BMW Z3クーペは本格的なスポーツカー

BMW Z3クーペとは

引用元:http://www.gooworld.jp/php/sales_records/detail.php?baitai=goow&area_cd=16&goo_car_id=700973075930170306005

BMW Z3クーペは本格的な走りを楽しむことができる遊び心満載のスポーツカーです。斬新なコンセプトを受け継ぐZシリーズの2代目に設定されました。初代Z1のデザインと比べるとかなりオーソドックスなデザインが継承されていますが、セダンタイプを思い浮かべるBMWの中では異質の存在です。日本にもゆかりが深く日本支社の15周年特別仕様車も発売されたモデルとなります。

グレードは、前期モデルで2.8Lエンジンを搭載するベースモデルの2.8iと3.2Lエンジンを搭載するMクーペ。後期モデルでベースモデルの2.8iが3.0Lエンジンを搭載する3.0iへと変わっています。特に人気なのはMクーペでエンジンも内装も細部にまでこだわりを感じることができます。2002年に製造終了されてからも長い間人気が続いています。

引用元:https://minkara.carview.co.jp/userid/610812/car/527824/979652/note.aspx

大人のイメージが強いBMWの中でスポーツ感の強いデザインで、若い人の人気を集めていました。ロードスターと比べるとかなりの上位機種になりますが2シータの割には大きな荷台があるため普段使いでも比較的使い勝手が良い車種です。多くのカスタムパーツも発売されていてドレスアップを楽しむこともできます。ドライバーの個性が際立つため、現在流通している中古のZ3クーペもさまざまなタイプが存在します。

開発された歴史と経緯

引用元:http://openers.jp/gallery/322597/10

Z3は、アメリカ合衆国のサウスカロライナ州に建造された工場で初めて作られたBMWでした。初代はオープンタイプのロードスターで、その後ルーフやテールゲートを変えたクーペタイプを追加することとなりました。未来を感じさせる外観の斬新的なデザインの担当者には日本人も含まれていました。BMWの中でもかなりのショートボディで1996年の発売当初は大きな衝撃となりました。名前に使われているZはドイツ語の未来であるZukunftの頭文字から取られていて、このシリーズの初代であるZ1から引き続き使われました。名前の通り時代に先端を行くデザインをしていました。

冒険心のある本気のBMW

引用元:https://www.phkosugi.com/works/2007/10/865.html

Z3を見た時に浮かぶのはアンバランスと言う感想です。ボディー部分とノーズ部分がほぼ同じ長さであるために、ボディが小さく感じてしまいます。前後の重量配分は50対50であり、直進安定性はかなり高いものとなっています。ホイールベースをできる限り長くとっていることからも、高速走行を想定していることがわかります。見た目のアンバランスとは別に走るために追及されたデザインはイメージと比較にならないぐらいスポーティなものとなっています。
また、内装にはほとんど収納スペースがなく、走ることだけに専念することができるこだわりを感じます。

走るための本気のエンジン

引用元:http://www.carsensor.net/contents/testdrive/category_1687/_9613.html

Mクーペに搭載される最高出力321psを発揮する直6DOHCエンジンは、M3用に特別に開発されたものです。小さなボディは軽く、このような高出力なエンジンでは不釣り合いな印象があります。公道を走ると言うよりもレース場で活躍するためのものとして開発されたのではないかと感じさせるスペックです。しっかりとした重量配分がそんなオーバースペックなエンジンでも不安定になることなく走行を楽しむことができます。ここまで追及されているとこれぞスポーツカーと言えます。

まとめ

引用元:https://usedcarnews.jp/archives/38478

BMW Z3クーペは、デザイン、エンジン共に未来を感じさせるモデルです。ドライバーの遊び心を捉えて離しません。しかし、製造終了から15年以上も経過していることから年々入手が困難になっています。BMWを好きな人なら一度は乗って見たい車種の一つだと言って過言ではないでしょう、それだけBMWシリーズの中ではかけ離れた存在です。フロントグリルだけ見ると大型車のイメージがありますが、小さな見た目のデッキが愛嬌を感じさせます。どうしても乗りたい人は早めの検討が必要です。


〜今までよりもクルマを高く売却できる新しい方法〜 


「90万円」高く売却に成功! K様



K様のコメント:
 
「愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。」

「改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています!」

高く売却できる『おまかせ出品』

『おまかせ出品』で、びっくりするくらいクルマが高く売れるかも!?

『おまかせ出品』の詳細はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら
CTA画像
クルマがお店より高く売れる個人間売買のマーケット『Ancar』

無料でカンタン査定!まずは試しに査定してみよう!

『Ancar』で、びっくりするくらいクルマが安く購入できるかも!?

出品中のクルマ一覧はこちら

【TGR TRADE】 レースに使う競技車両の売買も!



トヨタ(トヨタ・ガズー・レーシング)と提携し、競技用(レース)車両の個人間売買サービスプラットフォーム「TGR TRADE」を開始しました!

「自分が大切に乗ってきた車両を手放したいが、どこで売ればいいのか分からない」「レースやラリーに興味があるので、中古車で手軽に参加してみたいが、どこで買えるのか分からない」という、個人の売りたいお客様、買いたいお客様それぞれのニーズや困りごとがあります。

『TGR TRADE』はそのような双方の思いを結びつけるためのプラットフォームとなり、中古車の競技用車両が流通する市場を作ることで、モータースポーツへの参加のハードルを下げ、クルマファンの裾野拡大につなげることにお役に立ちたい、という思いから開始するサービスです。

売りたいお客様はスマホで簡単に出品ができ、かつ価値を理解してくれる人に直接引き継ぐことが出来る、買いたいお客様はレース経験者と直接のコミュニケーションをサイト内で取ることができるなど、個人間売買である特性を生かしつつ、お客様のニーズに寄り添ったサービスを展開していきます。
『TGR TRADE』の詳細はこちら

 【ショールーム撮影会】



愛車をショールームで撮影してもらえる『ショールーム撮影会』を開始しました!

愛車の撮影をしてくれて、売りたい時に、そのままサービスが利用できる画期的でスマートなサービス「ショールーム撮影会」!!

是非、興味がある人は利用してみては??

※毎週日曜日、完全予約制にて、下記のショールームにて開催されています。
〒151-0071
東京都渋谷区本町1-17-12リッツ初台ビル 1F
営業時間 10:00-19:00 (定休日:火曜・水曜)
TEL 03-6300-9141
Email apl@ancar.jp
HP https://lounge.ancar.jp

 【クルマの相談所】



クルマに特化したQ&Aサービス「クルマの相談所」β版の提供を開始しました!

本サービスは、クルマに関するあらゆる悩みや質問を投稿、回答することが可能です。

故障やメンテナンスについてわからないことはクルマの相談所で質問しましょう! 質問と回答はこちら