スピンドルグリル以前の低走行LS460バージョンS!走りのモデルです

初期のLS460はこんなクルマだった

日本でトヨタの高級車ブランド「レクサス」が始まった当初はまだLSはモデルチェンジ前だったので、しばらくはトヨタディーラーでセルシオが販売されていましたが、新型LSの登場を機会についにセルシオからバトンタッチ!2006年9月についに日本のレクサスでも販売が始まったのがUSF40型レクサスLS460です。

3代続いた日本でのトヨタ レクサスとの大きな違いはエンジンで、それまでの初代や2代目が搭載していた4リッターV8の1UZ-FEエンジンや、改良して排気量をアップした4.3リッターV8の3UZ-FEエンジンから一新!新型の直噴V8エンジン1UR-FSEを引っさげてのデビューでした。

セルシオでは最後まで280馬力に抑えられていた最高出力も一気に385馬力へ向上、初代からやや大きく100kgほど重量増加しても、100馬力以上のパワーアップと、高品質のシーケンシャルシフトつき8速AT(世界初)の採用によるキメ細かいシフト制御によって、単に新世代に移行しただけでなく、1~2クラス上がったような、まさに「トヨタのフラッグシップからレクサスのフラッグシップへ」の変化にふさわしいようなモデルチェンジだったのです。

今回出品されたのは走りのバージョンS

デビュー当時のLS460には3つのバージョンがあり、標準仕様の他にアームレストスイッチや後席パワーシートを採用して主に後席の装備を重視したショーファードリブン仕様の「バージョンU」、そして今回出品された走りのモデル「バージョンS」がありました。

バージョンSはLS460の中でもドライバーズカーとしてスポーティな味付けがされており、専用デザインの19インチアルミホイールがまず外見の特徴として目を引きます。

走りのモデルであるからには一層強化しなければいけないブレーキも充実しており、ブレーキローターは単純なベンチレーテッドディスクではなく、その内部に回転に合わせて中央からの空気を外側に積極的に排出、放熱性能を高めるスパイラルフィンが内蔵された、スポーツカー並のフロント357φ、リア335φの大径ディスクローターを装備!

これでブレーキローターの安定した性能発揮を確保した上で、ストッピングパワーそのものもアルミモノブロックの大径4ポッドブレーキキャリパーを、バージョンS専用品として装備しています。

ハイパワーのドライバーズカー、しかも重量級高級セダンとなればスポーツカー並、あるいはそれを上回るほどのブレーキ性能を持つのは今となっては常識ですから、この面だけでも安心してステアリングを握れる1台ですね。

もちろん、走りの1台となれば欠かせないスポーツサスペンションもバージョンS専用チューニングのエアサスを採用しており、近所に所要で出かける程度から、長距離高速クルージングまで全てのシーンで満足できる大型スポーツセダンである事は間違いありません。


 ーこれまでよりも高く売却できる方法ー

「90万円」高い売却に成功! K様



コメント:
愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。 330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。
改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています。

高く売却できる『おまかせ出品』

価格の交渉ができるかも!?

詳細&査定はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら

手洗い洗車のサブスクリプションサービス「RACCOON」!



月額5,980円(税抜)で手洗い洗車を利用し放題! コイン洗車やセルフ洗車に比べて高価なプロの手洗い洗車をより気軽に利用してもらうために、サブスクとしてサービスを開始しました。

全ての人に手洗い洗車を

申し込み・予約はこちら