ドライブレコーダーのおすすめの選び方について|ベテラン整備士が教えます!

最近テレビなどのメディアで頻繁に取り上げられている、あおり運転や高齢者の事故など、痛ましい事故や事件を沢山耳にすると思います。事故に合わない、事故を起こさないのが一番いいのですがもしもあおり運転や危険運転の被害にあってしまった時、証拠として残り身を守ってくれるのがドライブレコーダーです。

今一番注目されているカー用品で量販店や通信販売などで沢山の種類が販売されていますが、種類がありすぎて正直どれを選べばいいかわからないですよね、今回はドライブレコーダーを選ぶにあたってのポイントをお話していきます。

画質と画素数

チェックしておきたいのは画質と画素数です。種類も豊富ですが、値段もピンキリです。シガーソケットに差し込むだけの安く簡易的なドライブレコーダーもありますが、あまり画質や画素数が悪いと証拠には十分な映像が撮れていない場合などがあります。まず画質というのは映像の質の事で、ナンバープレートや細かな所まで鮮明に映らなくては確固たる証拠にはならなので画質が良いものを選んだ方がいいでしょう。フルHD(フルハイビジョン)以上が最近では最低限とされています。画素数とは画像を構成する画素の数で、縦と横の画素数の積で表されていて大体200万画素以上あれば、鮮明に映ると言われています。

撮影範囲

撮影される範囲も重要になります。撮影範囲が広範囲の方が色々な証拠を撮れます。車のサイズにもよりますが、左右上下、なるべく範囲が広いものが良いと思います。ドライブレコーダーのタイプには、エンジンをかけると同時に撮影を始めるタイプや停車時でも車に振動や急ブレーキを感じると撮影を始めるタイプなどがあります。これは、駐車場などで当て逃げや、イタズラ等の証拠になるので便利です。

音声

映像だけでなく、音声も録音できるタイプもお勧めです。音声の中にも、声や自動車の音など大切な証拠が沢山残るので重要になってきます。映像のみ録画のドライブレコーダーも沢山ありますが、音声対応を選ぶのをお勧めします。そしてできれば前後2カメラタイプを選ぶと良いでしょう。前方の事故だけでなく、後方からの追突事故やあおり運転には後方カメラが重要になってきます。

明るさ自動調整

最近の信号がどんどんLED化されているので信号の色が鮮明にわかる様にLED対応されているもの、HDRがおススメです。HDRとは、スマートフォンなどでも備わっているハイダイナミックレンジのことを言い、明るさを自動調整してくれて、白い部分と黒い部分を鮮明に映し出してくれる機能が備わっているものです。

まとめ

今は様々な種類のドライブレコーダーがあり、沢山の機能がある中から選ぶことになります。金額も5000円代から30000円代まで幅広くなっています。

シガーソケットに差し込むだけの簡易タイプならば自分で差し込みができ、値段も比較的お安いので見た目をあまり気に無しないならばおすすめです。その場合、専門店などに依頼せずに装着する事は可能です。


 ーこれまでよりも高く売却できる方法ー

「90万円」高い売却に成功! K様



コメント:
愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。 330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。
改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています。

高く売却できる『おまかせ出品』

価格の交渉ができるかも!?

詳細&査定はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら

手洗い洗車のサブスクリプションサービス「RACCOON」!



2019年11月グランドオープン!

申し込み・予約はこちら