【準中型免許】制度改正であなたも準中型に!?

交通に関する法律というのは毎年毎年変わっています。自動車運転免許に関しても制度改正を繰り返してきました。先日、筆者が免許更新に行った時には改正内容が多すぎてびっくりしてしまいました。その中でも特に講習会場を沸かせたのが準中型免許です。トラックは運転しないので関係のない話かと思っていましたが、どうやら普通免許を所持している人にも関係があるようです。今回はそんな制度改正について詳しく説明していきましょう。

準中型免許ってなに?

さて、準中型という言葉を初めて聞いた方もいるのではないでしょうか。意味としては言葉の通り、普通免許と中型免許の間の区分です。中型免許といえばトラックが運転できるというものですよね。その間というのは一体どのような免許なのでしょう。また、今回免許を更新して準中型免許と書かれている方はいままでと何か変わるのでしょうか。

実は2017年に新しい区分ができていました

http://www.nokkeushi.co.jp/jyuntyuugata.html

2017年3月から新しく準中型免許が設立されました。この免許では、車両総重量7500kg未満、最大積載量4500kg未満、乗車定員10人以下の車が運転できます。また、普通免許で運転できる車が、車両総重量3500kg未満、最大積載量2000kg未満、乗車定員10人以下に変更となり、以前より範囲が狭くなりました。これまでは普通免許でも5tもあるトラックを運転できたので、トラック事故が多発していました。新たに準中型を設けることにより、事故を減らすというのが目的です。また、準中型は中型とは違い18歳以上から運転できるので、最近の運送業者の人手不足対策として設立されたという経緯もあります。18歳でもコンビニのトラックや引っ越しトラックを運転できるというのはすごいですよね。高校生アルバイトがトラックを運転する時代になるかもしれません。

免許証をよく見るとあなたも準中型になっているかも

どうですか?準中型になっていましたか?ちょっとびっくりしますよね。でも安心してください。2007年から2017年に普通免許を取得した人が免許を更新すると準中型免許と書かれます。さらに、「準中型で運転できる準中型車は準中型車(5t)に限る」と書かれているのではないでしょうか。気づきましたか?先ほどの図を確認すると、制度改正以前の普通免許で運転できるのは5tまでですので、以前と何も変わらないのです。ただ、2017年以降に普通免許を取得した人は3.5tまでしか運転できないので、その人達と区別するための準中型と但し書きということです。ちなみにですが、2007年までに普通免許を取得した人は8tまで運転できます。免許制度ってどんどん変わっていきますね。

区分によって運転できる具体的な車種の違い

次々と制度改正によって変わっていく免許区分ですが、現在の免許制度ではどの免許でどの車が運転できるのでしょうか。区分が変わりすぎてもう何が何だかという感じですよね。車両重量や積載量から、具体的な車種で各区分を比較していきたいと思います。

普通免許はアメ車のハマーなどは運転できないかも

2017年以降の普通免許は車両総重量3500kg未満までしか運転できません。と言っても、普通免許ですので日本の自家用車はほとんど運転できます。ミニバンやSUVも余裕で運転できます。しかし、バンには注意が必要で、14人乗りのハイエースなどは運転できません。さらに外車であれば大きなフルサイズSUVやピックアップトラックなどは運転できないものがあります。あの大きな車体が特徴のハマーはシリーズによって運転できません。H1は車両重量だけで3.5tを超えてしまっています。フォードFシリーズなども難しいでしょう。

準中型5t限定免許は2tトラックや2tバンが運転可能

https://toyota.jp/dynaroutevan/

 クルマの相談所



クルマに特化したQ&Aサービス「クルマの相談所」β版の提供を開始しました!

本サービスは、クルマに関するあらゆる悩みや質問を投稿、回答することが可能です。

故障やメンテナンスについてわからないことはクルマの相談所で質問しましょう! 質問と回答はこちら

 ーこれまでよりも高く売却できる方法ー

「90万円」高い売却に成功! K様



コメント:
愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。 330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。
改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています。

高く売却できる『おまかせ出品』

価格の交渉ができるかも!?

詳細&査定はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら