自分の愛車を購入・所有する喜びとは

車を賢く売る方法

自分だけの「愛車」を持つということ。

カーシェアや公共交通の発達などで「車を持つ必要がない」という人が増えています。

仮に買ったとしても売る時の事ばかり考えて好きな車を買わないので、最後は「必要なら乗れればいい」と考えて自己所有である必要性が無くなります。

そこから脱却するのに絶対に必要な、カーシェアやレンタカーでは得られない「車を持つ喜び」とは何なのか?を考えます。

レンタカーやカーシェアリングで出かけますか?

今の世の中では車で出かけたいといっても必ずしも自分で車を持つ必要はありません。
必要とあらばレンタカーを借りても良いですし、都会ならばカーシェアリングもあります。

実際マイカーを持っていたとしても、それで全てをまかなう事はできません。
大人数で出かける時にはミニバンを、荷物を積むならライトバンや軽トラを借りる時もあると思います。

しかし、それでもなお人は車を所有するのはなぜなのでしょう?

愛車とは「自由」の証

最近増えてきている「カーシェアリング」は、とても気楽に「自動車」を使えます。
申し込んでお金を払えば、近くの駐車場に止めてある車を使えるのです。

でも、その車を使いたい時、他の誰かが既に申し込んでしまっていて車に空きが無かったら、あなたはどうしますか?
あるいは、レンタカーならもう少し便利かもしれません。
レンタカー屋さんにはたくさんの車がありますし、自分の希望する車が出払っていても他の車で構わないという事もあるでしょう。
あるいは、前もって頼んでいれば他の営業所から回してもらう事もできます。

しかし、そこまでして乗った車は決してあなたの車ではありません。
初めて乗る車、慣れない感覚の中で、新鮮さも味わえますが不安や疲労感も味わう事になります。
そして「運転なんて疲れるから、たまに借りて乗るだけでいいや。」と思い始めるかもしれません。
それはなぜでしょう?

カーシェアリングや、レンタカーには「自由」がありません。
借りる時も返す時も時計を見ながら限られた時間に追われる事になります。

いつでも好きな時に家からパっと外に飛び出し、エンジンをかければどこまでも行ける、そんな「自由」は無いのです。
だからこそ、人は車を所有します。
愛車とは、あなたが「自由」である事の数少ない証のひとつなのです。

車なんて、「何でもいい」ですか?

車を選ぼうという時があります。

買う時だけではなく、レンタカーでもカーシェアリングでも何でも同じです。
その時に「何でもいいよ。」という人を、誰か一人くらいは見た事があるはずです。

「車が欲しいんだけど何がいいと思う?何でもいいんだけどいい車は無い?」
そんな相談も多いでしょう。

でも、その相談はこんな時と似ていると思いませんか?
「何か食べたいんだけど、何がいいと思う?何でもいいんだけど、おいしいものは無い?」

そこで、あなたがお気に入りのラーメン屋を紹介したとします。
「いや、そういう気分じゃないんだよね、もっと真面目に考えてよ。」
そんな答えが返ってきて、イライラした事はありませんか?

車も同じで「何でもいい。」という事はありえないのです

「車なんて、乗れれば何でもいい。」
と考えているあなたは、振動や騒音で助手席の人と会話もできない車でも平気でしょうか?

それとも30分も乗っていればお尻が痛くなるような車でも大丈夫でしょうか?
7人乗れるけれど、狭くて仕方がない、そんな車も許容できますか?
いいえ、決してそうでは無いはずです。

それならば、もう少し「自分が乗りたい車」の事を考えてみませんか?
その時は、レンタカーを使って乗り比べても構いません。

自動車はどれも同じではなく、色々な個性があります。
だから、どんな人にも「合う車」と「合わない車」があります。

もし、あなたと相性がピッタリの車が見つかり、それでドライブに出かけるのが楽しみになったら。
いえ、遠くに行かなくても、ただ買い物に出かけるだけでも楽しくなったら。

そうしたら、あなたはまたひとつ「自由」を手に入れる事ができます。
「どれでも良かったわけではない、自分にとっての特別な一台」を探してみませんか?

愛車とは、よき友であり、相棒であり、恋人であり、家来でもあり

今から20年ほど前「ワタシの家来!」というキャッチコピーのCMで大人気となったトヨタ・スターレットという車がありました。
車の事を「恋人のように」と溺愛する人の話を聞くと「自分にはそこまでの気持ちは無い」「疲れる」「メンドクサイ」と考えてしまうかもしれませんが、そこまで思いつめなくてもスターレットのように忠実な「家来」でも全然構わないのです。

自分にとことん従順で、都合よく使う事ができる、そんな気軽に付き合える車もたくさんあります。
あるいは、ジャジャ馬のような激しい走りで時々スリリングな思いをしたい、そうした願いを叶える車もあります。
時々星がたくさん見える山にドライブに出かけて、屋根を開けて運転席から満点の星空を眺めたい、それができる車もあります。

昔、幸せだったあの頃の思い出と共に生きたい、あるいは、あの頃憧れた車に乗りたい、そう思えば単なる中古車にとどまらず、「レストア」という方法で美しい新車の輝きを蘇らせた上で愛車とする事もできます。

もちろん、それらのほとんどはレンタカーやカーシェアでもできます。
むしろ、いろんな車をその時の気分に応じて乗りたいと思えば、それらの方が向いているでしょう。

ただし自分と共に時を刻み、いろいろな思い出を作り続けられる車、その思い出が一時で終わらない車、そして共に過ごすうちに1つ1つ、良いところを見つけられる。
それはレンタカーやカーシェアではなく、自分で所有している「愛車」ならではの事なのです。

自分と共にある事で少しずつ「小さな幸せ」をかなえてくれる存在。
そんな「愛車」を所有してみませんか?

 クルマの相談所



クルマに特化したQ&Aサービス「クルマの相談所」β版の提供を開始しました!

本サービスは、クルマに関するあらゆる悩みや質問を投稿、回答することが可能です。

故障やメンテナンスについてわからないことはクルマの相談所で質問しましょう! 質問と回答はこちら

 ーこれまでよりも高く売却できる方法ー

「90万円」高い売却に成功! K様



コメント:
愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。 330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。
改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています。

高く売却できる『おまかせ出品』

価格の交渉ができるかも!?

詳細&査定はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら
車を賢く売る方法