60年代の日本車 日野ルノー4CVから“貴婦人”コンテッサ、そしてヒノ・サムライまで 日野自動車

今はトラックなど産業用大型自動車メーカーである日野自動車。
パリ~ダカールラリーのカミオン部門に毎年「レンジャー」ベースのレーシングトラックを投入するほどモータースポーツに熱心なことでも知られています。
その日野自動車がかつて乗用車メーカーだった頃もまた、レースに熱心でした。


かつての和製ルノー「日野自動車」

その源流は「東京瓦斯電機工業」(通称「瓦斯電」「ガス電」)で、戦前から軍用・官用のトラックやバスなどを作っていた自動車部門が1942年に「日野重工」として独立したのが始まりです。
太平洋戦争後の1946年に「日野自動車」、1959年には「日野自動車工業」と改称し、そのさなかに1953年にはフランスのルノーと提携、「4CV」(キャトルシヴォ)の生産を開始します。「日野ルノー4CV」は戦後初期のタクシー業界で大活躍し、「神風タクシー」の代名詞ともなりました。
1961年には日野オリジナルの乗用車「コンテッサ」を発売し、1964年には二代目「コンテッサ」にモデルチェンジ、さらにレースにも盛んに出場し、レーシングマシン「ヒノ・サムライ」やレース専用のDOHCエンジンを開発するなど順調に発展するかと思われたものの、1966年にトヨタ自動車との業務提携により、競合回避のため翌年には乗用車生産から撤退しました。


 ーこれまでよりも高く売却できる方法ー

「90万円」高い売却に成功! K様



コメント:
愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。 330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。
改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています。

高く売却できる『おまかせ出品』

価格の交渉ができるかも!?

詳細&査定はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら

手洗い洗車のサブスクリプションサービス「RACCOON」!



2019年11月グランドオープン!

申し込み・予約はこちら