FF・FR・4WDとは?中古車で選ぶならどれがいい?比較してみた

「駆動方式の違い」とは何か?

車の用語として「FF」「FR」「MR」「2WD」「4WD」という「駆動方式」に関わる用語がありますが、ほとんどの人は「4WDかそうでないか」程度の認識では無いでしょうか? まずはこれらの用語の意味を軽く説明します。

FF(エフエフ)

フロントエンジン・前輪駆動。 文字通り、前にエンジンがあって、そのままエンジンの左右にある前輪(フロントタイヤ)を駆動して走らせる方式です。 走りに関する機械を1カ所にまとめられるのでスペース効率に優れ、現在はコンパクトカー以下やミニバンのほとんどがこの方式。 前輪にハンドルで方向を決める「操舵」と、エンジンパワーをかける「駆動」の両方をさせるとタイヤの負担が大きいため、ある程度以上の大馬力車では使わない方が多いです。

FR(エフアール)

フロントエンジン・後輪駆動。 これも前にエンジンがありますが、そこからプロペラシャフト(駆動軸)を後ろに飛ばして、後輪(リアタイヤ)を駆動して走らせる方式です。 コンパクトカーを除くベンツやBMW、レクサス車など高級車や大型車やハイエースなど商用車1BOXカーのほとんどはこの方式ですが、最近はそういう車でもFFの車が出ており、アウディなど車格に関わらずFR車を基本的に作っていないメーカーもあります。 操縦性に優れているという理由で過去には数多く採用されていましたが、現在は技術の進化でコンピューター制御を使えばどうにでもコントロールができるため、そのような理由で採用しているのはスポーツカーくらいです。

MR(エムアール)

ミッドシップエンジン・後輪駆動。 ミッドシップとは前輪と後輪の間にエンジンを置く方式で、フロント側に積むフロントミッドシップ方式もありますが、MRと言えば大抵は乗る場所よる後ろに積むリアミッドシップ方式です。 重量物を中心に置くので重量バランスに優れますが、当然乗車スペースを圧迫するので、普通はスポーツカーや、乗車スペースの下にエンジンを積める一部のトラックなどでしか使いません。

RR(アールアール)

リアエンジン・後輪駆動。 FFと逆にリアにエンジンを積んで後輪を駆動する方式で、FF以前にはスペース効率に優れる方式でしたが、エンジンの冷却が大変なので、最近ではポルシェ911が伝統的に採用しているくらいでした。 しかし、三菱 i(アイ)や新型ルノー トゥインゴ、スマート フォーツーなど、再びコンパクトカーで使われ始めています。

2WD(ツーダブリューディー

上記の駆動方式全てで、タイヤ2つだけで駆動している方式の総称であり、2輪駆動とも。

4WD(ヨンダブリューディー


 ーこれまでよりも高く売却できる方法ー

「90万円」高い売却に成功! K様



コメント:
愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。 330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。
改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています。

高く売却できる『おまかせ出品』

価格の交渉ができるかも!?

詳細&査定はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら

手洗い洗車のサブスクリプションサービス「RACCOON」!



月額5,980円(税抜)で手洗い洗車を利用し放題! コイン洗車やセルフ洗車に比べて高価なプロの手洗い洗車をより気軽に利用してもらうために、サブスクとしてサービスを開始しました。

全ての人に手洗い洗車を

申し込み・予約はこちら