【疑問】観光地でよく見るバイクのピースサインってなに?

みなさん、ライダーが運転中にピースサインをしているのを見たことがありますか?主にバイクのツーリングスポットになっている山道や海岸沿いなどを走っていると目撃すると思います。あのピースサインは一体なんなのでしょうか。ライダー同士で挨拶のように使っていて、ちょっと楽しそうですよね。車に乗っていてもピースサインしていいのでしょうか。ちょっと気になるピースサインについてお話しましょう!

ライダーの挨拶、「ヤエー」の由来と意味

あのピースサインはライダー同士の挨拶です。一般的に「ヤエー」と呼ばれていて、よくツーリングをするライダーの中では広く普及しています。なぜ、「ヤエー」と呼ぼれているのでしょうか。実は、「ヤエー」の語源は「YEAH!」であったとされています。「YEAH!」の表記ミスが広まって「ヤエー」になったのだとか。由来もなんとなくバイク乗りらしい感じがしますね。

ライダーの挨拶は、ピースサイン

ヤエーは基本的に左手のピースサインです。右はアクセルなので、クラッチ側の左手を離して対向車に挨拶します。しかし、ツーリングスポットに行くとヤンチャなライダーも多くて、大きく手を振ったり、両手で挨拶したり、立ってバンザイする人もいます。見てる側は楽しいのですが、結構危険なので真似はしないでくださいね。それでも、そうやって相手を楽しませてくれるのはいい人達ですよね。ヤエーは「お互いの安全を祈る」、「楽しいツーリングを」という意味が込められていて、ライダーのバイクとバイク乗りを愛する心から生まれた素晴らしい文化なんです。「運転中にふざけるな」というのはちょっと悲しいので勘弁してやってくださいね。

車に貼るのもあり、ヤエーステッカー

ヤエーを愛するライダー達が「ヤエーステッカー」なるものを作って普及してます。それぞれが手作りしていて、道の駅やツーリングスポットで配っています。ヤエーステッカーを貼っていればライダーに話しかけられること間違いなしです。「どこから来たんですか」とか、たわいもない話をするのもいいですし、交通状況や路面状況などを共有することもできますよ。とても温かいコミュニティなので勇気を出してステッカーをもらいにいってください。もちろん、ライダーじゃなくても歓迎されますよ。

ズバリ、バイク乗りは車のヤエーも喜んで返す

さて、ツーリングをさらに楽しくしてくれるヤエーですが、車でもやっていいのでしょうか。もしかして、車からヤエーしても毛嫌いされてしまうかも?

いい旅を、バイクも車もお互いに健闘を祈ろう

ズバリ、車にヤエーされてもやっぱり嬉しいです。健闘を祈る挨拶ですから誰にされても嬉しいものですよ。筆者も誰でも構わずヤエーします。地元のヤンキーにも自転車乗り(チャリダーって呼んでる)にもヤエーします。車でも後ろに乗っている子供や、助手席のお姉さんがたまにヤエーしてくれますが嬉しいものです。車だと対向車からちょっと見づらいですが、たくさん挨拶して旅を楽しんで見ましょう。

バイク乗りにもヤエーアンチがいるので気をつけて(車種と装備でわかる)

誰でもヤエーされたら嬉しいと言いましたが、そうでない人もいます。「やかましい」と毛嫌う人も多少いるので気をつけてください。ヤエーに怒って煽ってきたりということはないですが、「絶対にヤエー返さんぞ」という感情がなんとなくこちらに伝わってきて、楽しい旅もちょっとモヤモヤしてしまうので相手は多少選んだほうがいいです。ヤエーアンチというのは経験から見分けることができるのでお教えしましょう。比較的返してくれるのは「スポーツタイプ」に乗っている人です。若い人が多くてノリノリで返してくれます。そして、ハーレーおじさんは全く返してくれないか、軽く会釈をしたりとクールな感じです。たまに、親指を立てたり敬礼のようなポーズをしてくれるナイスガイなおじさんもいますよ。あとはライダーの格好でも判断できます。カジュアルで若そうな格好の人はヤエーしてくれますが、ラフすぎる格好で玄人感がある人には無視されてしまいます。あくまでも筆者の偏見なので参考までに…

