【海外の交通ルール事情】「流れを見て!」韓国での運転は判断が大切?

日本との違い

左側通行と右側通行

日本と韓国での違いで最初に目につくのは、車道の通行サイドが右側か左側かということです。
日本が左側通行なのに対して、韓国は右側通行を採用しています。日本人としては、幼い頃から「歩くときは右側、車は左側」ということを教わってきているので、戸惑うところです。

交差点でのルール

常時右折が可能

皆さんご存知の通り、日本の交差点では「信号が赤い場合は停車」という絶対のルールがあります。
しかし、韓国では歩行者に気をつけていれば常に右折が可能になります。
日本で言うところの左折に当たりますが、日本と違い信号による指示が少ないため、自分での判断が多くなります。

横の交通に合わせて上手く流れに乗らなくてはなりませんし、日本のように青になるのを待っていると後ろの車に追突されたり、クラクションで急かされたりするかもしれません。かと思えば赤信号時に右折禁止の交差点もありますので、注意が必要です。

左折するタイミング

韓国の左折は、日本で言うところの右折になりますが、日本と違い韓国では信号が青になっても左折が出来ません。
信号機に「←」の左折可能マークが出ている時に左折が可能です。ただし「非保護左折」の表示がある場合は、日本と同様に対向車に注意しながら左折することが可能です。

信号機

信号の表示の順番も違います。
対向車線をまたぐ「左折」が最初に行われ、その後「直進」が可能になります。
その後、「黄」「赤」の順で信号が変わります。

信号機の表示に関しては下記サイトで詳しく書かれていますので参考にしてください。

国民性の違い?

観光で日本を訪れた韓国人のほとんどが日本人の交通ルールを守る姿に驚くようです。
決められた速度内での走行、標識の順守、韓国ではこういった部分の意識が低いとか。


 ーこれまでよりも高く売却できる方法ー

「90万円」高い売却に成功! K様



コメント:
愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。 330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。
改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています。

高く売却できる『おまかせ出品』

価格の交渉ができるかも!?

詳細&査定はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら

手洗い洗車のサブスクリプションサービス「RACCOON」!



2019年11月グランドオープン!

申し込み・予約はこちら