なぜパガーニはメルセデスAMGエンジンしか使わないのか?

おそらく永遠にメルセデスAMGエンジンしか使わないのでしょう。それはこのようなことが理由でした。


理由はこの男の存在があったから

あなたは今までなぜパガーニはメルセデスのAMGエンジンしか使わないのか不思議に思ったことはありませんか?

その理由が、Montery Car Weekのイベントの一つでもある Concorso Italianoにてパガーニ本人により語られています。

そこには伝説的なF1ドライバーであるファン・マヌエル・ファンジオの存在がありました。

ファンジオはパガーニという駆け出しの車のデザイナーがイタリアで仕事に就けるようランボルギーニに自ら推薦状を送るなどの働きかけをしたのです。

これが、1983年の出来事です。

その後、1992年にオラチオ・パガーニは自身の自動車会社を設立しました。

ファンジオはその設立当時もパガーニに開発のアドバイスをし続け、後にファンジオF1と名付けられる最初のスーパーカーの製造を実現させました。

ファンジオF1はメルセデス社のダイムラーV12から部品の供給をしてもらうように1994年に契約を結びます。

しかし、そんな折、1995年にファン・マニュエル・ファンジオは84才で他界してしまいます。

パガーニはその後製造した車をゾンダに改名し、4年後の1999年のGenova motor showでデビューを飾りました。

パガーニはダイムラー社とメルセデスAMGのエンジンをベースに使っている理由としてファンジオへの敬意を払うためだとAutoGuideに語っています。

1987年にアルゼンチンのF1ドライバーが当時の大統領の名前(名誉称号)が付けられた車をアルゼンチンメルセデスベンツのために運転しました。

もともとはファンジオがパガーニにダイムラー社のエンジンを使用するべきだと助言していました。

その小さな助言が現在ではスーパーカーを作り出す会社として世界的にも名を挙げることのきっかけになったのは明白です。

パガーニ氏は今までメルセデスAMGがどれほどパガーニの車を作り上げていく上で協力を惜しまず協力してくれたことなどを考え、自社製品のエンジンへの切り替えなどについては考えていません。

パガーニのAMGエンジンは今でもたった2人の熟練された職人がすべて手作業で作成されています。

パガーニのファンジオに対する敬意が今でもこだわりとなりメルセデスAMGエンジンを使い続ける結果となっているのです。

Pagani Will Only Use AMG Engines In Its Cars Because Of This Man
Pagani Will Only Use AMG Engines In Its Cars Because Of This Manwww.carbuzz.com

車の乗り換えを検討中の方必見!



楽に早くは当たり前。

Ancarのおまかせ出品ならどこよりも高く。

クルマをAncarのガレージに預けて、買取保証金(買取店と同水準以上)と高く売れた分の金額を受け取るだけの新たな出品方法です。

出品のための面倒な撮影や相手とのやり取りはAncarにおまかせできます。

「Ancar」があるからこそ価値が付く仕組み

私たちはAncarと言う、個人間の「売る」と「買う」のマッチングサービスを提供しております。 買い取りのみで利益を出す必要がないため、どこよりも高く売ることができます。

おまかせ出品を使えば「必ず高く売れる成功体験」ができます。

実際にご利用頂いたお客様の声

「60万円も高く売れた成功体験」K.T様



K.T様のコメント:憧れの車への乗り換えを検討し、車を査定。しかし査定額は170万円。 乗り換えを諦めていた時Ancarのおまかせ出品を知りました。

おまかせ出品を使った結果230万円で売却、最初の査定より60万円も高く売く売ることができました。今では憧れだった車に乗り換え最高のカーライフを送っています。 「高く売って乗り換える」。新しい車所有のカタチを体感できるサービスでした。

まず簡単査定!

お問い合わせいただいた内容を元に、スタッフが査定させて頂きます。ぜひお気軽にお問い合わせ下さい! 買い取り価格を知りたい方はこちら!

サービス詳細や、お問い合わせ後の詳しい流れについてはこちらをご参照下さい。

手洗い洗車のサブスクリプションサービス事前登録受付中!



通うことで愛車を常に綺麗に保つ

愛車への悩みを解決する手洗い洗車のサブスクが始まります!



事前登録、詳しい内容はこちら↓

洗車サブスクリプション