ブルーテック・ディーゼルからAMGモデルまで!メルセデス・ベンツの高級SUV

コンパクトなAクラス相当のGLAクラスから、最高級のSクラス相当GLSクラス、さらに最高級クロカン4WDのGクラスまで、豊富なラインナップを持つようになったメルセデス・ベンツですが、それは他社とは明確に異なり、全車種がメルセデス・ベンツのブランドを立派に背負って立てるだけの高級SUV揃いなのです!


メルセデス・ベンツのSUVはただいま改名中

長らく「ゲレンデヴァーゲン」ことGクラスしか無かったメルセデス・ベンツのSUVは1990年代以降に続々と都会派のクロスオーバーSUVが登場しました。

昔はAクラス、Bクラス、Cクラス、Eクラス、Sクラスくらいが基本で、後はラグジジュアリーオープンGTのSLや、クロカンのGクラス、それにバンのVクラスくらいまでがわかっていれば良かったものの、SUV以外でも急速に車種が拡充しています。

全般的にネーミングから車格をイメージしにくかった事から、ここ1~2年でメルセデス・ベンツ車のネーミングの整理が進んでおり、AクラスやCクラスなど基本形以外は「ジャンル+車格」で表すように変わりつつあります。もちろん、SUVも例外ではありません。

2013年デビュー(日本導入は2014年)の「GLA」はAクラス相当で、「GLC」は2015年に「GLK」から改名したCクラス相当のコンパクトSUVです。

Mクラスから2015年改名の「GLE」はEクラス相当のミドルクラスSUV、GLクラスから2015年改名で、日本でも間もなく改名されると思われる「GLS」はSクラス相当の最上級SUVといった具合です。
「GL」までがクロスオーバーSUVというジャンルを表し、その下に車格を表す一文字が付くというネーミングに変わっています。

Gクラスだけは不動ですが、もし将来的にコンパクトクロカン4WDを発売する事があれば、「GAクラス」などと呼ばれるかもしれません。

メルセデス・ベンツらしい高級な内外装が特色

車種によって多少の違いはありますが、基本的には全て「メルセデス・ベンツ」ブランドに相応しい高級な内外装を持っているのが特徴です。

本革やウッドを多用した内装に、クロームメッキを施した豪華さで、オーナーに「メルセデス・ベンツのSUVに乗っている」という満足感を与えます。軍用ベースの無骨なクロカンであるはずのGクラスですら、今や例外ではありません。

本来なら最高級クロスオーバーSUVのGL(GLS)がGクラスの後継ポジションとなってもおかしくないはずでしたが、Gクラスを高級化する事で、「無骨でありながら上質、かつタフな高級クロカン」として人気が出て、継続されています。


 ーこれまでよりも高く売却できる方法ー

「90万円」高い売却に成功! K様



コメント:
愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。 330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。
改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています。

高く売却できる『おまかせ出品』

価格の交渉ができるかも!?

詳細&査定はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら

手洗い洗車のサブスクリプションサービス「RACCOON」!



2019年11月グランドオープン!

申し込み・予約はこちら