国内販売車だけではない!並行輸入で乗りたい海外仕様のレクサス中古車

日本での展開当初は車種の少なさで苦戦したトヨタの高級ブランド「レクサス」ですが、最近はいろいろなジャンルの車種から好みの高級車を選ぶ事ができるようになりました。
しかし、主に北米では日本未発売のレクサス車があるのです。

日本にしか無い、あるいは日本に無いレクサスがある

レクサスだけではありませんが、自動車というのはその国の国情に合わせ、需要のある車が販売されます。

その結果として、中型ハイブリッドFFセダン「HS」のように、現在では日本でしか販売されてない車種もあれば、その逆に日本では販売されない車種もあります。
その理由としては需要の問題もありますが、既にトヨタ車として販売されている場合には、身内とも言えるトヨタディーラーとの兼ね合いもあって、販売に乗り出せない事もあったのです。

その代表がSUVの「RX」と「LX」で、「RX」はハリアーとして、「LX」はランドクルーザーシグナスとしてトヨタで販売されていたので、トヨタディーラーの売上のためにも、すぐにレクサス車として取り扱う事はできませんでした。

今ではそれも解消されてレクサス車として日本デビューが叶った車もありますが、それでもまだ日本未販売な車があるほか、過去に北米などで販売されていたものの、結局日本では販売されなかったレクサス車もあるのです。
そうした車は、逆輸入専門店や、中古車店で見つける事もできますので、紹介してみましょう。

かつては「日本名ウィンダム」のキャッチコピーで売られていた「ES」

日本でレクサス店が展開されるより随分前に、CMで「レクサスES300…日本名ウィンダム!」と紹介されていたのが、「ES」です。

元々はトヨタ・カムリの高級版として日本でも「カムリ・プロミネント」として販売されていたのが初代ESで、2代目から4代目までのESが「トヨタ・ウィンダム」として日本でも販売されていました。

バブル時代に始まった3ナンバーセダンブームの際に三菱のディアマンテがヒットして以降、大型FFセダンが売れた時代に日本に投入されたウィンダムですが、2000年頃から4ドアセダンそのものが極度の販売不振に陥り、大型FFセダンも売れない時代になります。
ウィンダムのベースとなっていたレクサスESも2006年デビューの5代目にモデルチェンジしたタイミングで右ハンドル車を生産しなくなってしまい、ウィンダムの後継となる事も、レクサス車としてデビューする事もありませんでした。

この5代目は日本でもトヨタで販売している「カムリ」ベースの車でしたが、2012年にデビューした6代目のESはより大型のアバロン(現在は北米でのみ販売中)をベースにした大型FFセダンとなり、現在のレクサス車共通の「スピンドルグリル」を装着した事で、一目でレクサス車とわかるデザインです。
エンジンは3.5LのV6と、現行カムリと同じ2.5L直4+ハイブリッド、そして通常の2.5L直4の3種類で、2015年にはインドネシア向けに右ハンドル車が復活したので、もしかすると近々日本のレクサスでも「ES」がデビューするかもしれません。

プラドにV8エンジンを押し込んだ「GX」


 ーこれまでよりも高く売却できる方法ー

「90万円」高い売却に成功! K様



コメント:
愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。 330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。
改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています。

高く売却できる『おまかせ出品』

価格の交渉ができるかも!?

詳細&査定はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら

手洗い洗車のサブスクリプションサービス「RACCOON」!



月額5,980円(税抜)で手洗い洗車を利用し放題! コイン洗車やセルフ洗車に比べて高価なプロの手洗い洗車をより気軽に利用してもらうために、サブスクとしてサービスを開始しました。

全ての人に手洗い洗車を

申し込み・予約はこちら