意外と手頃な【ボルボ xc70】車両価格、燃費、維持費などのまとめ

ボルボxc70は、スウェーデンの自動車メーカー、ボルボ・カーズが製造、販売していたクロスカントリーのエステートワゴンです。 2017年2月に生産が終了しているが後継機のボルボV90に引き継がれています。今回はボルボxc70の気になるポイントをまとめました。


「ボルボ xc70の特徴」

ボルボ xc70の特徴①

V70をベースに作られた車で、基本的にはV70に似ています。見た目で判断するにはフロントグリル、バンパーを見る必要があります。フロントグリル、バンパー部分には汚れや傷に強い樹脂を使用していて、クロスカントリー要素が強いです。伸びやかなステーションワゴン特有のフォルムに、ルーフレールが付いています。ヘッドライトは横に細長く、テールランプは縦に細長い特徴的な形をしています。輸入車のステーションワゴンとしてV70の方が知名度が高いので、このボルボ xc70は少し影を潜めている存在です。

ボルボ xc70の特徴②

外観は若干地味ですが、堅実で耐久性の高さには定評があるボルボが手掛けている車なので、丈夫で故障が少ない車です。2500ccのエンジンを積んだモデルは208psを発揮して、AWDによる走りは雪道などの悪路走破性能も高いです。2017年2月に生産が終了してしまったのですが、多くのボルボファン、輸入車ステーションワゴンファンに愛された車です。

ボルボ xc70の特徴③

雪が多いスウェーデンで生まれた車ということもあり、雪道での走りは一級品です。ウインタースポーツをしている人は、雪道を走る機会も多いと思うので、このボルボ xc70はピッタリです。雪道でも走りは安定していて、車体を安定させる機能も装備されています。内装は上位グレードになると高級感があり、シートも革張りになります。メーターからダッシュボードに掛けて統一感のある美しいデザインで、随所にこだわりを感じる完成度の高い内装です。

「ボルボ xc70の歴代モデル」

ボルボ xc70の歴代モデル①


 ーこれまでよりも高く売却できる方法ー

「90万円」高い売却に成功! K様



コメント:
愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。 330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。
改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています。

高く売却できる『おまかせ出品』

価格の交渉ができるかも!?

詳細&査定はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら

手洗い洗車のサブスクリプションサービス「RACCOON」!



月額5,980円(税抜)で手洗い洗車を利用し放題! コイン洗車やセルフ洗車に比べて高価なプロの手洗い洗車をより気軽に利用してもらうために、サブスクとしてサービスを開始しました。

全ての人に手洗い洗車を

申し込み・予約はこちら