国産エンジン史スポーツカーその3・E型からU型へ。ジャジャ馬時代のフェアレディ

国産車のエンジンの歴史をジャンル別にヒモ解き、簡単にその特徴を解説していくシリーズ「国産エンジン歴史シリーズ」スポーツカー編、その3は現代のスポーツカーにもその名を残す「フェアレディ」がいよいよ登場。エンジンがいよいよフレームを追い越し始めます。


エンジンとシャシー、足回りのイタチごっこが始まるSPL212「フェアレデー」

試験的に販売されたダットサン・スポーツ1000に続き、いよいよ現在にもその名が続く古参日産スポーツカーが登場します。

1960年1月登場のその名もダットサン・フェアレデー。

最初はまだ「フェアレディ」じゃなかったんですね。

まだまだトラックシャシーに四輪リーフリジッドのサスペンションと「ダットサンDC-3」以来の古いトラック流用…どころか、トラックの方がダブルウィッシュボーンと縦置きトーションバースプリングを使ったフロント独立懸架になってたので、乗用車の方が「トラックのお下がり」でしたが。
そこは当時どんなクルマが最優先だったかがわかるエピソードでもあります。

ともあれ、SPL212およびSPL213フェレデーのエンジンは、ベース車の更新(ダットサン210からダットサン310型・初代“ブルーバード”へ)により、そのエンジンが搭載されました。

直列4気筒OHV1.2リッターのE型エンジンです。

ビートルに対抗したダットサンのE型エンジン

ダットサン・スポーツ1000に搭載されていたB型(元は日産オースチンA50ケンブリッジ用エンジンのショートストローク版)のロングストローク版ですが、ブルーバード用の43馬力に対して、ツーバレルキャブレターを装着したSPL212/213フェアレデーでは48馬力にパワーアップされていました。

一度は日本の国情に合わせてショートストローク化、小型タクシー用1リッターエンジンとして完成したB型エンジンが、短期間で1.2リッターに再ストロークアップしたのには理由があります。

当時北米市場でのライバルはフォルクスワーゲン タイプ1、すなわち“ビートル”であり、その空冷フラット4エンジンが1.2リッターから30馬力を発生していた事に対抗したものです。

もっとも、1960年代に入って1.3リッター、1.5リッターと拡大していきましたので、日産は一歩遅れて追従していた事になります。

そのビートルを追いかけていたブルーバードのスポーツカーモデルと言えたのがフェアレデーでしたが、ビートルをベースとしたスポーツカー、カルマンギアと似た関係だったかもしれません。

なお、エンジンはブルーバードともどもその年のうちに改良されて“E1型”となり、ブルーバードの55馬力に対して60馬力に達しました。

この頃のトヨペット クラウン(初代)のR型4気筒OHV1.5リッターエンジンが48馬力でしたから、当時の日産はブルーバードでクラウン以上のハイパワーエンジンを積んでいた事になります(もっとも、当時は1.9リッターOHVで90馬力のクラウン デラックスが登場していましたが)。


 ーこれまでよりも高く売却できる方法ー

「90万円」高い売却に成功! K様



コメント:
愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。 330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。
改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています。

高く売却できる『おまかせ出品』

価格の交渉ができるかも!?

詳細&査定はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら

手洗い洗車のサブスクリプションサービス「RACCOON」!



月額5,980円(税抜)で手洗い洗車を利用し放題! コイン洗車やセルフ洗車に比べて高価なプロの手洗い洗車をより気軽に利用してもらうために、サブスクとしてサービスを開始しました。

全ての人に手洗い洗車を

申し込み・予約はこちら