一度はこのジープとトレーラーでキャンプに行ってみたい

コアなファンからのキャンピングカーの人気は衰えることはありませんが、これは別格ではないのでしょうか?


自然を感じるには最高の組み合わせ

ラリーシャンクは1953年のジープCJ-CBと1947年式のカスタムキャンパーモデル、ティアドロップと共に成長してきました。

このジープとキャンパーは彼の父親が元々購入した物で、彼が18歳になった時に父親から譲り受けたものだそうです。

現在のアメリカ南西部は、彼の子供の頃と違い人口が少なくなっており、昔のようにキャンプを楽しむ人も少なくなってきました。

シャンクには家族がいない為、彼の思い出のジープとトレーラーを売るのではなく、博物館の寄贈先を探しています。

そして寄贈先が見つかるまで、彼は子供の頃の思い出に浸りながら色々な場所でキャンプをしています。

この動画を見ると一度こんなキャンプをしてみたいと思わせてくれる動画となっているので是非一度ご覧ください。

This Guy's Jeep And Trailer Combo Are Perfect For Camping And Vodka Shots
This Guy’s Jeep And Trailer Combo Are Perfect For Camping And Vodka Shotswww.carbuzz.com

 ーこれまでよりも高く売却できる方法ー

「90万円」高い売却に成功! K様



コメント:
愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。 330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。
改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています。

高く売却できる『おまかせ出品』

価格の交渉ができるかも!?

詳細&査定はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら