消滅した自動車メーカー・プリンスが愛したプリンス

消滅した自動車メーカーその8は、無くなったことが今でも惜しまれている、プリンス自動車工業でしょう。


スバルとは別の、もうひとつのヒコーキ屋上がり

日本の自動車メーカーで航空機メーカーをその前身にしていると言えば、中島飛行機を前身とするスバル(富士重工業)が代表で、他には現在日産傘下の部品メーカーとなっているコニー(愛知機械工業)が、愛知航空機を前身としていました。

そのほかにもうひとつ、これは厳密に言えば航空機メーカーが前身ではないのですが、その技術者たちが興した、という意味で後進と言えるメーカーがあります。

戦時中には九八式直協偵察機や高高度戦闘機キ-94IIを開発していた立川飛行機という航空機メーカーがありました。

会社そのものは戦後の紆余屈折を経て、現在も立飛ホールディングスとして存続していますが、戦後の混乱期、連合軍による工場接収で解雇された立川飛行機の技術者が設立したのが、東京電気自動車、後にたま自動車を経てプリンス自動車工業となる前身の会社です。

戦後の電気自動車全盛期

戦時中の日本では燃料不足から、ガソリンエンジンを改造して木炭を燃焼させたガスで走る木炭車がメインになっていましたが、戦後電力だけでも復活すると、電気自動車がそれにとって代わりかけた時期がありました。

燃料事情は相変わらず悪かったため、バッテリーを多数搭載してモーターで走る電気自動車は、木炭ガスを発生させるために長い時間がかかり、始動も大変な木炭エンジンに代わり、乗用車用動力として注目されたのです。

そこで、立川飛行機では戦前からの自動車メーカー、オオタに協力を依頼して湯浅電池(現在のユアサ)のバッテリーを搭載し、日立のモーターで駆動するトラックを試作。

立川飛行機が占領軍総司令部によって解体されると、東京電気自動車として独立し、「たま号」という最高速度35km/h、航続距離65kmのEV(電気自動車)を開発。

さらに大型化して実用性を高め、最高速度55km/h、航続距離200kmtと、今でも最高速度を除けば通用しそうなスペックを持つ「たま セニア」「たま ジュニア」を量産、会社も「たま電気自動車」に改名しました。

いわば戦後混乱期に現れた、EVメーカーのパイオニアだったわけです。

ガソリン自動車メーカーへの転換

順調だったように見えたEV事業ですが、朝鮮戦争に伴いバッテリー用の鉛が軍需物資として統制されてしまいました。

昔も今も、高性能バッテリーのための資源争奪という歴史は変わらないようです。


 ーこれまでよりも高く売却できる方法ー

「90万円」高い売却に成功! K様



コメント:
愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。 330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。
改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています。

高く売却できる『おまかせ出品』

価格の交渉ができるかも!?

詳細&査定はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら

手洗い洗車のサブスクリプションサービス「RACCOON」!



月額5,980円(税抜)で手洗い洗車を利用し放題! コイン洗車やセルフ洗車に比べて高価なプロの手洗い洗車をより気軽に利用してもらうために、サブスクとしてサービスを開始しました。

全ての人に手洗い洗車を

申し込み・予約はこちら