異例事態!テスラの電気自動車が日本の市役所と警察車両として採用

みなさんは、テスラ・モーターズをご存知ですか?実はアメリカの電気自動車メーカーであるテスラが日本の市役所で公用車として採用されました。また、世界を見ればガソリン車が普及していた警察車両にもテスラが使用され、ますますテスラ・モーターズの勢いが増してきていることがわかります。今回は、テスラ・モーターズの基本情報を踏まえながら、日本の市役所と海外の警察車両でテスラが採用された理由を紹介します。

テスラ・モーターズとは

テスラ・モーターズとは、自動運転といった先進テクノロジーと電気自動車に特化したアメリカの自動車メーカーです。

テスラは、2003年に創業されシリコンバレーを拠点としています。社名は、発明家のニコラ・テスラから由来しており、ロゴもテスラの頭文字と電気モーターのローター部品の形を表したものです。

テスラは自動車業界という大きな市場の中ではまだ歴史が浅いです。しかし、電気自動車を普及させる先駆けとして成長し、特徴あるデザインからアメリカだけではなくヨーロッパや中国でも人気を博しています。CEOのイーロンマスク氏は、実業家としても有名で宇宙ロケットの民間事業を担う「スペースX」と混雑緩和のための地下トンネルの開通をめざす「Boring Company」でも世間を騒がせています。

現在のラインナップは4種類

成長速度が異常に早いテスラ・モーターズのラインナップは、スーパーカーの「Roadster」、フラッグシップセダンとなる「モデルS」、コンパクトセダンとして販売されたばかりの「モデル3」、SUVの「モデルX」の4種類です。
さらに先日、「モデルY」というコンパクトSUVの販売がアメリカで行われ、既存の日本メーカーやドイツメーカーの販売台数を凌ぐ勢いまで成長しています。
テスラについての詳細はコチラ ▶︎

テスラが日本の市役所で採用!

今回、テスラを導入したのは千葉県市川市で、市長と副市長の公用車として採用されました。採用されたテスラ・モーターズの電気自動車は、高級セダンの「モデルS」とスポーツSUVで3列シート6人乗りの「モデルX」。ともに1100万円近い価格帯の高級自動車です。

通常、公用車は自国の産業を活性化させるため自国内のメーカーのクルマが採用されます。そのため、今回は異例な措置として市川市だけではなく日本全国で注目を集めています。

1100万円の高級自動車を導入する理由

今回、約1100万円のテスラを採用した理由として、市川市は電気自動車の普及啓発のためと回答しました。また、市長も「電気エネルギーといった新しい方向性を市が先進的に示していく」と挨拶し、市川市は環境重視の姿勢をより明確に打ち出すことを目的にテスラを導入したと考えられます。

テスラの公用車採用は、市川市のほかにも米アメリカのカリフォルニア州やマレーシアでも行われており、今回の採用はそれらを見習った先進的な取り組みです。しかし、多くの人は環境への配慮であれば国産メーカーの日産「リーフ」やトヨタ「プリウス」でも良いのではと疑問に感じるでしょう。その答えとして、今回のテスラの導入は市民に注目を持たせて、環境への配慮を示すことを重要視しているため、国産メーカーの電気自動車では、市民の注目を集めにくいのではないかと考えられます。

高額リースに批判の声も相次ぐ

今回採用されたテスラは、現在公用車として利用されている車種よりも月額で約6万8千円高いものの、燃料代や燃費の点を踏まえれば維持費は安くなると考えられています。
しかし、1100万円の米メーカーの高級車を導入することで、自治体の事務処理の規定における「最少の経費で最大の効果を上げるようにしなければならない」という条項に抵触する可能性があります。このような理由から、市議会が見直しを求める決議案を提出しました。


 ーこれまでよりも高く売却できる方法ー

「90万円」高い売却に成功! K様



コメント:
愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。 330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。
改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています。

高く売却できる『おまかせ出品』

価格の交渉ができるかも!?

詳細&査定はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら

手洗い洗車のサブスクリプションサービス「RACCOON」!



月額5,980円(税抜)で手洗い洗車を利用し放題! コイン洗車やセルフ洗車に比べて高価なプロの手洗い洗車をより気軽に利用してもらうために、サブスクとしてサービスを開始しました。

全ての人に手洗い洗車を

申し込み・予約はこちら