駆動方式による違い | 4WDのメリットデメリット

車を買う際にどの車がいいか迷いますよね。正直どれも良くて、なんとなく値段や燃費、ぱっと見の見た目などで判断しがちです。しかしそんな車選びをする中で大事になってくることの中に、駆動方式選びがあります。これは車の構造をエンジンの位置と駆動輪の位置から分類したものです。それぞれで走りの特性が違う駆動方式には大きく5つあり、FR(フロントエンジン、後輪駆動)、FF(フロントエンジン、前輪駆動)、4WD(四輪駆動)、MR(ミッドシップエンジン、後輪駆動)、RR(リヤエンジン、後輪駆動)です。しかし車の駆動方式には、走行性能などの数字の違いだけでなく、これらにはそれぞれ個性があり、メリット・デメリットがあります。今回はそれぞれの駆動方式の特徴、そしてメリットとデメリットをご紹介するコーナー第3弾として、近年普及が進んでいる注目の『4WD』(四駆)をご紹介します。

もともとはSUVなどに広く採用されてきた4WDですが、近年はセダンやクーペーなど様々なボディタイプにも採用されてきています。今回はそんな4WDの本質に迫ります。

4WDとは

『4 Wheel Drive(4駆)』の略である4WDの車は、全てのタイヤが動いています。車についてあまり詳しくない方なら『当たり前でしょ』と思う人もいるかもしれませんが、実は現代の車はそのほとんどが前輪のみを動かして動いていて(FF)、後輪は動いていないことが多いのです。ちなみに、逆に後輪のみが動いている場合もあり、そちらはスポーツカーなどに広く採用されています(FR、MR、RR)。

しかし今回ご紹介するのは、全てのタイヤが駆動する、4WD車です。4WD車といっても色々な種類があります(後述します)が、多くを占めるタイプの構造としては、前輪と後輪の両方に駆動トルクを与え、前後輪の回転の差を調整する装置である『電子制御カップリング』や『センターデファレンシャル』という装置を通じてエンジンからの回転力を伝えていくというものです。4輪駆動は、2輪しか駆動しないその他の駆動方式より使用するエネルギーが多いため燃費が劣りますが、悪路での走破性が高く、構造上スリップしづらいので走行中の安定性が高いこともあり、山道などを走るSUVなどに広く採用されています。

ちなみに4WDは時にAWD(All Wheel Drive)という呼び方をされることがありますが、AWDは6輪の重機なども対象になってくるので、タイヤが4つの自動車においては4WDという呼び方が正しいと言えるでしょう。

4WDの種類

ご存知の方も多いかと思いますが、実は単に4WDと言っても色々な種類があり、それも各メーカーによって特徴が微妙に異なるため、種類分けが非常に難しいのですが、基本的には大きくくくると3つあると考えます。

①パートタイム4WD

最も古典的で、優れた悪路走破性を見せるのが、パートタイム4WDです。パートタイム4WDは、通常は2WD(2輪駆動)で走行し、必要に応じてドライバーが手動の操作にて4WDに切り替えるというシステムです。手動での操作が面倒だったり、センターディファレンシャルがないことによる舗装路の4WD走行が不安定だったりといったデメリットがあります。しかし、『スズキ ジムニー』や、『トヨタ ハイラックス』といった本格的なオフローダーとして人気の高い車に搭載されていることが多いです。

②フルタイム4WD

パートタイム4WDとは反対に、ドライバーの操作に関係なく、文字通り常に4輪を駆動しているタイプのものです。こちらが、前述したエンジンと前後輪との間にセンターディファレンシャル(駆動を全輪に伝える機構)を備えて4輪を動かしている4WDです。現代は、4WD車の多くが電子制御化されており、走行状況や路面の状況に合わせて、前後の車輪へ配分するトルクを変化させることが可能になってきています。日本車でのフルタイム4WD搭載車はまだまだ数が少ないですが、『WRX STI』や『レヴォーグ』などのスバル車や、『トヨタ ランドクルーザー』などが挙げられるかと思います。

③スタンバイ4WD

スタンバイ4WDは、通常時は2WDで走行し、4WDが必要な時だけ自動で4WDに切り替わる方式です。その特性から、『オンデマンド4WD』と呼ばれることもあります。スタンバイ4WDは現在最も一般的な4WDシステムになっていて、フルタイム4WDとの大きな違いは、センターディファレンシャルがなく、『電子制御カップリング』によるトルク配分が行われるという点です。メカニズムはいたってシンプルで、基本となる2WDシステム(FFもしくはFR)から、電子制御カップリングを介して、もう一方の車軸へトルクを取り出すというものです。もともとは『ビスカスカップリング』という機械式のものだったため、タイムラグがあるなどかなり精度は低いもので、『生活4WD』とも呼ばれるほどの低い精度のものでした。しかし近年の電子制御カップリングの発達により、自由にトルク配分を変化させたり、制御の自由度が高いものが多くなった今、センターディファレンシャル付きのフルタイム4WDのシェアを切り崩しています。近年新型として販売されている4WDはそのほとんどがスタンバイ4WDです。その他では、近年ではスタンバイ4WDをスーパーカーに採用しているケースもあります。例えばBMW M5(F90)はFRベースのスタンバイ4WD(xDrive)で、直線の加速時は全輪を動かして4WD走行による安定性を実現しつつ、コーナリング時ではシステムが感知してトルクの100%を自動的に後輪に与え、クイックなレスポンスを実現しています。