カーブでは絶対にヤエーをしないこと

対向車にバイクが来たら待ってましたと言わんばかりにヤエーしたくなりますが、運転中ですので冷静な判断が必要不可欠です。周りの状況を確かめながら行いましょう。特に、カーブでは絶対にヤエーしてはいけません。バイクは目線の方向に曲がっていくものです。よそ見をしていたらカーブを曲がりきれなくなり、最悪の場合は死に繋がります。また、路面状況などにも注意しましょう。雨の日にツーリングをする熱狂的なライダーも存在します。いくら熱狂的とはいえ、濡れている路面では普段以上に集中して運転しなくてはいけないのでヤエーは避けましょう。ちょっと危険なヤエーですが、白バイもたまに返してくれますよ。いけないことではないので節度を持ってやりましょうね。

ヤエーができるツーリングスポット

もうヤエーがしたくてうずうずしているのではないでしょうか。そんなあなたのためにヤエー好きが集まるツーリングスポットを紹介しましょう。ライダーに人気のスポットですが、車でドライブしても十分に楽しめる場所です。休日は特にライダーが集まって賑やかになるので、ドライブに行ってみてはいかがでしょうか。

山梨県道志みち

道志みちは、いわばバイクの聖地です。国道413号は通称「道志みち」と呼ばれる山梨県富士吉田市から神奈川県相模原市に至る一般国道です。その道中にある「道の駅どうし」にはツーリングの疲れを癒すため、ライダーが多く集まります。駐車場はバイク置き場の方が広く、1日いれば500台以上はバイクを見れると言われるほどバイクが多く来ます。ここではヤエーの文化も広く普及していて、運が良ければ20台連続でヤエーするなんてこともできます。自然が豊かで、温泉やキャンプ場もあり観光地としてもぜひ訪れたい場所です。道志みちを西に走れば、山中湖を訪れることができ、湖面に映る大きな富士山を眺めることができます。オススメは道の駅どうしの豆乳ソフトクリームです。

東京都奥多摩周遊道路

http://www.kensetsu.metro.tokyo.jp/jimusho/nishiken/Okutama-Hp/Okutama-Hp-Sizen-top.html

奥多摩周遊道路も東京から近いことからライダーが集まるバイクの聖地です。東京都西多摩郡奥多摩町川野から檜原村数馬に至る一般道路で、1990年4月1日から無料開放されました。緩やかなワインディングで楽しく走れることに加えて、かつて有料道路だったこともあり、路面がしっかり整備されていることでドライビングスポットとして人気になりました。東京の中でも秘境とされている奥多摩は標高も高く、自然も豊かで四季折々の山々を見下ろすことができます。比較的、「攻めたがり」な(走り屋のような)人が多いので、ヤエーを返してくれないこともそこそこあります。釜飯が美味しいことで有名なのですが、その釜飯屋さんの蕎麦がものすごく美味しいのでぜひ食べてみてください。

長野県ビーナスライン

http://www.venus-line.net/about/

ビーナスラインはツーリング好きの憧れの地として有名です。野県茅野市から、同県上田市の美ヶ原高原美術館に至る全長約76 kmの観光道路で、関西からも関東からもライダーが集まってきます。ここもかつては有料道路で、路面がしっかりしていることが特徴です。平均標高は約1400m、最高地点で2000mほどの高さがあり、日本有数の山岳コースです。その高さから、南アルプスや富士山を一望することができて自然を楽しむには贅沢すぎるロケーションになっています。都心からちょっと遠いことで、ツーリングとしては難易度が若干高く経験豊富なおじさんが多い印象ですが、きっと渋いヤエーをしてくれることでしょう。ドライブスポットとしてもかなり有名で、日本絶景街道とまで呼ばれています。

北海道オロロンライン

ライダーの夢、日本最高のドライブスポットと言っても過言ではない場所「北海道」。北海道日本海側・石狩市から天塩郡天塩町までの国道231号・国道232号で、日本海を眺望しながら走ることができるドライビングスポットになっています。ライダーもわざわざフェリーなどでこの地を訪れ、広い北海道を走破します。北海道の道はとにかく走りやすいのが特徴で、信号が少なくて真っ直ぐな道をひたすら走ることができます。広大な大地を走り抜ける爽快感はここでしか味わえないかもしれません。北海道に走りに来るようなライダーは本当にバイクツーリングが好きな人です。車でも喜んでヤエーを返してくれるでしょう。