メルセデスのAMG拡大戦略は、ちょっと行き過ぎか?

最近のAMGは特別感をなくしてしまった。そう思うことはありませんか?

現状を見る限り、そう言わざるを得ません。

ドイツ高級車の御三家と言われるアウディ・BMW・メルセデスベンツは、常にセールスバトルを繰り広げています。

そしてこれらのどのメーカーも、それぞれ高性能車専用の部門をかかえています。

アウディ「A4」なら「S4」、BMW「5シリーズ」なら「M5」や「アルピナB5」、そしてメルセデス「Cクラス」ならば「C63 AMG」という具合に、専用部門が造り上げたトップモデルが存在するわけです。

しかし、その中でもメルセデスに限って言えば、創業時からの変化が一番激しいと言わざるを得ません。

そしてそれは、あまり良い兆候とは言えません。

最大のライバルたるBMWのMパフォーマンスブランドに対抗するため、そしてAMG全体の販売台数を増やすため、メルセデスは限られたモデルにのみ与えられた「AMGスポーツ」の名を切り捨て、その代わり本来のAMGに似つかわしくないモデルを多数、”AMGファミリー”に迎え入れるという戦略を採り入れつつあるのです。

こうなると、もはやAMGの名はこれまで通り機能しなくなります。

もちろん、今後もメルセデス車をベースとして、最速を争う素晴らしいスポーツモデルが出てくることは間違いありません。

それでも、AMGを取り巻く戦略の方向転換は、同部門を完全に変質させてしまったと言うべきでしょう。

AMGはそもそも、メルセデスの標準車をレーシングモデルに限りなく近い車両へと(サーキット用に)チューンする小さい会社からスタートしたものでした。

1980年代半ばより部品供給という形では関係があったAMGとメルセデス・ベンツですが、1993年に初の共同開発車としてC36を発表します。

そして、その後、1999年になると、AMGはダイムラーベンツと契約を交わし、同社の一部門となります。

このクルマがBMW「M3」に挑戦状を突きつけるためにデビューしたことは、自然な成り行きと言えます。

つまり、メルセデスベンツとAMGが、「打倒BMW」の士気を高めるためにタッグを組んだということになり、それは賞賛に値する戦略でした。

もちろんC36 AMGは、多くのパーツをオリジナルのCクラスから流用したものでした。

しかしその目玉は、AMG自身が開発した3.6リットルの直列6気筒エンジンだったのです。

メルセデスとAMGの共同開発車という意味では、成功例でもあり、何より特別の響きを持つモデルでした。

ところがそんな栄光が、新しいAMG戦略によって失われつつあります。

最新型の「AMG C43」は、中身が「C450」とほぼ同じもので、新型トランスミッションを採用した以外には、ネーミングを変えた程度のものになりました。


 ーこれまでよりも高く売却できる方法ー

「90万円」高い売却に成功! K様



コメント:
愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。 330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。
改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています。

高く売却できる『おまかせ出品』

価格の交渉ができるかも!?

詳細&査定はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら

手洗い洗車のサブスクリプションサービス「RACCOON」!



2019年11月グランドオープン!

申し込み・予約はこちら