VINコードだけではわからない?並行輸入車の本当の年式とは??

国産車と輸入車で違う「年式」

自分の自動車を紹介する時に「2017年式の…」などと年式を伝えることがありますが、皆さんどこでそれを判断していますか? 大抵の方は、車検証に記載された「初年度登録」を見て「車検証の初年度登録=年式」と考えてるでしょう。 ただし輸入車、特にアメ車の場合はその解釈が異なり「モデル年式」で表すことが多いのです。 それでも生産されてすぐ輸入、登録されれば車検証の初年度登録とズレることはありませんが、時間が経ってから中古車などで日本に並行輸入した場合、初年度登録は日本で初めて登録された年になりますからズレてしまいます。 並行輸入車全般で起こる問題なので、たとえば過去に輸出されて一度も日本で登録されたことの無い日本車が、数十年経ってから日本に里帰りしたとして初めて日本のナンバーをつけた時が「初年度登録」ということもあるのです。 この「モデル年式」と「初年度登録」の差により、慣れた並行輸入業者であれば正確な年式を把握していますが、不慣れな業者の場合は正しい年式がわからないケースもあるのです。

年式を間違えていると、部品を正しく注文できない

この「正しい年式の誤り」は、修理などで部品を注文する際によく発生します。 輸入車ディーラーによっても対応は異なりますが正規輸入車以外はディーラーで部品も取れないような車の場合、あるいはそもそも正規ディーラーが存在しない車の場合は部品も並行輸入せねばなりません。 その場合に正しい年式を把握できていないと、全く見当違いな部品を注文してしまうこともありえるのです。 日本に輸入された年(初年度登録)が年式だと思っていたら、その年にはその車にそのようなモデルは存在しておらず、そこから考えると○○年モデルらしい…ということはよくある話で、車検証や輸入年は全くアテにならないと考えてもいいでしょう。

頼りになるのはVINコード


 ーこれまでよりも高く売却できる方法ー

「90万円」高い売却に成功! K様



コメント:
愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。 330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。
改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています。

高く売却できる『おまかせ出品』

価格の交渉ができるかも!?

詳細&査定はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら

手洗い洗車のサブスクリプションサービス「RACCOON」!



月額5,980円(税抜)で手洗い洗車を利用し放題! コイン洗車やセルフ洗車に比べて高価なプロの手洗い洗車をより気軽に利用してもらうために、サブスクとしてサービスを開始しました。

全ての人に手洗い洗車を

申し込み・予約はこちら