ホンダフリードがモデルチェンジ!価格やスペックなど最新情報について

 

フルモデルチェンジしたホンダ・ステップワゴン。ホンダと言えばステップワゴンとイメージする方も多いのではないでしょうか。そんなステップワゴンと並ぶ人気車種のホンダ・フリードが、2016年にモデルチェンジ。新型フリードのスペックや価格をご紹介します。


ホンダフリードの特徴

 

 

①選べるパワーユニット

 

新型フリードには、超省燃費時代の象徴とも言えるハイブリッドと、ホンダお得意の「i-VTEC」である1.5Lガソリンエンジンと2つのパワーユニットから選択することができます。ハイブリットモデルですが、システムの構成内容は、110PSの1.5Lのアトキンソンサイクルエンジンと、29.5PSのモーターの組み合わせ。「エンジン」と「モーター」のバランスで言えば、動力の主役は「エンジン」で、「モーター」がアシストするというホンダらしいハイブリッドシステムと言えます。

 

②室内空間が歴代モデルよりもさらに拡大

 

新型フリードのボディサイズは、初代フリードとほぼ違いはありませんが、1列目から3列目までのヒップポイントが90mm増し、シートのスライド量も増やしたことで、窮屈に思われがちな3列目のレッグスペースが大きく広がりました。また、乗車定員が5人となる「フリード+」では、シートが減ったことにより得られる大きな荷室を、付属のユーティリティーボードで上下二段に分割して使用できるようになっています。

 

③最新の安全予防システム

 

新型フリードには、「事故に遭わない社会」と言うコンセプトのもと開発された「Honda SENSING」という予防安全装置を搭載。このHonda SENSINGには、「衝突軽減ブレーキ」「歩行者事故軽減ステアリング」などはもちろん、アダプティブクルーズコントロールやLKAS(車線維持支援システム)など、最新の機能を備えています。この機能は、渋滞などで完全に車任せとまではいかないまでも、長距離ドライブ時などでの疲労軽減に大きな力を発揮してくれるでしょう。

 

 

ホンダフリードの主なグレード

ホンダフリードにはガソリン・ハイブリッドモデル共に様々なグレードが用意されています

 

【ガソリンモデル】

①フリードB

スタンダードなモデルとりあずフリードが欲しいと思った方におすすめ

ガソリンモデルのエントリータイプ
エンジン:1.5L i-VTEC
トランスミッション:CVT

主な装備

・フルオートエアコン

・スマートキー

・VSA

 

②フリードG

パワースライドドアなど便利な装備を標準で設定しています。

エンジン:1.5L i-VTEC

トランスミッション:CVT

主な装備(Bの装備に加えて)

・リア左側パワースライドドア

・木目調インパネミドルエリア

・センターテーブル

 

③フリードG HONDA SENSING

快適かつ安心の設備、ガソリン車のおすすめタイプ

エンジン:1.5L i-VTEC

トランスミッションCVT

主な装備(Gの装備に加えて)

・ホンダセンシング

 

 

【ハイブリッドモデル】

①フリードHYBRID B

ガソリンモデルのエントリータイプ

エンジン:1.5L i-VTEC
トランスミッション:CVT

主な装備

・フルオートエアコン

・スマートキー

・VSA

 クルマの相談所



クルマに特化したQ&Aサービス「クルマの相談所」β版の提供を開始しました!

本サービスは、クルマに関するあらゆる悩みや質問を投稿、回答することが可能です。

故障やメンテナンスについてわからないことはクルマの相談所で質問しましょう! 質問と回答はこちら

 ーこれまでよりも高く売却できる方法ー

「90万円」高い売却に成功! K様



コメント:
愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。 330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。
改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています。

高く売却できる『おまかせ出品』

価格の交渉ができるかも!?

詳細&査定はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら