「グニャグニャの足回り」って何?

クルマのサスペンション(ショックアブソーバーやバネ)を指して「グニャグニャの足回り」や「硬い足回り」などという表現をよく目にします。サスペンション交換など本当の意義が浸透しない日本のクルマ文化の問題とは?

足回りの硬い、柔らかいはどういう意味?

あなたがクルマを運転している、あるいは乗っているとします。

クルマというものはタイヤが4つあって同じような形をしていてもいろいろな個性があるもので、ちょっと走るだけでもその個性を感じる事は簡単です。

道路のちょっとした継ぎ目でも拾って、車体に振動が伝わるクルマ。

それだけではなく、ミシミシ言い出すクルマ。

その振動による揺れがなかなか止まらないクルマ。

凪いだ水面の上を滑るがごとく、揺れも何も感じないクルマ。

また、ハンドルを切ってカーブを曲がれば、また違う個性も見えてきます。

ゆっくりとロール(傾いて)していくクルマ。

ハンドルを切った瞬間、敏感に反応して向きを変えようとするクルマ。

加速や減速に関わる個性は、エンジンやタイヤ、ブレーキなどが生み出しますが、それ以外の個性を生み出すとすれば足回りのサスペンション、それにボディ剛性でしょう。

その個性こそが、足回りにとっては「硬い」や「柔らかい」と表現されるものです。

「柔らかい足回り」はどんなもの?

悪く言えば「グニャグニャな足回り」、良い意味では「しなやかな足回り」などと表現されますが、多くの場合は「乗り心地の柔らかさを重視した足回り」だと思って間違いありません。

ここで「乗り心地の良さ」では無いのがひとつのポイントで、乗り心地が柔らかいからといって、必ずしも乗り心地が良いとは限らないのです。

乗っていて常にフワフワするような感覚も「柔らかい足回り」に含まれるので、場合によってはそれが「落ち着かない乗り心地」に結びつく事もありますし、逆にそのクルマに最適化された絶妙なセッティングがなされていれば、「上質な乗り心地」と評される事もあります。

よほどまっ平らな路面でも走らない限り、クルマというのは絶えず大小の路面の凸凹を乗り越えて走っているわけですが、そのショックをなるべく伝えないよう、足回りのショックアブソーバーとバネでいなしているのが柔らかい足回りです。

言わば絶えず路面からの入力に対して動き続け、ボディは常にフラットで動かないようにしているわけですが、時には衝撃を吸収しきれず、ボディを突き上げる事もあります。

その時に柔らかい足回りを挟んでいる分、尖ったような衝撃ではなく、フワフワした動きとして伝わるだけです。

足回りが動く事を前提にしているので、カーブでハンドルを切ると、切って横Gが生じた分だけ車体がロール(傾き)します。


 ーこれまでよりも高く売却できる方法ー

「90万円」高い売却に成功! K様



コメント:
愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。 330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。
改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています。

高く売却できる『おまかせ出品』

価格の交渉ができるかも!?

詳細&査定はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら

手洗い洗車のサブスクリプションサービス「RACCOON」!



月額5,980円(税抜)で手洗い洗車を利用し放題! コイン洗車やセルフ洗車に比べて高価なプロの手洗い洗車をより気軽に利用してもらうために、サブスクとしてサービスを開始しました。

全ての人に手洗い洗車を

申し込み・予約はこちら