荷台がクールなアメリカンフルサイズトラック、シボレー アバランチ

シボレー アバランチはシティタイプSUVのシボレー・サバーバンをベースにリアセクションをオープンベッド化した車種です。ベッドには着脱可能なカバーが備えられています。今回はシボレーアバランチの特徴、ポイントをまとめました。


「シボレー アバランチの特徴」

シボレー アバランチの特徴は大きく分けて三つあります。

一つ目の特徴は爆発的なパワー、トルクを秘めたエンジンです。

アメリカンフルサイズSUV、アメリカンフルサイズトラックなどは共通していえることですが、とにかくエンジンのパワー、トルクが凄いです。日本で見掛けるシボレー アバランチのエンジンは5.3LのV8エンジンがほとんどですが、本国では8.1LのV8エンジンを積んだモンスター級のグレードも存在します。この大排気量で大きなボディを押し進める感じはアメリカ車ならではの感覚です。

二つ目の特徴は、荷台があるというところです。

この荷台はファッションと捉えている人も多いですが、実はかなり使い勝手が良いです。大きい荷物を積めますし、ヘッドカバーを装着すれば雨で濡れることもないです。荷台は頑丈に出来ているので、汚れたらブラシでゴシゴシ擦っても問題ないです。ワイルドな車なので、どんどん荷物を積んでアウトドアに出かけましょう。

三つ目の特徴はなんといっても見た目の迫力です。

全長は5mを軽く超えていて、幅も2mオーバーです。ホイールベースも3302mmあるので、抜群の安定感があります。日本の車にはこのようなボディサイズの車はないので、街中では目を引く存在になります。ドライバーの視点もかなり高く、視界も良好なので慣れれば運転しやすい車です。

「シボレー アバランチの歴代モデル」

初代のシボレー アバランチは2001年~2006年まで製造されていました。

アメリカではフルサイズのトラックが人気で、フォード、GM、シボレー、トヨタなどはこのフルサイズのトラックの製造に力を入れていました。シボレー アバランチはどちらかというとシティ派のフルサイズトラックで、都会的なイメージを持ったモデルとしてデビューしました。日本ではそこまで親しまれてはいないですが、アメリカ車好きの間では人気の高い車種です。派手なカスタマイズが似合う車種なので、大口径のホイールを装着したり、ペイントを施したりしているシボレー アバランチも多いです。

2代目のシボレー アバランチは2006年~2012年まで製造されていました。

10年以上製造されて、人気を得ていたシボレー アバランチですが、時代は低燃費、サイズダウンが主流になり始めて、フルサイズのトラックの売れ行きが滞り始めました。今までアメリカではフルサイズのトラックが人気だったのですが、少しずつ人気にもかげりが見え始めたので、シボレー アバランチは2012年で製造終了となりました。

「中古車価格について」

シボレー アバランチは台数が多い車種ではないので、状態が良い車両は中古でもあまり値落ちしないです。このタイプの車は欲しい人は結構な高額でも購入してしまうので、なかなか安くはならないです。しかし、リセールバリューは期待できない車種なので、乗りつぶすつもりで購入するのが賢明だと思います。


 ーこれまでよりも高く売却できる方法ー

「90万円」高い売却に成功! K様



コメント:
愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。 330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。
改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています。

高く売却できる『おまかせ出品』

価格の交渉ができるかも!?

詳細&査定はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら

手洗い洗車のサブスクリプションサービス「RACCOON」!



月額5,980円(税抜)で手洗い洗車を利用し放題! コイン洗車やセルフ洗車に比べて高価なプロの手洗い洗車をより気軽に利用してもらうために、サブスクとしてサービスを開始しました。

全ての人に手洗い洗車を

申し込み・予約はこちら