所ジョージさんも大好き!ポンティアック トランザム

飛んだり喋ったりと大活躍のナイト2000

1980年代に「超音速攻撃ヘリ・エアーウルフ」や「冒険野郎マクガイバー」と共に放映され、幾度も再放送されているので30代後半以上の読者なら大抵は、それ以下の世代でも知っている人は多いでしょう。 アメリカのTVドラマ「ナイトライダー」に登場したスーパーマシン、ナイト2000! 漆黒のボディにフロントで赤くヒュンヒュンとナイトフラッシャーを揺れ動かせながら人工知能「K.I.T.T」(キット)が喋り、走る曲がる止まるが高性能なのは当たり前で、さまざまな秘密装備が満載。 ゼロ発進から0.2秒で100km/hに達すると言われると加速Gで失神しそうだとか、110km/hからわずか4.2mで静止されるとシートベルトが体が食い込んで内臓破裂するのではとか、空母艦載機パイロットのような心配はヤボというものです。 いきなりジャンプや片輪走行をしたり、まかり間違うと射出座席で外に放り出されることを考えると、あまり乗りたくない代物ではありますが。 そのナイト2000のベースになったのが、GMのポンティアック トランザム(3代目)です。 初代トランザムから、ちょっとどんな車だったか見てみましょう。

本当はファイヤーバード版GT-R?

このトランザム、実は正式名称をポンティアック ファイヤーバード・トランザムと言います。 てっきりトランザムという車が存在するのかと思いきや、シボレー カマロの兄弟車でスペシャルティカーのファイヤーバードのハイパフォーマンスモデル、日本で言うとスカイラインGT-Rみたいなものでしょうか。 1967年に登場した初代ファイヤーバードに1969年追加されたのが初めてのトランザムで、6.6リッターエンジンはノーマルでは最大370馬力。 ただしキャブレターにスロットル制限が施されており、それを解放すると500馬力にパワーアップするディーラーオプションがあったようです。 1960年代にそれだけの馬力を出してタイヤが大丈夫だったのかと心配になりますが、ドラッグレース用か何かだったのかもしれませんね。 アメ車は数字だけ見ているといろいろ心配にもなりますが、その豪快さがまたアメリカンマッスルカーの魅力です。

やはりオイルショックには勝てず

ファイヤーバードが翌1970年にはモデルチェンジして2代目となり、今度は最初からトランザムも設定されました。 エンジンは最初は初代同様だったものの、最盛期にはビッグブロックの7.5リッターエンジンを搭載して540馬力を発揮し、初代トランザムなど目では無い勢いでパワーアップしています。 しかし、1973年にオイルショックが始まってからは、世界中の車がそうだったようにトランザムも年々パワーダウンしてしまい、ターボチャージャーを装着したりして頑張ったものの、最終的には210馬力程度で落ち着いてしまいました。 いかにそれまで燃料を大食いしてパワーを出していたかがわかります。 しかし、パワーダウンするのとは反対に、1977年には角目四灯でクチバシか鼻筋が通ったように精悍な「イーグルマスク」にフロントマスクが変更され、ちょうどスーパーカーブームだった日本ではトランザムもスーパーカー扱いで紹介され、人気を呼びました。 映画「トランザム7000(原題:Smokey and the Bandit)」でもこのイーグルマスクは有名です。

「ナイト2000仕様でトランザムを売ってくれ」

1982年に登場した3代目ファイヤーバードはグッと低められたルーフに低いボンネットとリトラクブルライトを持つ流線形ボディで、まるで巨大なZ31フェアレディZという印象ですが、「ナイトライダー」でナイト2000のベースになったのはこのモデルです。 劇中でもトランザムをベースにしているとモデル車を明らかにしてしまったことから、「ナイト2000仕様のトランザムは売っていないのか」とディーラーに来る客が相次ぎ、ポンティアック側から劇中でトランザムの名を出さないよう要請されたというエピソードも残っています。 実車はナイト2000に改造するまでも無く今見てもなかなかカッコイイと思うのですが、一時期エンジン出力が最大165馬力まで落ちました。 これではアメリカンマッスルカーがシビックに負けちゃう…と馬力が落ち着いたら落ち着いたで心配になりますが5リッターV8エンジンですからトルクだけはあったのでしょう。

2002年で一旦終焉

しかしアメ車好きな方ならご存知のように、現在トランザムはGMのラインナップにありません。 1994年に登場した4代目ファイヤーバードはさらにエッジが聞いて先端の尖ったフロントノーズにリトラクブルライトと、近代的スポーツカーの姿をしており、もちろんトランザムも設定されていました。 しかし、車種整理の対象となったファイヤーバードは2002年で生産を終了し、同時にトランザムもその歴史を閉じてしまったのでした。

復活!カスタムトランザム

しかし、トランザム自体に根強いファンがいたようで、2012年にトランザム・ワールドワイド社がGMからライセンスを購入して、カマロベースでカスタム・トランザムを製作しています。 製作可能なモデルは複数あるようで、2016年には2代目後期のイーグルマスクも「トランザム・バンディット」として復刻しており、既成モデルのほかにもユーザーが望む形のトランザム製作を受け付けてもらえるようでした。 もしかして、希望すればナイト2000仕様も作ってもらえるかもしれませんから、クオリティが高く現代のパワーユニットを持った「ナイトライダー」になりたい方は、チェックしてみるといいかもしれません!

Ancar | Ancar(アンカー) – 中古車の個人間売買

 クルマの相談所



クルマに特化したQ&Aサービス「クルマの相談所」β版の提供を開始しました!

本サービスは、クルマに関するあらゆる悩みや質問を投稿、回答することが可能です。

故障やメンテナンスについてわからないことはクルマの相談所で質問しましょう! 質問と回答はこちら

 ーこれまでよりも高く売却できる方法ー

「90万円」高い売却に成功! K様



コメント:
愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。 330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。
改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています。

高く売却できる『おまかせ出品』

価格の交渉ができるかも!?

詳細&査定はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら