レカロシートなど、交換するシートのメリットとメーカーについて

「座ったまま」は楽ではない

自動車の運転を評して「座っているだけだから楽」などと表現される事があります。
確かに延々と歩き続ける営業の仕事や、立ったまま接客を続ける仕事、ストップ&ダッシュを繰り返す倉庫や宅配の仕事と比べれば、足を酷使する事は無いでしょう。

しかし、だからと言って一日中座ったまま机に向かって仕事をする事務やシステムエンジニアの仕事が楽かと言えば、そうではないでしょう。
ずっと座ったままで体をほぐすのもままならない環境が腰痛や血行の悪化に大きく影響を与えるのは、エコノミー症候群を持ち出すまでも無くよく知られた話です。

自動車のシートが健康に与える影響

自動車のシートも全く同じ話で、体に合わないシートや、運転に向かないシートは健康の悪化に大きな影響を与えます。
昔の国産車では、高級車のシートは単に座り心地のいいシートと誤解する傾向がありました。
フカフカと柔らかいシートで、座った瞬間にはいい気分がしてくるものの、走り出すと何か居心地の悪さを感じ、それが数時間のドライブともなるとお尻や腰が痛くなるシートの車は、珍しくなかったのです。

かえってスポーツ系の車に備えられたシートや、一見チープに見えるものの実用性のみを追求した商用車や軽自動車のシートの方がドライブには適していたりもしました。
よくある誤解で、軽自動車による長距離ドライブは疲れるのではないかという印象を持たれますが、実用性重視で適度な硬さを持った軽自動車のシートは、ロングドライブに十分耐え得るシートだったのです。

ただし、スポーツ系の車で「2+2シート」と呼ばれるシート形式の車の後部座席は、いざとなれば後ろにもう2人乗れる程度の考え方で作られたものなので座り心地も居住性も悪いことが多いです。ホンダのCR-Xのように、「犬でも1マイルで音を上げるワンマイルシート」などと言われるものもあり、実際に乗ってみると20分ももたずに下ろして欲しいと嘆いてしまいます。

このように、たかがシートひとつとはいえ、乗る人の健康に与える影響は重大なものがあります。

交換するシートのタイプには数種類

レカロシートのような社外品の高性能シート(一部は純正でも採用)には何種類かあります。
大きく分けると走行中の体を支えるホールド性を最重視してリクライニング機能などをもたない「フルバケットシート」と、それよりはホールド性がやや劣るものの、快適性も考慮した適度な硬さとリクライニング機能を持つ「セミバケットシート」があります。


 ーこれまでよりも高く売却できる方法ー

「90万円」高い売却に成功! K様



コメント:
愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。 330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。
改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています。

高く売却できる『おまかせ出品』

価格の交渉ができるかも!?

詳細&査定はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら

手洗い洗車のサブスクリプションサービス「RACCOON」!



月額5,980円(税抜)で手洗い洗車を利用し放題! コイン洗車やセルフ洗車に比べて高価なプロの手洗い洗車をより気軽に利用してもらうために、サブスクとしてサービスを開始しました。

全ての人に手洗い洗車を

申し込み・予約はこちら