【ガソリンスタンド比較】セルフVSフルサービス。あなたはどっち派?

月に数回、多い人は毎日利用するガソリンスタンド。頻繁に利用する人も多いですから、それぞれのこだわりがあったりするのではないでしょうか。特にその中でも意見が別れるのが「セルフかフルサービスか問題」ですね。そもそも、ガソリンスタンド自体が減少を続けている世の中ですが、セルフサービスのスタンドの割合は増え続けています。ご覧の通り、セルフサービスの割合はフルサービスを追い越す勢いです。確かに、昔に比べるとセルフの割合が増えてきたというのは肌感でわかりますよね。筆者は圧倒的にセルフ派なのですが、どちらの方が良いということはなく、それぞれに利点があります。今回はこのセルフとフルサービスを比較して、あなたにぴったりのガソリンスタンドを見つけましょう。

セルフ・フルサービスそれぞれの流れ

セルフとフルサービスと言いますが、それぞれはどのような流れで給油するでしょう。まずはこの両者の流れの違いを知って特徴を掴みましょう。また、普段フルサービスを利用しているとセルフでの給油の仕方がわからない人もいるのではないでしょうか。そんな不安も解消してどちらも選べるようになってくといいと思います。

セルフサービスの流れ

車を給油機前に停車させる

スタッフの案内などはないので空いている所にゆっくりと停車させます。給油口の向きに注意が必要です

油種を選択する

愛車の油種を知っておく必要があります。ちなみに、軽自動車は軽油ではなくレギュラーです。最近セルフが増えてきて油種を間違える事故が増えてきましたね。

支払い方法・金額指定をする

ここで現金かクレジットカードか選択し、満タンか金額指定をします。リットルで選択できたりもしますね。あとは、紙幣を入れるかカードを挿入するだけです。この時に放電パネルを触って静電気を逃がしましょう。これをサボると爆発します。

給油する

給油口を開けます。リアタイヤか運転席の下にレバーがありますね。最近はボタンだったりもします。給油ノズルは奥まで挿入し、トリガーを引きます。ガソリンが指定量か満タンになるとセンサーが反応して自動的に止まるようになっています。たまにセンサーが反応してからノズルを少し引いて、ちょい足ししながら限界まで給油しようとする人もいますが、吹きこぼれの原因になるので控えたほうがいいです。愛車が汚れるだけでなく、引火して大事故に繋がってしまう可能性があります。

清算する

給油ノズルを戻すと清算になります。カードであればお釣りがないのでレシートを取るだけですが、現金ならばお釣りを取る必要があります。レシートのバーコードを読み込ませてお釣りを出したりするので少し面倒です。セルフならカード払いが圧倒的に楽です。

フルサービスの流れ

誘導に従って停車

何も迷うことはありません。ただ誘導に従って給油機の前に進みます。

油種と給油量、支払い方法を伝える

「レギュラー、満タンで」とキメ気味に言い放ちましょう。そうすると支払い方法を聞かれ、あとは勝手にやってくれます。

給油してもらう

ベテランガソリンスタンドマンなら車種を見ただけで給油口レバーの場所がわかりますが、できるだけ言われる前に給油口を開けましょう。静電気などの心配もありません。昔はスタッフが給油量を見て手動で調整していました。今は自動で止まるようになっているのでぴったりとスムーズに給油されるようになりました。

窓拭きや車内のクリーニング

給油中に窓拭き、車内清掃をしてくれます。ここがセルフとの大きな違いですね。灰皿の交換もしてくれますし、お願いすればタイヤの空気圧のチェックもしてくれます。また、フルサービスはスタッフが目視でオイル漏れなどの点検を軽くしてくれます。

会計

あとはお金を渡し、会計をしてもらいます。スタッフがレジに戻ったりするので多少時間がかかることもありますね。

メリットとデメリット

 クルマの相談所



クルマに特化したQ&Aサービス「クルマの相談所」β版の提供を開始しました!

本サービスは、クルマに関するあらゆる悩みや質問を投稿、回答することが可能です。

故障やメンテナンスについてわからないことはクルマの相談所で質問しましょう! 質問と回答はこちら

 ーこれまでよりも高く売却できる方法ー

「90万円」高い売却に成功! K様



コメント:
愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。 330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。
改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています。

高く売却できる『おまかせ出品』

価格の交渉ができるかも!?

詳細&査定はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら