超小型車の時代・「サイクルカーからバブルカーまで」

超小型車が再び脚光を浴び始めている中、一人乗りでちょっとした荷物を積める程度で十分でさらにEVの登場でガソリンも不要な現代的な超小型車がデビューしています。ではそのルーツはどこなのでしょうか?

超小型車の始祖はどこに求める?

 

現在の「車が増えすぎた都市における、軽便な自力移動手段」としての超小型車の始祖をどこに求めるかは、議論の分かれるところです。

そもそも自動車が増えすぎて困るようになった時代から始めようとしても、実はそういう時代ほど「一般庶民にも自動車が手が届くようになった」結果としてそのような状況が起きているので、超小型車はむしろ消えゆく存在だったのです。

かといって、ただ小さくて安い自動車が元祖かというと、軽自動車の先祖のようにも思えます。

ただ、日本の軽自動車規格というのは、国民に広く自動車というものを普及させる、日本の通産省が推進した「国民車構想」が下敷きになって発展したものであり、シティコミューター的な存在ではありません。
(むしろ1920年代のT型フォードや、ナチス・ドイツが作ったフォルクスワーゲン「ビートル」がそれに当たるでしょう)

となれば、「自動車として十分な性能は持たないが、モーターサイクルよりは移動手段としての快適性が高い」そんな車が、超小型車の始祖と言えそうです。

ごく初期の超小型車「サイクルカー」

19世紀末に自動車が開発された初期から、富裕層が乗る大型車(高級車)と、「ボワチュレット」と呼ばれる安価な軽量乗用車には明確な差がありましたが、双方ともに「自動車らしい自動車」には違いが無く、より安価で軽便な移動手段としての車が求められました。

その結果生まれたのが、モーターサイクルのエンジンや駆動系を使いつつ、四輪のタイヤ(場合によっては後輪はモータサイクル同様の一輪としたスリーホイラー)を持ち、自動車のように座席を持っていた、主に2人乗り(並列またはタンデム)の小型車「サイクルカー」です。

それが生まれた1900年代から1920年代という時代は、まだ「街に車が溢れる」という時代では無かったので、単純に税金も車両価格も安い軽便かつ快適な移動手段、というポジションでした。

1912年には欧米で統一規格が決められ、スポーツカーまで製作されて、サイクルカーGPなるレースまで開催されています。

そういう意味では後の日本の軽自動車に似ていますが、サイクルカーは「もっと自動車らしく、そして安価」な自動車、つまりT型フォードや、それを範とした低価格車の登場でその存在意義を失い、1920年代で一旦その歴史の幕を閉じます。

ヨーロッパで戦禍からの復興を支えた「バブルカー」


 ーこれまでよりも高く売却できる方法ー

「90万円」高い売却に成功! K様



コメント:
愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。 330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。
改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています。

高く売却できる『おまかせ出品』

価格の交渉ができるかも!?

詳細&査定はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら

手洗い洗車のサブスクリプションサービス「RACCOON」!



月額5,980円(税抜)で手洗い洗車を利用し放題! コイン洗車やセルフ洗車に比べて高価なプロの手洗い洗車をより気軽に利用してもらうために、サブスクとしてサービスを開始しました。

全ての人に手洗い洗車を

申し込み・予約はこちら