ヨーロッパの自動車文化と車の楽しみ方

ヨーロッパと日本は自動車に対しての考え方が違います。


みなさんこんにちは。
今回は、ヨーロッパの車社会についてお話しようと思います。
10年前、僕はF1ドライバーを目指してイギリスに渡りましたが、そこで日本とのクルマ文化の違いに驚いたのを今でも鮮明に覚えています。

イギリスの自動車文化と楽しみ方

まず何より驚いたのは、一般ドライバーの運転の上手さです。
皆が周囲の状況を的確に把握して絶妙に位置関係を調整しながら運転していて、高速道路などで後ろから速い車が近づいてくると、邪魔をしないように
上手に道を譲ります。

そして一般車もMT車が根強い人気を誇っていて、老若男女問わずに好んでMT車を所有しています。
一度、同年代の女性に
「なんでMTに乗っているの?日本の若者、特にほとんどの女の子はATに乗っているし、MTは運転できないよ」
と聞いてみたことがあります。
そうすると
「だってATじゃつまらないじゃない。MTの方が楽しいからMTに乗るのよ」
という答えが当たり前のように返ってきて驚いたものです。

そして、モータースポーツの認知度や人気も当然高く、
出会った人に「レースをしにイギリスに来た」と話をすると、その食いつきようたるやものすごかったものを覚えています。
日本でレースの話をしても、大半の人はF1とそれ以外のレースの区別すらついておらず、基本的な質問に大半の時間を費やされてしまいますが、ヨーロッパだと
「何のカテゴリー?どこのチーム?前回のレースの結果は?」
と、質問攻めにされてしまうのが嬉しくもありました。


 ーこれまでよりも高く売却できる方法ー

「90万円」高い売却に成功! K様



コメント:
愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。 330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。
改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています。

高く売却できる『おまかせ出品』

価格の交渉ができるかも!?

詳細&査定はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら

手洗い洗車のサブスクリプションサービス「RACCOON」!



月額5,980円(税抜)で手洗い洗車を利用し放題! コイン洗車やセルフ洗車に比べて高価なプロの手洗い洗車をより気軽に利用してもらうために、サブスクとしてサービスを開始しました。

全ての人に手洗い洗車を

申し込み・予約はこちら