自動運転中の事故は誰の責任?自動運転への課題は法律、保険面でも…

ここ数年で自動車メーカーが最も力を入れている分野といっても過言ではない自動運転。国内外問わず様々な企業が力を入れていることにより、最近では他の分野と比べてもめまぐるしい速度でその技術は進化しています。実際に、現在発売されいる車ではハンズオフ走行を可能にしている車も出ています。しかし、完全な自動運転の実現に向けて、技術的にはすぐそこまできているものの、法律や保険の面ではまだまだ課題があります。少し想像してみてください。例えば、あなたが自動運転のできる車を運転しているとします。当然ハンドルは持っておらず、コンピューターに運転を任せています。そんな時、急に飛び出してきた自転車にぶつかり交通事故を起こしてしまいました。これは果たして誰の責任なのでしょうか。周りを確認していなかった運転者の責任?それとも自動運転に任せていたのだから自動運転に欠陥があったと考えて、その車を作ったメーカー側に責任がある?さらに、この自動車事故に保険はおりるのでしょうか。自動運転が完成したとしても避けられない事故というのは必ずあります。そういった事故が起こってしまった時の対処をどうすれば良いのか現在の法律や保険制度ではまだ定められていません。そこで今回は自動運転の課題をそういった法律、保険の面から見ていきたいと思います。

実際に起きた自動運転事故

日本ではまだ完全自動運転の車は走っていませんが、アメリカでは自動運転の車が走ることが可能となっている州があるため、試験的に自動運転の車が走っています。そして、そこではなんと実際に自動運転車による死亡事故が起きています。ここでは実際に起きた自動運転車による事故を例に挙げ、どの立場に責任があるのかを考えていきます。

Uberの自動運転車による死亡事故

その事故は2018年3月18日の夜アメリカのアリゾナ州で起きました。当時アリゾナ州で自動運転の試験走行を実施していたのはアメリカで有名な配車サービスを展開するUberというメーカーです。このメーカーの作った車が幹線道路を自動運転していた際、道路を自転車を押して横切ってきた女性をはねてしまいました。被害者の女性は搬送された病院で死亡が確認されています。

Uber事故の責任

この事故の責任は誰にあるのでしょうか。試験走行中であるため車両には運転者が乗っていましたが、運転者は事故が起こった時スマホで動画を見ていました。また、事故を起こした車両には緊急ブレーキ機能がついていたのですが、Uber社は自分達のシステムにも自動ブレーキ機能は付いているため元々の車両の自動ブレーキ機能を切っていました。これらの事実を全て踏まえた上でアメリカ・アリゾナ州の検察はこの事故においてUberに刑事責任はないと判断しました。一方、運転者には過失致死の疑いがかけられています。この事故においてはこのように判断されましたが、これはあくまでもこの事故においてです。アメリカも自動運転車による事故の責任の所在を確立した法律がまだないため、今回がUberに責任がなかったからといって次も同じようになるとは限りません。

責任の所在など法律の整備の必要


 ーこれまでよりも高く売却できる方法ー

「90万円」高い売却に成功! K様



コメント:
愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。 330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。
改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています。

高く売却できる『おまかせ出品』

価格の交渉ができるかも!?

詳細&査定はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら