ヨーロッパの自動車文化と車の楽しみ方

ヨーロッパと日本は自動車に対しての考え方が違います。


みなさんこんにちは。
今回は、ヨーロッパの車社会についてお話しようと思います。
10年前、僕はF1ドライバーを目指してイギリスに渡りましたが、そこで日本とのクルマ文化の違いに驚いたのを今でも鮮明に覚えています。

イギリスの自動車文化と楽しみ方

まず何より驚いたのは、一般ドライバーの運転の上手さです。
皆が周囲の状況を的確に把握して絶妙に位置関係を調整しながら運転していて、高速道路などで後ろから速い車が近づいてくると、邪魔をしないように
上手に道を譲ります。

そして一般車もMT車が根強い人気を誇っていて、老若男女問わずに好んでMT車を所有しています。
一度、同年代の女性に
「なんでMTに乗っているの?日本の若者、特にほとんどの女の子はATに乗っているし、MTは運転できないよ」
と聞いてみたことがあります。
そうすると
「だってATじゃつまらないじゃない。MTの方が楽しいからMTに乗るのよ」
という答えが当たり前のように返ってきて驚いたものです。

そして、モータースポーツの認知度や人気も当然高く、
出会った人に「レースをしにイギリスに来た」と話をすると、その食いつきようたるやものすごかったものを覚えています。
日本でレースの話をしても、大半の人はF1とそれ以外のレースの区別すらついておらず、基本的な質問に大半の時間を費やされてしまいますが、ヨーロッパだと
「何のカテゴリー?どこのチーム?前回のレースの結果は?」
と、質問攻めにされてしまうのが嬉しくもありました。

また、僕がスカラシップを受けていたシルバーストーンレーシングの一日スクールには、50代の女性が楽しそうに参加していたり、週末のレースが開催されているサーキットには老夫婦が手を繋いでレースを観戦しに来ていたり、おじいさんがお孫さんを連れてレース観に来ているというような光景も当たり前でした。
まさにカルチャーショックを受けた僕は、そんなシーンを目の当たりにして、歴史の深さの違いを痛感し、「この国に来て学ばないと世界から取り残される」と危機感を感じて本格的な渡英を決意しました。

日本の若者の車離れ

昨今、日本では若者の車離れが危惧され、自動車メーカーは様々な試みで若者の目を車の楽しさに向けるために工夫をしています。

僕はこのようなチャレンジを非常にうれしく感じますし、少しでも力になりたいと考えています。
車は単なる移動手段というだけではなく、様々な楽しみや喜びを与えてくれる道具であり、おもちゃでもあると僕は考えています。
まずは僕自身が、レース以外の車を使った遊び方や楽しみ方について知ることが必要ですね。
このコラムでも、今後すこしずつそういった事にも触れていこうと考えているので、是非楽しみにしていてくださいね。

車の乗り換えを検討中の方必見!



楽に早くは当たり前。

Ancarのおまかせ出品ならどこよりも高く。

クルマをAncarのガレージに預けて、買取保証金(買取店と同水準以上)と高く売れた分の金額を受け取るだけの新たな出品方法です。

出品のための面倒な撮影や相手とのやり取りはAncarにおまかせできます。

「Ancar」があるからこそ価値が付く仕組み

私たちはAncarと言う、個人間の「売る」と「買う」のマッチングサービスを提供しております。 買い取りのみで利益を出す必要がないため、どこよりも高く売ることができます。

おまかせ出品を使えば「必ず高く売れる成功体験」ができます。

実際にご利用頂いたお客様の声

「60万円も高く売れた成功体験」K.T様



K.T様のコメント:憧れの車への乗り換えを検討し、車を査定。しかし査定額は170万円。 乗り換えを諦めていた時Ancarのおまかせ出品を知りました。

おまかせ出品を使った結果230万円で売却、最初の査定より60万円も高く売く売ることができました。今では憧れだった車に乗り換え最高のカーライフを送っています。 「高く売って乗り換える」。新しい車所有のカタチを体感できるサービスでした。

まず簡単査定!

お問い合わせいただいた内容を元に、スタッフが査定させて頂きます。ぜひお気軽にお問い合わせ下さい! 買い取り価格を知りたい方はこちら!

サービス詳細や、お問い合わせ後の詳しい流れについてはこちらをご参照下さい。

手洗い洗車のサブスクリプションサービス事前登録受付中!



通うことで愛車を常に綺麗に保つ

愛車への悩みを解決する手洗い洗車のサブスクが始まります!



事前登録、詳しい内容はこちら↓

洗車サブスクリプション