史上最強のV12エンジンを搭載。新型BMW・M760i xDriveのお出ましです!

BMW最高峰モデルの詳細が、ついに明らかに!

BMW、7シリーズのトップグレード(V12・600PS)を公開

6世代目となる7シリーズの新型が昨年デビューして以来、我々はその最高峰となるモデルの登場を待ち望んできました。
そして、2モデル連続で登場となったのが、「M760i xDrive」とアルピナ「B7」です。

7シリーズでは初となるMパフォーマンスモデルとなる前者には、予想どおり専用チューンが施された6.6リットルのツインターボV型12エンジンが搭載されます。これは、ロールスロイス「レイス」と同じユニットとなります。

M760iのエンジンは5500rpmで600PSを発生し、800N・mという太いトルクをわずか1500rpmで引き出す性能を持っています。
車両重量は86kgほど減ったとされますが、それでも2トンは優に超えるもので、同エンジンはその巨体をわずか3.9秒で0km/hから100km/hまで引っ張ります。最高速度はリミッター制御で250km/hに抑えられています。

8速ステップトロニックATも、よりスポーティーかつクイックなギアチェンジ・シフトダウンを可能とするチューンアップを受けています。ステアリングにあるパドルシフトを操作すれば、普段は運転手に任せっきりのオーナーがハンドルを握ったとしても、大きな喜びを感じられるでしょう。

BMW独自の4駆であるxDriveシステムですが、このクルマではよりリア側を重視したトルク配分とされており、ファン・トゥ・ドライヴを加速します。

V12エンジン(オールアルミ製)について詳細を見てみると、ノイズや振動を最小限に抑える機構が採用されており、シリンダーヘッドの中央に設けられた高精密のインジェクターのお蔭で、動力性能が向上すると同時に、燃費性能も改善されています。このほかモノスクロールターボも、高密かつ圧縮された冷たい空気を12気筒すべてに送ることで、性能向上に寄与しています。また、カムシャフトのタイミングを連続で可変させるダブル・ヴァノスと呼ばれる機構や、最適なオイル量を最適なタイミングで循環させる新型オイルポンプも、特筆すべき項目です。

外観上で標準モデルの7シリーズと差別化を図るため、M760iには「Mエアロダイナミックパッケージ」が採用されています。フォグランプを撤廃したことで大きくなったエアインテークが、1つの目印となり、セリウムグレーに塗装されたモールも、随所でアクセントとなっています。

さらに、特別仕様のミラーキャップや「V12」のバッジ、M仕様のリアスポイラー、セリウムグレーの20インチ合金ホイールといったキットによって、ほかにはない7シリーズに仕上げられています。

このほか、Mスポーツ仕様のエキゾーストには、ドライバーが自由に排気音を変えられる(フラップ・アクティベーション)機能がついています。これによって、静かにクルージングを楽しむこともできれば、派手なエキゾーストノートを響かせることもできます。

内装の装備やテレマティクスについても、一番新しいシステムが採り入れられています。iDriveのバージョン5.0はタッチスクリーンや音声認識とジェスチャーコントロールを備えており、サラウンドビューシステムも最新版(3Dおよびパノラマビューを表示可能)になっています。

インテリアにも、「V12」のロゴがあちこちに見られ、ペダルにもステンレス製のMペダルがおごられるなど、特別感満載です。このように、至れり尽くせりの7シリーズトップグレードですが、3月のジュネーヴモーターショウで実車が公開されるのが楽しみです。

Meet The BMW M760i xDrive: The Most Powerful V12 BMW Ever