第1種運転免許の種類の解説9つ|免許の取得にかかる費用と期間5つ

車の運転免許を取得するには、ある程度の費用や期間が必要となります。そのため、自動車免許を取得するには、事前にしっかりと計画を立てることが重要です。また、取得する運転免許によって、必要な費用や期間、乗れる車の種類が異なることにも注意しておきましょう。

運転免許の区分と種類について

公道で車を運転するためには免許を取得する必要があります。しかし、車の免許には多くの区分や種類があり、運転する車に合った免許を取得しないと、運転したい車を運転することはできません。また、車の免許取得には安くない費用がかかります。そのため、運転したい車がある場合には、しっかりと事前に免許の種類や区分、免許取得にかかる費用などを調べておく必要があります。

第1種運転免許の種類の解説9つ

車の免許は「第1種運転免許」と「第2種運転免許」に大きく分けることができます。「第2種運転免許」はバスやタクシーなどで顧客を乗せたり、運転代行で顧客の代わりに車を運転したりなどの旅客運送が目的で車を運転する場合に必要な免許となります。しかし、自家用車や、会社の営業車などの一般的な車であれば「第1種運転免許」で運転できます。しかし、「第1種運転免許」の中でも、さらにその種類は細かく分かれています。

第1種運転免許の種類の解説1:大型自動車免許

第1種運転免許の大型自動車免許では、車両総重量が11トン以上、最大積載量が6.5トン以上、乗車定員が30人以上の大型自動車を運転することができます。ただし、第1種運転免許では運賃をもらって人を乗せることはできないので、主に貨物などを運ぶ際に使われる大型トラックなどを運転される方が取得されます。また、取得には21歳以上で普通免許経歴3年以上という条件を満たす必要があります。

第1種運転免許の種類の解説2:中型自動車免許

第1種運転免許の中型自動車免許では、車両総重量が11トン未満、最大積載量が6.5トン未満、乗車定員が29人以下の中型自動車を運転することができます。ただし、中型自動車免許でも運賃をもらって人を乗せることはできないので、主に貨物などを運ぶ際に使われる中型のトラックなどを運転される方が取得されます。また、取得には20歳以上で普通免許経歴2年以上という条件を満たす必要があります。

第1種運転免許の種類の解説3:準中型自動車免許

第1種運転免許の準中型自動車免許では、車両総重量が7.5トン未満、最大積載量が4.5トン未満、乗車定員が10人以下の中型自動車を運転することができます。準中型免許は2017年3月に運転免許制度の改正によって新しくできた区分です。運転免許の制度は2007年にも大きな改正が行われていて、普通自動車免許を取得した時期によっては「8トン限定中型免許」という区分になっている人もいるので注意が必要です。

第1種運転免許の種類の解説4:普通自動車免許

第1種運転免許の普通自動車免許では、車両総重量が3.5トン未満、最大積載量が2トン未満、乗車定員が10人以下の中型自動車を運転することができます。準中型自動車免許と普通自動車免許は18歳以上であれば取得が可能となります。また、普通自動車免許は取得した時期によって「8トン限定中型免許」となっている人もいますが、「5トン限定中型免許」となっている人もいるので注意しましょう。

第1種運転免許の種類の解説5:大型特殊自動車免許

大型特殊自動車とは、ブルドーザーやショベルカー、クレーン車などの一般の車とは役割が異なる車両のことです。これらの大型特殊自動車を運転するためには大型特殊自動車免許が必要となります。大型特殊自動車免許を取得することで運転できるようになるのは、大型特殊自動車と小型特殊自動車、原付だけです。そのため、普通自動車免許などとは別で免許を取得する必要があります。

第1種運転免許の種類の解説6:大型自動二輪車免許

大型自動二輪免許で運転できるのは自動車ではなくバイクです。大型自動二輪はエンジンの排気量が400ccを超える大型のバイクで、その運転方法は自動車とは大きく異なります。そのため、普通自動車免許などとは別で免許を取得する必要があります。また、大型自動二輪免許を取得するための条件として、普通自動二輪免許を取得しているということを条件にする自動車教習所も多くあります。

第1種運転免許の種類の解説7:普通自動二輪車免許

上記で述べた通り、大型自動二輪車免許の取得のために、普通自動二輪車免許の取得をしなければいけないということも多いです。普通自動二輪車免許で運転できるのは、エンジンの排気量が50ccを超えて400cc以下の中型バイクです。また、50cc以下の原付も運転することができます。大型自動二輪車免許は満18歳以上から取得可能ですが、普通自動二輪車免許は満16歳以上から取得は可能となっています。

第1種運転免許の種類の解説8:小型特殊自動車免許

大型特殊自動車免許があると、ブルドーザーやクレーン車などの大きな特殊車両を運転することができます。しかし、特殊車両には小型の物もあります。具体的には主にトラクターなどの農作業用の車両です。小型の特殊車両しか運転しないという場合には、小型特殊自動車免許で運転することができます。小型特殊自動車の条件は、全長4.7m以下で全幅1.7m以下、全高は2.8m以下、最高時速は農作業用であれば時速35km未満、それ以外は15km以下となっています。

第1種運転免許の種類の解説9:原動機付自転車免許

原動機付自転車免許で運転できるのは、いわゆる原付です。原付は50cc以下の原動機付自転車を指すことが多いですが、法規上の条件を満たせば3輪や4輪車でも原付に該当することがあります。原動機付自転車免許は満16歳から取得可能で、最短1日で取得することもできます。また、原付は他の車に比べると安価であったりもすることから、移動手段として便利で、手軽に取得できる免許として人気が高いです。

第1種運転免許の種類の解説:牽引免許

大型の貨物自動車の中には、車体部分と荷台や客車が分離できるような構造になっている物があります。このような車を運転して、自走しない荷台や客車を牽引するとき、その車両総重量が750kgを超える場合には牽引免許が必要となります。逆に、牽引する車の重量が750kg未満であれば、牽引免許がなくても牽引することはできます。ただし、当然ながら運転する側の車の免許は必要となります。

主な運転免許の取得にかかる費用と期間5つ


 ーこれまでよりも高く売却できる方法ー

「90万円」高い売却に成功! K様



コメント:
愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。 330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。
改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています。

高く売却できる『おまかせ出品』

価格の交渉ができるかも!?

詳細&査定はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら

手洗い洗車のサブスクリプションサービス「RACCOON」!



月額5,980円(税抜)で手洗い洗車を利用し放題! コイン洗車やセルフ洗車に比べて高価なプロの手洗い洗車をより気軽に利用してもらうために、サブスクとしてサービスを開始しました。

全ての人に手洗い洗車を

申し込み・予約はこちら