国産エンジン史スポーツカーその13・名機トヨタ3S-Gの登場と2リッタースポーツエンジン

国産エンジン史スポーツカーその13は、3S-G、それに2リッタースポーツエンジンを紹介します。


トヨタ・スポーツツインカムの片割れ、3S-G

1983年にトヨタ 2T-Gの後継として4A-Gが登場、世代交代を果たしますが、旧世代トヨタスポーツツインカムには、1.6リッター直4(直列4気筒)DOHC2バルブの2T-Gのほかにもう一つ、2リッター直4DOHC2バルブの18R-Gがありました。
1982年に1.8リッター直4DOHC2バルブターボの3T-GT、さらに後述する2リッター直6(直列6気筒)DOHC4バルブの1G-GEが登場した事で、18R-Gは引退した形になっています。
しかし旧世代エンジンの3T-GTはあくまで繋ぎで、本命の新世代2リッター直4DOHC4バルブエンジンが準備されていました。
それが実用型のSOHCエンジン、2S-EにヤマハのDOHC4バルブヘッドを載せた、3S-Gです。
1984年にFFの4ドアセダン・カムリとビスタに搭載されて、「エンジン横置きのFF(前輪駆動)車では初のDOHCエンジン」となりましたが、双方とも普通のファミリーセダンで特に「GT」と名付けられたわけではなく、平凡なデビューでした。
当初のスペックはレギュラーガソリン仕様とはいえわずか140馬力/17.5kgmと平凡で、数値上は後に実用DOHCエンジンとして登場する、ハイメカツインカムの3S-FEにも劣ります。
しかし最後にアルテッツァに搭載される頃には210馬力に到達し、JGTC(全日本GT選手権)ではスープラ用のレーシングエンジンとしても使われたので、80年代のエンジンとしては余裕のある、18R-G譲りで重いけれども頑丈な設計でした。

1代限りの突然変種、日産 FJ20

2リッター直4DOHC4バルブエンジンは3S-Gが日本初というわけではなく、1981年には既に日産からFJ20が登場していました。

先行していたので、初搭載のR30スカイラインRSはもとより、S110シルビア / ガゼールにも搭載され、3S-Gが登場した頃にはS110は代替わりしてS12になっています。
スカイラインRS用のエンジンとしてもターボ化、インタークーラーターボ化され、シルビア / ガゼールもターボ化(インタークーラー無し)されて3S-Gのデビューを迎えました。
こう書くとトヨタが随分遅れたようにも思えますが、FJ20はスカイライン用としては後継無し、シルビア / ガゼール用としても1.8リッター直4DOHC4バルブターボのCA18DETが後継です。
いわば、FJ20は1時期のみ存在した「日産の突然変異」という事になりますが、要するにかつてのスカイラインGT-R同様、レースのためのエンジンだったという事です。
直6のRB系や直4のCA系が出るまでのつなぎのエンジンとしてはトヨタ 3T-GTと立場を同じくしています。
ただし、スカイラインRSの形をしたレーシングカー「シルエットフォーミュラ」では、信頼性の問題から旧世代のLZ20Bエンジン(直4版L型エンジンのDOHCレーシングエンジン)が使われました。
とはいえFJ20自体がダメなエンジンだったという事では無く、NA(自然吸気)版のFJ20E自体のスペックは3S-Gに劣りましたが、頑丈なエンジンだったので最大750馬力までパワーアップされたものもあります。
後の世代のSR20エンジンが650馬力程度が限界だった事を考えると、さすがS20譲りのレーシングエンジンというべきでしたが、いかんせん活躍できる場所が限られました。

DOHCエンジンの価値観を変えた、トヨタ1G-GE

このエンジンを2リッタースポーツツインカムと呼んで良いものか?と疑問に思いますが、3S-Gに先んじて、FJ20より少し後、1982年に登場したのがトヨタ 1G-GEです。
2リッターSOHC直6の1G-Eをベースにヤマハの4バルブスポーツヘッドを…という成り立ちは3S-Gと同様ですが、直6エンジンで滑らかでよく吹け上がる反面、高回転エンジンで低回転トルクが薄く、3S-Gより上級で重いクルマのエンジンとしては、いささか不適でした。
しかもパワフルでスポーティなエンジンとしては、その上に2.8リッター直6DOHC2バルブの5M-GEがあったので、高級車やスポーツカー用エンジンとしては中途半端だったのです。
そのため、主にマークII三兄弟(他にチェイサーとクレスタ)用の最上級グレード用エンジン、あるいはセリカXXやソアラの5ナンバー仕様エンジンとして使われました。
ただし、当時「直6DOHC4バルブエンジン」というのは他に無かったので、フロントやリアに「TWINCAM 24」とエンブレムが貼られていたのは、高級感の象徴として憧れの的ではあったのです。
いわば「DOHCなのにスポーツ用エンジンでは言い難い」という意味で日本初のエンジンであり、後にトヨタが簡易DOHCとも言うべき「ハイメカツインカム」で主要全車のエンジンをDOHC化する先駆けになったと言えます。
一応、後に日本初のツインターボエンジンとして1G-GTEが登場しますが、その頃には5M-Gを3リッターDOHC4バルブターボ化した7M-GTEがあったので、1G系はスポーツエンジンとしてどこまでも日陰の存在でありつづけたのでした。


いかがでしたか?
その当初からレースでの熱い激闘が繰り広げられた新世代テンロク(1.6リッター)DOHCエンジンと異なり、新世代2リッターDOHCは何とも微妙なスタートとなりました。
しかし、80年代前半のスポーツエンジンはまだあと2回ほど続きます。
次回は「大排気量DOHCエンジン」今回も少しだけ話に出た、トヨタの5M-GEエンジンなどをご紹介します。


 ーこれまでよりも高く売却できる方法ー

「90万円」高い売却に成功! K様



コメント:
愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。 330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。
改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています。

高く売却できる『おまかせ出品』

価格の交渉ができるかも!?

詳細&査定はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら

手洗い洗車のサブスクリプションサービス「RACCOON」!



月額5,980円(税抜)で手洗い洗車を利用し放題! コイン洗車やセルフ洗車に比べて高価なプロの手洗い洗車をより気軽に利用してもらうために、サブスクとしてサービスを開始しました。

全ての人に手洗い洗車を

申し込み・予約はこちら