スマートキーでの車盗難。便利な鍵ほど注意することがある

最近の車はボタンを押すだけでエンジンをかけられるようになりましたね。ドアも鍵を挿すどころか、ボタンすら押さずに開けられるようになりました。もはや車の鍵は鍵ではなくリモコンですね。鍵を挿して回すなんて時代遅れなのかもしれません。そんな便利なスマートキーですが、便利ゆえに注意しなければいけないことがあります。うっかりエンジンを切り忘れるなんてこともありますが、一番怖いのが盗難です。便利すぎて逆に盗難の手口にされてしまうのです。「リレーアタック」というのを聞いたことがあるでしょうか。スマートフォンなども便利ですが、ワンクリック詐欺や個人情報の流出など注意することがありますね。スマートキーもそのスマートさゆえに理解と注意が必要です。今回はスマートキーのデメリットや問題点、盗難に使われる手口を紹介します。

スマートキーってどんなもの?

まずはスマートキーについて知る必要があるでしょう。スマートキーは従来の鍵とは違って、リモコン操作で多少離れたところからでもドアを施錠・解錠できます。しかし、それだけでは大昔からあったキーレスエントリーと同じですね。スマートキーがスマートな理由は他にあるのです。

ボタンを押さずにカバンに入れたまま解錠

スマートキーは今までのキーレスエントリーとは違い、ポケットから取り出してボタンを押すという動作も必要ありません。車とスマートキーの両方から電波を飛ばし、ドアノブに手を触れればセンサーが反応してドアが解錠されます。つまりカバンに入れておけばいいということです。落とすこともありませんし、電波で暗号化しているので防犯もしっかりしているように思いますね。また、ドアを閉じて一定距離を離れれば自動でドアが施錠されるので鍵を閉め忘れることもありません。両手が塞がっていてもロックを解除できますし、本当に便利になりましたね。

ボタンを押してエンジン始動

https://www.mercedes-benz.co.jp/passengercars/mercedes-benz-cars/models/gla/gla-suv/facts-and-lines/equipment-packages/keyless-go.html

キーレスエントリーとは違うことがもう一つ。それが、ボタンを押してエンジンを始動できるということです。ボタンだったら誰でも押すだけでエンジンをかけられてしまうと思いますが、スマートキーと車の両方が電波を送り合っているので、車内にスマートキーがある状態出ないとエンジンはかかりません。今まではエンジン始動といったら鍵を回すというのが当たり前でしたが、もう鍵を取り出さずにドアを開けてエンジンをかけ、走行するところまでできるのです。ここまで鍵を取り出さないとどこにやったか分からなくなりますよね。

スマートキーの注意点

 クルマの相談所



クルマに特化したQ&Aサービス「クルマの相談所」β版の提供を開始しました!

本サービスは、クルマに関するあらゆる悩みや質問を投稿、回答することが可能です。

故障やメンテナンスについてわからないことはクルマの相談所で質問しましょう! 質問と回答はこちら

 ーこれまでよりも高く売却できる方法ー

「90万円」高い売却に成功! K様



コメント:
愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。 330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。
改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています。

高く売却できる『おまかせ出品』

価格の交渉ができるかも!?

詳細&査定はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら