駆動方式による違い|FRのメリットデメリット

車を買う際にどの車がいいか迷いますよね。正直どれも良くて、なんとなく値段や燃費、ぱっと見の見た目などで判断しがちです。しかしそんな車選びをする中で大事になってくることの中に、駆動方式選びがあります。これは車の構造をエンジンの位置と駆動輪の位置から分類したものです。それぞれで走りの特性が違う駆動方式には大きく5つあり、FR(フロントエンジン・後輪駆動)、FF(フロントエンジン・前輪駆動)、4WD(四輪駆動)、MR(ミッドシップエンジン・後輪駆動)、RR(リヤエンジン・後輪駆動)です。しかし車の駆動方式には、走行性能などの数字の違いだけでなく、これらにはそれぞれ個性があり、メリット・デメリットがあります。今回はそれぞれの駆動方式の特徴、そしてメリットとデメリットをご紹介するコーナー第1弾として、代表的な駆動方式の1つである『FR』をご紹介します。

駆動方式の中でも車好きからの人気が高いFRですが、その特徴とメリットデメリットをご紹介していきます。

FRとは

FRとは、フロントエンジン・リアドライブ(Front engine Rear drive)の頭文字の略語で、車の前部にエンジンが位置し後輪を駆動させる方式のことをいいます。

単に「後輪駆動」とも表記されることも多々ありますし、後輪駆動を意味するリア・ホイール・ドライブ(Rear Wheel Drive)の頭文字から『RWD』と呼ばれることもありますが、エンジンが車体後部にあるRR(リアエンジン・リアドライブ)、エンジンが車体中央部にあるMR(ミッドシップエンジン・リアドライブ)も同じ後輪駆動となるため区別が必要になります。そのため、FRという呼び方が最も一般的です。

FRの車の一番大きな特徴は、前述の通り前輪上部にエンジンが位置しプロペラシャフトとデフ(ディファレンシャルギア)という部品が車体下部を通り、その働きで後輪を駆動させるというところです。そのため、前輪は操縦、後輪は駆動と役割分担ができるということから、多くのメリットが生まれ、スポーツカーや大型のセダンなどに多く採用されています。

ちなみに少し余談ですが、よく比較されるFF(フロントエンジン・フロントドライブ)という前輪駆動の車とは外見の見た目だけで見分けることも可能なことが多いです。FR車はFF車に比べてフロントオーバーハング(前輪より前にはみ出た部分)が短く、ボンネットは長めの構造になっています。そして、キャビン(乗車空間)が後ろ寄りになっています。それは、まず構造上の理由として、エンジンの置き方の違いが挙げられます。基本的にFR車はエンジンを車体の前後方向と平行に(縦置き)、FF車は垂直に(横置き)搭載しています。そのため、FR車には自然とフロントセクションの長さが必要になり、そのような見た目の違いが出るのです。また、FRを搭載するような車には高級輸入車のセダンであることが多いので、そもそもボンネットを長くとり、エレガントなスタイルを演出するケースが多いです。ちなみに自動車業界内では、前席のドアのヒンジ部分から前輪の中心までの距離を『プレミアム・ディスタンス』と呼び、長い方が高い技術力とプレミアム感を示しているとされています。

FRのメリット

そんなFRのメリットにはこのようなものがあります。

①ハンドリングが軽快

前述の通り、FR車は前輪が操縦のみを担い、後輪のみが駆動し車を押す仕組みとなりますのでハンドリングが軽くなります。FF車のように前輪が駆動しながらコーナリングに入るとどうしても切れ角が大きくとられてしまいます。そのため必然的にFF駆動の車よりFR駆動の車の方がハンドリングが軽くなるというわけです。さらに、ハンドリングが軽いということは、同時にコーナリング時の安定性も期待できるので、スピードを落とすことなく曲がることが可能です。その点FF車ではスピードを落とさなければ、前輪のタイヤへの負担が大きくなり安定性を欠くことになります。そのため、運転を楽しみたい方はFRの車に乗ることをおすすめします。

②高出力エンジンに対応しやすい

FR駆動において、前輪は操舵、後輪は駆動を役割分担ができるため、タイヤへの負担も分担できます。そのためタイヤの性能に余裕があることと、そして前述の通りで構造的にボンネットのスペースが広いので大型の高出力エンジンを積むのが容易になります。大排気量の高級車やスーパーカーにもFR駆動が多いのはこのためです。

③タイヤのローテーション回数が少ない

厄介なことに4つのタイヤは、全てが均等にすり減ってくれるわけではありません。そのためしばらく走行すると、タイヤのローテーションが必要になってきます。タイヤのローテーションとは、タイヤの摩耗によってすべてのタイヤが均等にすり減るように、途中でタイヤ同士を入れ替えることです。しかし、FRではその必要がない場合が多いのです。前述の通り、FFでは前輪への負担が大きくなってしまうのでもちろん前輪の摩耗が激しいですが、反対にFRでは前後輪のバランスがとられているのですべてのタイヤが比較的均一にすり減る傾向にあります。そのため、多くのFR車でタイヤのローテーションの必要がない場合があります。

④ドリフト走行がしやすい

そもそものドリフトの基本的な方法ですが、車両の旋回中にサイドブレーキを操作して後輪にブレーキを掛けるか、エンジンパワーを多く伝達するなどして、後輪を滑らせます。そして後輪が滑ることにより車体後半部が流れ、前輪を中心に弧を描くような軌跡を辿ります。そこでステアリングやアクセルを操作して、横滑り状態に移行し、この状態を維持することで、通常のステアリング操作による車両の制御の場合よりもコーナリングを素早く駆け抜けることができます。


 ーこれまでよりも高く売却できる方法ー

「90万円」高い売却に成功! K様



コメント:
愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。 330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。
改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています。

高く売却できる『おまかせ出品』

価格の交渉ができるかも!?

詳細&査定はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら

手洗い洗車のサブスクリプションサービス「RACCOON」!



月額5,980円(税抜)で手洗い洗車を利用し放題! コイン洗車やセルフ洗車に比べて高価なプロの手洗い洗車をより気軽に利用してもらうために、サブスクとしてサービスを開始しました。

全ての人に手洗い洗車を

申し込み・予約はこちら