このように、4WDといっても様々な種類があることがお分かりいただけたかと思いますが、今回はそんな4WDすべてに共通するメリットやデメリットもご紹介していけたらと思います。

4WDのメリット

4WDのメリットには以下のようなものがあります。

①雪道や坂道など悪路での走破性が高い

これはFR駆動の紹介記事でもご紹介しましたが、2WD(2輪駆動)の場合、特に雪道や凍結した道路などといった滑りやすい道での運転は非常に危険です。しかし4WDなら、全てのタイヤが動いているので滑りにくいうえに深い雪や水たまりの中でも路面を捉えやすく、非常に安定した走行が期待できます。そのため、雪の多い地域に住む方にとっては4WD車がありがたい存在であるといえます。

②アウトドアやオフロード走行に向いている

また、この4WDの特性は、雪国以外に住む方にとっても非常に重宝できるものです。4WD車は、基本的に車高も高く設定されている場合が多く(SUVやクロスカントリーに多く採用)、山や岩だらけの道など、完全なオフロードでの走行において大きな力を発揮します。そのため、首都圏などに住んでいる方でも、週末山へキャンプに行くことが多い方などにとって、この4WDが大きな力になるでしょう。

③走行の安定性が高い

また、これはFF駆動の車にも言えることですが、4WDは4輪全てにエンジンの力が伝わるので走行安定性の高さと高速走行時の加速力が優れています。そのため横転しずらい仕組みになっていることもあり、積雪やアウトドアに関係なく、安全性にこだわる人にとっては大きな魅力です。このメリットは、前述のように近年のスポーツカーやスーパーカーに4WDが採用されていることと繋がっています。なぜならスーパーカーの最大出力は、年々大きくなっていて、もう2WDでは手に負えなくなりつつあるからです。例えば世界最速といわれるブガッティ シロンの馬力は1500psで、駆動方式は4WDです。4WDシステムを駆使し、プライベートジェットのごとき加速感と最高速420km/hを実現しているのです。

4WDのデメリット

そして、そんな4WDのデメリットにはこのようなものがあります。

①車両価格が比較的高め

4WDは、2WDよりも構造が複雑な分、開発にも整備にも手間がかかります。そのため車両本体価格が高くなってしまう傾向にあります。ちなみにマツダのCX-5を例に挙げると、ディーゼルモデルのエントリー車では、2WDが288万円で4WDが311万円と20万円ほど差があります(参考:https://www.mazda.co.jp/cars/cx-5/grade/)。さらに言えば、整備の手間も2WDよりかかるということで、一般的には維持費が高くなることも視野に入れて購入しなければいけません。

②燃費が悪くなりがち

また、2WDに比べて複雑な構造であるため、車体重量が大きく、さらには4輪を動かす必要があるので、燃費性能が比較的悪いです。ちなみに最近の4WD車は昔に比べるとシンプルで軽量な構造のモデルが多くなっているので、極端に燃費が悪いとは言い切れませんが、同じ車種の2WDと4WD同士で比べた場合では少なからず差が出ることはほぼ確実でしょう。

③街乗りでは手持無沙汰な性能

4WDの車は4輪とも駆動しているため、小回りが利きにくい性能を持っています。それに加えて、前述の通り車両重量も比較的重いため、ブレーキが利き始めてから停止するまでの制動距離が長くなる傾向にあります。そういった特性から、街乗りなど右左折やストップアンドゴーが多い場所でのドライブには比較的向かない傾向にあります。

4WD車はこんな人におすすめ

今回は4WDの特徴とメリットデメリットまでご紹介しました。

 クルマの相談所



クルマに特化したQ&Aサービス「クルマの相談所」β版の提供を開始しました!

本サービスは、クルマに関するあらゆる悩みや質問を投稿、回答することが可能です。

故障やメンテナンスについてわからないことはクルマの相談所で質問しましょう! 質問と回答はこちら

 ーこれまでよりも高く売却できる方法ー

「90万円」高い売却に成功! K様



コメント:
愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。 330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。
改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています。

高く売却できる『おまかせ出品』

価格の交渉ができるかも!?

詳細&査定はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら