2020年の新型ミニクーパーの魅力5つ|ミニクーパーモデルの将来

今回発表されたミニクーパーの新モデル、MINIジョンクーパーワークスは、ワークスGPとしては3代目となるモデルで、限定3000台の販売が予定されています。この記事では、そんな新型MINIの魅力についてご紹介してきますので参考にして見てください。

2020年のミニクーパーの新型

ビー・エム・ダブリュー株式会社は、2020年2月にミニクーパーの新型限定モデルである「MINI John Cooper Works GP(ミニジョンクーパーワークスGP)」を国内で初披露しました。販売台数は世界限定3000台となっており、日本への割り当て分は240台で、納車は2020年の夏頃より順次スタートされます。

ミニジョンクーパーワークスGPとはどんな車?

今回発表されたミニクーパーの新モデル、ミニジョンクーパーワークスGPですが、ワークスGPとしては「ジョンクーパーワークスGPキット」「ジョンクーパーワークスGP」に続いて三世代目となるモデルです。これは過去モデルが正式発表よりも前に完売した実績を受けて、3000台の限定生産へとボリュームアップした形となります。この記事では、そんなミニジョンクーパーワークスGPの特徴や魅力、性能などを紹介します。

本体価格

ミニジョンクーパーワークスGPの車両価格は日本円にして576万円で、スペックアップにより前モデルから上昇した価格になっています。前モデルのミニクーパー「ジョンクーパーワークスGP」は日本円にして460万円で販売されましたが、現行世代のベースであるジョンクーパーワークスの8速ATモデルが450万円であるため、最高峰モデルとなる新型ジョンクーパーワークスGPは日本で576万円に設定されました。

基本性能

最新型のミニクーパーであるミニジョンクーパーワークスGPは、日常生活での走りにも対応可能な、公道も走れるレーシングカーとも呼べるスポーツモデルです。先代のジョンクーパーワークス同様、リアシートは付けず、フロントシート後方にはクロスバーがボディ剛性増強のために加えられています。ここでは、簡単にミニジョンクーパーワークスGPのスペックを紹介します。

駆動方式 前輪駆動
最大トルク 450Nm
最高速度 265km/h
排気量 1998cc

2020年の新型ミニクーパーの魅力5つ

歴代のGPシリーズでは「ジョンクーパーワークスGPキット」「ジョンクーパーワークスGP」を2000台限定で発売してきましたが、いずれも正式発表前には完売しており「即完売」の看板をあげてきました。そして、今回発表されたミニクーパー最新モデルも、その実績から3000台の限定生産へとボリュームアップしましたが、それでも完売必至でしょう。ここからは、新型モデルの人気の理由である魅力について紹介していきます。

魅力1:3ドアハッチバックである

新型のミニクーパーモデルは、3ドアハッチバックをベースとした専用デザインのエクステリアを採用しました。また、空力特性に優れた形状のエアロダイナミクス性能を追求しており、大型の前後バンパーや「GP」のロゴがある大型のルーフスポイラーを装備しています。歴代の3ドアハッチバックのGPと比較すると、今回のGPはベースモデルよりも最高出力を75PSアップした306PSで、歴代最高の出力を誇ります。

魅力2:高い車体剛性

 クルマの相談所



クルマに特化したQ&Aサービス「クルマの相談所」β版の提供を開始しました!

本サービスは、クルマに関するあらゆる悩みや質問を投稿、回答することが可能です。

故障やメンテナンスについてわからないことはクルマの相談所で質問しましょう! 質問と回答はこちら

 ーこれまでよりも高く売却できる方法ー

「90万円」高い売却に成功! K様



コメント:
愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。 330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。
改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています。

高く売却できる『おまかせ出品』

価格の交渉ができるかも!?

詳細&査定はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら