃費効率を実現しており、平成32年度燃費基準+50%・+40%であるため、ランニングコストが安くお財布にも優しいモデルとなっています。またガソリン車モデルにおいても同燃費基準を達成しています。 さらに全タイプの平成17年度排出ガス基準75%低減レベルをクリアしており、環境にも優しいミニバンです。

ホンダ フリードの特徴③

先進の安全運転支援システム・ホンダセンシングを搭載しています。 前方車や対向車、歩行者を自動的に感知して衝突を避ける衝突軽減ブレーキ、前方車と車間距離を自動的に維持するアダプティブクルーズコントロール機能があります。 ホンダセンシングは、どこまで事故を未然に防げるかを試験する予防安全性能評価において、2016年度に最高ランクのASV++を達成しており、ブレーキやステアリングの制御技術により、事故回避を支援するとともに快適な運転をサポートしてくれます。

ホンダ フリードの歴代モデル

ホンダ フリードの歴代モデル①

ホンダ フリードの初代モデルが発表された2008年、ショーン・レノンを採用した「This is サイコーに ちょうどいい Honda!」のCMが有名でした。 落ち着きのあるボディデザインを採用したシンプルで機能性を持つミニバンとして誕生した頃から、ファミリー世帯の人気を獲得しており、街乗りからロングドライブ、アウトドアなどあらゆるシーンをそつなくこなす機能性と扱いやすさが人気を呼び、一躍人気ミニバンの仲間入りを果たしました。

ホンダ フリードの歴代モデル②

2016年9月16日から2代目モデルが発売されました。フロントグリルとヘッドライトに一体感を感じさせるデザインを採用することで、落ち着きあるデザインにずっしりとした重厚感も感じられるようになりました。 ホンダセンシングによる安全性の強化、居住空間の拡張による快適性の向上、特徴的なフロントウィンドウを採用することで見上げ角を拡大しており、ドライビングポジションのままに信号確認できます。

中古車価格

ホンダ フリードの歴代モデル①

ホンダ フリード初代モデルの中古車は、価格が最も安くなっています。中古車市場の相場としては、20万円~200万円台が多くなっていて、ベースグレードで走行距離も多くなると50万円前後でも購入できます。 初代モデルでもエアウェイブやスカイルーフをオプション装備した上位グレードであるFLEXエアロになると、150万円台から200万円台と高めになっていますが、2代目ホンダフリードの普及に伴って価格も下がると考えられます。

ホンダ フリードの歴代モデル②

2016年から発売された二代目も中古市場で見かけることが増えました。価格帯も170万円~240万円台になっており、状態が良く走行距離も少ないことなどから価格帯も初代の平均相場を大きく上回っていて、希少性が薄れるまで高値で安定すると思われます。 また中古市場においても燃費効率の良いハイブリッドモデルも人気があり、購入するさいには新車よりも安く手に入れられますし、買取査定でもお得な傾向です。

フリード G・ホンダ センシングFFモデルがおすすめ!

ホンダ フリードには、ハイブリッドモデルがありますが、シーンに応じた走破性、操作性、加速時のスムーズさなどを考慮するとガソリン車のフリード G・ホンダ センシングモデルがおすすめです。 このモデルには、6人乗りのFF、7人乗りのFF、6人乗り4WDの各モデルがありますが、いずれもエコカー減税対象者となっており、自動車取得税や重量税において有利になります。

フリード G・ホンダ センシングFFモデルの燃費

気になる燃費ですが、1Lあたり19.0kmになっており、ハイブリッドでなくても高い燃費性能を備えています。またフリードG・ホンダ センシングFFの燃料タンクは36Lになっており、単純計算すると最長航続距離が684kmです。これは東京から大阪まで楽に移動できる距離なので、遠方までのロングドライブやアウトドアにおいても利便性が高いです。

フリード G・ホンダ センシングFFモデルの維持費

年単位でかかる費用

・自動車税:3万4500円

・車検代:3万円~9万1880円 車検チェーンであれば安く車検できますが、ディラー車検だと価格も高くなる傾向があります。 毎月かかる費用 ・ガソリン代、軽油代は毎月4950円(年間5万9400円)、レギュラー代は毎月5400円(年間6万4800円)、ハイオク代金5850円(7万200円)

・駐車場代:1万円 ・任意保険代は、年間5万1120円~5万5860円

フリード G・ホンダ センシングFFモデルに付いていて欲しいオプション

オススメオプション①

オススメオプションの一つが、プラズマクラスター搭載LEDループ照明です。天井部分に据え付けるためじゃまになりませんし、花粉や室内の臭いを吸収してくれます。さらに照明付きなので車内で物を探すときにも便利、価格帯も1万9116円(税込み)と手頃です。 離れた場所からエンジンを始動させ、エアコンやヒーターで車内を暖めることのできるリモコンエンジンスターターもおすすめします。価格帯も3万240円と手頃ですし、寒い冬でも乗車党同時に快適なドライブを楽しめます。

オススメオプション②

プレミアムインターナビもおすすめです。9.0インチW-VGAの大型液晶ナビゲーションによる駐車場探しや最短ルート、渋滞情報などのチェックできるので、ロングドライブに欠かせません。またワンセグ、ミュージックなどのエンターテイメントも楽しめます。オプション装備価格が21万6000円ですが純正モデルなので統一感ある社内に仕上がります。この他にも11インチリアモニター、ハイグレードスピーカーシステム、ドライブレコーダーなど魅力的なオプションがあります。

まとめ

ホンダ フリードは、デザインよりも機能性や快適性を重視するオーナーに選ばれていることから、2代目モデルはより広い居住空間と快適性能を加えたミニバンに仕上げています。上位グレードには安全・運転支援機能であるホンダセンシング機能を備えているので、家族の安全を守りたい方や楽しいロングドライブしたい方におすすめです。 中古車市場においても高く評価されているので、買取査定でも有利になる傾向の高いミニバンです。

車の乗り換えを検討中の方必見!



楽に早くは当たり前。

Ancarのおまかせ出品ならどこよりも高く。

クルマをAncarのガレージに預けて、買取保証金(買取店と同水準以上)と高く売れた分の金額を受け取るだけの新たな出品方法です。

出品のための面倒な撮影や相手とのやり取りはAncarにおまかせできます。

「Ancar」があるからこそ価値が付く仕組み

私たちはAncarと言う、個人間の「売る」と「買う」のマッチングサービスを提供しております。 買い取りのみで利益を出す必要がないため、どこよりも高く売ることができます。

おまかせ出品を使えば「必ず高く売れる成功体験」ができます。

実際にご利用頂いたお客様の声

「60万円も高く売れた成功体験」K.T様



K.T様のコメント:憧れの車への乗り換えを検討し、車を査定。しかし査定額は170万円。 乗り換えを諦めていた時Ancarのおまかせ出品を知りました。

おまかせ出品を使った結果230万円で売却、最初の査定より60万円も高く売く売ることができました。今では憧れだった車に乗り換え最高のカーライフを送っています。 「高く売って乗り換える」。新しい車所有のカタチを体感できるサービスでした。

まず簡単査定!

お問い合わせいただいた内容を元に、スタッフが査定させて頂きます。ぜひお気軽にお問い合わせ下さい! 買い取り価格を知りたい方はこちら!

サービス詳細や、お問い合わせ後の詳しい流れについてはこちらをご参照下さい。

手洗い洗車のサブスクリプションサービス事前登録受付中!



通うことで愛車を常に綺麗に保つ

愛車への悩みを解決する手洗い洗車のサブスクが始まります!



事前登録、詳しい内容はこちら↓

洗車サブスクリプション