【ポルシェ カイエンS 957型】輸入車SUVの中で人気No1と言われる車両

こちらでは、実際にユーザー様からご出品いただいている、2007年式 ポルシェ カイエンS 957型 について紹介をしています。どのような車であるのかといった基本的な情報から、どこの部分が良かったのか、または悪かったのかインタビュー内容をまとめています。ぜひ購入の際に参考にしていただければ幸いです。

ポルシェ カイエンS 957型とは


2002年にデビューしたポルシェ カイエンは、当時911、ボクスターに続く第3のモデルとして登場しました。エンジンは、伝統の水平対向エンジンではなく、ベースモデルがV型6気筒、「カイエンS」にはV型8気筒が搭載されました。ベースモデルの3.2Lから4.8Lに拡大された自然吸気のV8エンジンを搭載する「カイエンS」は、2006年12月にマイナーチェンジが行われ、新しいガソリン直噴システムとバリオカム・プラスの採用により、トルクと馬力の向上がなされています。

モデルチェンジされたカイエンSの385ps、51.0kgmの「バリオカム」付き4.8リッターV型8気筒エンジンは、全回転域で滑らか。2350kgという超重量級ボディのおかげで、俊敏に、とは行きませんが、それでもカタログ上の最高速は 242km/hです。SUVとしてはBMW・X5の最強モデル4.6is(347ps、新車価格1070万円)に並ぶ圧倒的な性能で静粛性もまったく問題ありません。

プラットフォームと駆動系は、フォルクスワーゲンのトゥアレグと共有で、両車共に日本のアイシンAW製・6速ATを搭載。オフロード走行に備えて、ローギアモードを備える点も同じです。
4WDシステムに関しては、歴代911の場合はビスカスカップリングを使っていましたが、カイエンおよびトゥアレグは、共にこのクラスに多い多板クラッチ式・電子制御フルタイム4WDを採用。カイエンの場合は、前38:後62をベースに、0:100から100:0までのトルク配分を変化させ、さらに各種電子制御デバイスと協調してオンからオフまでの走行性能を確保している為トゥアレグと異なり、よくSUVにありがちな、ユサユサ感がまったくありません。またボディの剛性が高いので、かなりスポーティーな乗り味です。
エアサスが標準搭載のカイエンターボと異なり、カイエンSの足まわりはコイル&ダンパー。なので故障が多くの人が心配するであろうエアサス故障の心配がありません。中にはカイエンS(バネサス仕様)の乗り心地の悪さを指摘する人もいると思いますが、乗り心地があまりに悪い訳ではないでしょう。


 ーこれまでよりも高く売却できる方法ー

「90万円」高い売却に成功! K様



コメント:
愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。 330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。
改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています。

高く売却できる『おまかせ出品』

価格の交渉ができるかも!?

詳細&査定はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら

手洗い洗車のサブスクリプションサービス「RACCOON」!



月額5,980円(税抜)で手洗い洗車を利用し放題! コイン洗車やセルフ洗車に比べて高価なプロの手洗い洗車をより気軽に利用してもらうために、サブスクとしてサービスを開始しました。

全ての人に手洗い洗車を

申し込み・予約はこちら